NOW ON AIR
斉藤朱夏 しゅかラジ! (24:30-25:00)
NOW PLAYING00:00
2022年1月

第301回 番組審議会 報告

FM NACK5の第301回番組審議会は、新型コロナウイルス感染症感染防止の為、メール審査にて1月12日に行いました。片岡直子委員長(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル代表取締役社長)、PANTA委員(ミュージシャン)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、青山正則委員(埼玉県県民生活部青少年課・企画・非行防止担当・主幹)、安福順二委員(フリージャーナリスト)石井義行委員(団体職員)が参加して行われました。FM NACK5から、片岡尚代表取締役社長、森口達治編成部長、山村太郎制作部長、廣瀬紀子編成部担当部長の4名が参加しました。今回は、2021年12月23日(木曜日)の20時から23時まで放送しました「FAV FOUR」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。


「FAV FOUR」は、オトナの「好き」を集めてオトナの「楽しさ」を満喫する3時間。大人層をメインターゲットにポジティブ・笑顔を世の中に提供するのをテーマとして、大人が共有出来る話題で毎夜盛り上がるプログラム。オトナが元気になると日本が元気になる!を目指す番組となっております。


委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。


◎ 企画書にもある様に、今回の議題「FAV FOUR」は、オトナが語りかけてくれるので落ち着いて聴く事が出来ましたが、自分より若い世代の反応はどうなのかが気になりました。番組としては40~50歳代の方が聴きやすいような印象がありました。内容もM-1の話題もありパーソナリティー“はなわさん”の弟が審査員だった事や、ご自身の楽屋が隣だったと言う臨場感のある話は大変貴重だと思いました。全体的にパーソナリティーの方々の安定感が全面に感じられる番組だと思います。


◎パーソナリティーはなわさんの熱量あふれる“M-1”の話に引き込まれました。「錦鯉」や評判の「浅草キッド」の話題や、ナイツの塙さんが実の弟だと初めて知りびっくりしました。番組タイトルも“ファブフォー”と言えば、ビートルズ四人の愛称として世界で親しまれている名前なのでとにかく驚きました。コーナーでも“8 DAYS A WEEK”もあり、それなりにビートルズを知っている制作陣のオマージュが感じられ企画通り“楽しいラジオ”を作っていくという心意気を強く感じました。


◎ さすがパーソナリティーがはなわさんだけあって、M-1の楽屋裏話や他の芸人さんの反応など聴いていて得をする感じが良かったです。ご自身のYouTubeのネタと被るのではという危惧感はありますが、旬な話題を素直に語って貰える事は芸人がラジオパーソナリティーである大きな意味だと思いました。また気になったのは、はなわさんが前のめりな時と静かに受ける時とのギャップがある事です。ご本人の気質でもあるので逆に魅力かも知れませんが、時として「興味や関心が無い」様に聴こえる事があり、相方が高音で元気な「結さん」で無かったら成立しにくいと感じる事が今回だけでは無くありました。この時間帯はNACK5の顔ともいえる所なので安定した演出は勿論ですが、社会現象を引き起こす様な挑戦も欲しいと思います。


◎ オープニングのM-1の話題から始まり舞台裏の話を含めて、はなわさんにしか出来ない話が満載で大変面白く“錦鯉”の漫才協会加入の経緯や、優勝時の“ナイツ塙さん”の涙までの流れなど背景が非常に良く理解出来ました。また少し気になったのが「教えて埼玉」など通常コーナーに入った時、冒頭の話に比べてはなわさんのテンションが低く感じてしまいました。はなわさんのツボに入る話題は話も拡がり格段に面白いと思うのでコーナーの作り方は再考の余地がある様に思います。


◎ 今回の番組は、パーソナリティーはなわさんならではの裏話披露などもあり、お笑いが好きなリスナーには興味深かったのではと思います。コーナーの「教えて埼玉」では、リスナーからの情報が多く寄せられていて興味を持ちましたが、新座市の基本情報や歴史的資産を紹介する中で具体的な歴史的資産が一つも無かった事が残念でした。全体的に今回のパーソナリティーお二人の会話を聴いていて、比較的身内や身辺についての話題が多く、話の広がりが少ない感じがしました。様々な大人が楽しめるよう番組の“味付け”を工夫して欲しいと思います。


◎オープニングのM-1話で楽屋裏の話はとても臨場感があり引き込まれました。「教えて埼玉」のコーナーでは、リスナーみなさんから“はなわさん”が教えて貰う事に加えて、他のリスナーも自分の知らない内容を知る事が出来るのはとてもいいアイデアだと感じました。「自虐川柳」コーナーもリスナー参加型でとても好印象で、メッセージもとても微笑ましい家庭がイメージ出来て、「大人」層がメインターゲットという事ですが、若い人も一定割合いるのかなと思いました。他の曜日のパーソナリティーや「8 DAYS A WEEK」「FAV“S SDG”S」コーナーも興味深くとても素晴らしい番組だと思います。


◎はなわさんのM-1話はテンション高く、当日隣のスタジオで仕事をしていただけあり、舞台裏のピリピリした緊張感や熱量など知り得ない様子を熱く語っていてとても面白かったです。コーナーの「教えて埼玉」は県内の市町村にスポットを当てて、情報をリスナーへ伝えられる良いコーナーだと思います。今回の新座市の情報もその市町村に住んでいなければなかなか知らないので、市の基本情報やリスナーからの情報提供により各市町村の情報を発信していく事はとても大事な事だと感じました。ただ、他のコーナーのテンションが低く感じられ、内容もあまり記憶に残らず薄かった様に感じましたが、番組自体が「大人の雑談バラエティー」なので全体的にはゆるい感じで良かったと思います。