NOW ON AIR
REDs My Life (6:50-7:00)
NOW PLAYING00:00
2022年10月

第309回 番組審議会

FM NACK5の第309回番組審議会が、10月12日にさいたま市浦和区内で行われ、片岡直子委員長(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル代表取締役社長)、PANTA委員(ミュージシャン)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、安福順二委員(フリージャーナリスト)、石井義行委員(団体職員)、堀口忠芳委員(埼玉県県民生活部青少年課・企画・非行防止担当・主幹)が参加して行われました。FM NACK5から、片岡尚代表取締役社長、森口達治編成部長、山村太郎制作部長、吉原浩取締役、廣瀬紀子編成部担当部長5名が参加しました。今回は、2022年9月17日(土曜日)、5時から8時に放送しました「Raise on Saturday~じっとしてられない朝~」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。

今回の「Raise on Saturday~じっとしてられない朝~」は、遊びが仕事!斉藤リョーツが“アウトドア”レジャーをテーマに週末の朝をテンション高く盛り上げる、アクティブプログラム!毎週、海へ雪山へと出かけている斉藤リョーツのアクティブライフや、週末のお出かけレジャースポット情報なども紹介します。これを聴けば、週末「じっとしてられなくなる」番組となっております。

委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎番組を聴いていて会話の内容が入って来なく感じました。話の中心となる事をもっと話して貰えたらいいのですが直ぐに話がずれてしまう為、内容が入って来ない気がするのと、会話のテンションが上がった時、自分としては聴き取りにくく感じました。後半で話していた奥さんの話題は面白くて良かったです。

◎番組の企画にある“休日にする事”や“お出かけ情報”など、全体的にコンセプトの「じっとしてられない」に合っていると思います。パーソナリティーも程よいテンションで安心して聴く事が出来ました。ただ、冒頭で紹介をしていた“ワールドマイナーニュース”は、いくつかある候補の中から今回扱った内容は、朝の話題として合わない感じでしたので誰でも笑える様な話題の方が良いと思います。

◎ びーさんぼーいずの時と違って少し落ち着いた感じで淡々と進んでいる為、良くも悪くも普通な話で内容があまり入って来ませんでした。コーナーの「さすらいリョーツ」も聴いているだけでは解りにくく、斉藤リョーツさんのYouTubeを見て理解でき、3時間の長い番組なのでYouTube等を活用して、途中から聴いた人にも今やっている事が解るようにするのも必要だと思います。ワールドマイナーニュースも扱った内容が、いまいちだったので土曜日の朝に合う内容を選ぶ工夫も必要だと思います。

◎ パーソナリティーの斉藤リョーツさんはテンポが良く明るいので、土曜日の朝に元気が出て良いと思います。メッセージテーマが番組の柱となって展開していると思いますが、単調に感じ少し物足りない気がしました。アウトドアだけでは無く、何でも面白がる遊びを取り入れてもいいのではないかと思います。上がって行こうと言う割には上がっていない感じがするので、もっと週末に“じっとしてられない”と思わせる工夫をして色々と遊んでもいいと思います。

◎早朝の5時から8時の時間を一人でやられるのは大変だろうなと感じました。番組は週末、外に出かけようというコンセプトですが、実際聴いて出かけようというまでにはならない感じでした。斉藤さん自身ウインドサーフィンをされていた事もあるので、例えば台風などの時、海の状態が危険であると伝えたり、逆にレジャーの楽しさの情報を解る範囲で入れ込めたらリスナーも外へ出たくなるのではないかと思います。斉藤リョーツさんは掛け合いも上手なので、コーナーなどはもう一人入れればメリハリもついてより楽しい番組になるのではないかと思います。

◎体験スクールやマリンスポーツなど番組でふれていますが、ただこれを聴いて出かけようと思わせる所が少し足りなく感じました。斉藤さんは長時間テンションも保てるし、SNSなどの扱い方もテンポはいいので、例えばコーナーで紹介をしていた川越の映画の話も映画の話だけではなく、それ以外でも川越に行きたくなる様な情報を入れれば、NACK5を聴いて川越に出かけようとなると思います。もう一歩リョーツさんが出来る事を盛り込めたら、番組ももっと良くなると思います。

◎パーソナリティー斉藤リョーツさんの話し方は安定していますが、言葉が良く聴き取れるからこそ内容の薄さが目立ちました。ワールドマイナーニュースも普段聴いていると面白いのでもっと聴きたいと思いましたが、今回扱った内容は土曜日の朝としては辛く感じ、リスナーもどうコメントしたらいいのか迷ってしまうのではないかと思いました。せっかくであれば、リョーツさんの年代だから出来る事もたくさんあると思うので、もっとリョーツさんの「素」で行ってもいいのではないかと思います。

関連リンクlink