NOW ON AIR
放送休止 (25:00-29:00)
NOW PLAYING00:00
  • 総合
  • 芸能
  • 音楽/映画
  • トレンド
  • 子猫がルンバを乗りこなす動画に再生450万超え 「一挙手一投足全てかわいい」

     近寄ってくるルンバに乗り込み、颯爽と家を移動する白黒のマンチカンの男の子“豆大福”。絶妙のタイミングで乗車し、かわいらしく乗りこなす動画をTwitterにアップ。「ルンバが迎えに言ったとしか思えない笑」、「とりあえず乗ったろの精神www」「ルンバライダーやん」と多くのコメントがつき、たちまち再生数は450万超えの大きな反響に。豆大福を含め、ひまわり、秀吉、オデコ、ひのきと5匹の猫と暮らす飼い主の@nekohinokiさんに、猫たちの生活と素顔を聞いた。
  • 小椋久美子、バドミントン部員にエール「かなわないことはない」

     元バドミントン選手の小椋久美子が10日、オンライン上で行われた『明日へのエールプロジェクト』に出演。新型コロナウイルスの影響で、今夏の全国高校総合体育大会(以下、インターハイ)が史上初めて中止になったことを受け、現役の高校生からの悩みや質問に答えてエールを送った。
  • 東京ディズニーリゾート、2021年3月下旬までのイベント・プログラムの中止を発表

     オリエンタルランドは10日までに、2021年3月25日までに予定されていた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのスペシャルイベント・プログラムの中止を発表した。
  • 『リーブ21』国内初の「頭皮冷却装置」を製品化 抗がん剤患者の早期社会復帰を支援

     毛髪クリニック『リーブ21』が、固形がん患者における薬物療法誘発性脱毛の抑制を目的とした医療機器「頭皮冷却装置 セルガード」を、医療機関向けに製造・販売を開始することを10日、発表した。
  • 朝倉海、扇久保博正とバンタム級タイトルマッチ「俺がRIZINを引っ張っていく」

     総合格闘技イベント『RIZIN.22-STARTING OVER-』(8月9日、ぴあアリーナMM)&『RIZIN.23-CALLING OVER-』(8月10日、ぴあアリーナMM)の対戦カード8試合が9日、発表された。朝倉海選手は『RIZIN.23』での第3代RIZINバンタム級王者決定戦で、扇久保博正選手と対戦する。
  • 『RIZIN』榊原信行CEO、メイウェザー参戦を否定せず「不可能はない」

     総合格闘技イベント『RIZIN.22-STARTING OVER-』(8月9日、ぴあアリーナMM)&『RIZIN.23-CALLING OVER-』(8月10日、ぴあアリーナMM)の対戦カード8試合が9日、発表された。榊原信行CEOは、ボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏の参戦についても言及した。
  • コロナビール、観光・旅行業界を支援 『Rediscover Paradise』プロジェクト発表

     大自然への旅行を推奨してきたグローバルビールブランド『コロナ エキストラ』は9日、世界各国でCOVID-19の影響を受けた観光・旅行業界のサポートを行うプロジェクト『Rediscover Paradise』(リディスカバー パラダイス)を行うことを発表した。
  • SNSでバズる“お菓子の缶”が人気、老舗缶会社の挑戦「街の洋菓子屋の活性化にも…」

     東大阪にあるお菓子缶メーカー・大阪製缶株式会社。ここで2014年にスタートした既製缶販売部門「お菓子のミカタ」は、街の洋菓子店さんに小ロット(50個~)で様々なデザイン缶を提供して人気となっている。昨今の「インスタ映え」や「バズる」など、SNSでのPRには欠かせないパッケージデザインの可愛さや美しさで、多方面からお菓子屋さんをバックアップ。美味しいお菓子をより魅力的にみせる為に日々奮闘している3代目社長・清水雄一郎氏に、事業やお菓子箱の魅力についてお話を聞いた。
  • JR東日本、全方面の新幹線が“半額”になるキャンペーン実施 8・20から3・31まで

     JR東日本は7日、新幹線利用者向けのキャンペーン「お先にトクだ値スペシャル(50%割引)」を発表した。
  • 『RIZIN』8・9&8・10に2日連続開催で再始動 キャパ1万人の会場を半分の規模で

     総合格闘技イベント『RIZIN』の榊原信行代表が7日、YouTubeで緊急会見を行い、8月9日と10日に横浜・みなとみらい地区に新設されたぴあアリーナMMで『RIZIN.22』&『RIZIN.23』を2日連続で開催することを発表した。同所はこのイベントがこけら落としとなる。
  • プロゴルフ・脇元華選手、GMOインターネットグループと所属契約「目標は賞金女王」

     プロゴルファー・脇元華選手(22)が、GMOインターネットグループと所属契約を締結したことが7日、都内で行われた会見で発表された。
  • ”リモートギフト”が新たなお中元のスタイルに、夏ギフトのトレンドは「簡便」と「即食」

     新型コロナウイルスの影響で、帰省を控える人が増えると考えられる今年の夏。オンライン帰省で一緒にギフトを選び、楽しむ「リモートギフト」が、新たなスタイルとして定着しつつある。世代・トレンド評論家の牛窪恵さんが「幅広い世代の心と絆を繋ぐ、のびしろが大きい分野」と高く評価するリモートギフトの魅力はどこにあるのか。ウィズ・コロナで需要が高まる、今夏のギフトのトレンドを、牛窪さんが教えてくれた。
  • コロナ禍、住宅業界に訪れる苦境と好機 変容する消費意識へのアプローチ手法が今後のカギか

     新型コロナウイルスの感染拡大が経済秩序を大きく揺るがすなか、住宅市場もまた打撃を受けている。住宅市場調査を行うTSON(ティーソン)によると、全国的に緊急事態宣言が発令された4月の住宅着工総数は、三大都市のうち東京、大阪で前年同月比・前月比ともに減少。人口減少や少子高齢化などにより、新規住宅着工数が減少傾向にあるなかで、今回のコロナショックにより、先行きに不透明感が増している。だが、その一方で、リモートワークなど“新たな生活様式”の実践により、自宅で趣味を楽しんだり、家族と一緒に過ごす時間が長くなったりしたことから、住環境に対して以前とは異なる価値観を持つ人も出てきているようだ。35年以上にわたり北欧由来の住宅を提供する輸入住宅メーカー・スウェーデンハウスの代表取締役社長・村井秀壽氏は言う。
  • 『働きがいのある会社』若手ランキング発表 “温かい雰囲気の会社”が上位に

     「働きがいのある会社」に関する調査・分析を行う働きがいのある会社研究所は6月に、今年2月以降に人生で初めて2週間以上のテレワークを経験した20歳から59歳の男女正社員624人(男女各312人、経営者・役員を除く)を対象に、「コロナを経験した社会で会社に期待すること」に関する調査を実施。7日に、2020年版『日本における「働きがいのある会社」若手ランキング』を発表した。
  • くら寿司、マグロAI判定アプリ「TUNA SCOPE」導入

     くら寿司は7日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、大手回転寿司チェーンとしては初となる、マグロの品質をAIが判定するアプリ「TUNA SCOPE」を導入することを発表した。
  • ファミマ限定『チョコボールアイス ピーナッツ』が復活

     コンビニ大手のファミリーマートにて、新作アイス『チョコボールアイス ピーナッツ』が7日より発売される。
  • 拡大中のドラッグストア市場、スーパー等の“ライバル店”に打ち勝つポイントは「安さ」に

     今回のコロナ禍において、需要が拡大するドラッグストア業界。もとより、近年、市場は右肩上がりで推移しており、日本チェーンドラッグストア協会の「日本のドラッグストア実態調査」によると、2019年度の全国推定総売上は7兆6859億円(前年度比5.7%増)。2000年の調査開始以来、一貫して成長基調にあり、コロナ禍によって苦戦を強いられる業界が数あるなか、同市場はさらなる飛躍が見込まれている状況だ。近年の好調の理由には、訪日外国人の増加に伴うインバウンド消費などいくつかあるが、なかでも、食品等の医薬関連以外の商品の充実化によって、消費者の利用スタイルが多様化している点が大きいのではないだろうか? 顧客満足度調査を行うoricon MEが発表したデータから、ドラッグストアに対する消費者意識を探る。
  • 「整形、親にバレてた。」母からの手紙に自戒の念、元アイドル語る”整形沼”からの脱出

     「整形、親にバレてた」。Twitterにそう投稿された母親からの手紙には、12万件を超す「いいね」がつき、大きな反響を呼んだ。「愛情が伝わってきた」「涙が出た」など、多くのコメントも。投稿したあさみさんは元小学校教諭。「担任のクラスを持ち、かわいい子どもたちに囲まれて充実した日々」を送っていたが、夢が諦めきれず24歳でアイドルに。現在グループを卒業して新たな夢に向けてフリーで活動中のあさみさんに、整形を始めたきっかけや、母親からの手紙、そしてこれからの夢を聞いた。
  • 中にヒト入ってる?フォロワー55万のおさるさんの“探し物”に反響「完全にコンタクト落とした時の私」

     体長およそ26センチの小さなおさるさん・ピザトルくん。大きくて真ん丸な目が特徴で、飼い主さんに甘えたり、2メートルほどのジャンプをしたりと、SNS上では無邪気な姿が日々更新され、総フォロワー数は約55万人に上る。時にはまるでヒトのような動きを見せることもあるそうで、探し物をしているかのような動きを撮影した動画は100万再生を超え、「中に人入ってる?」「こういうジイさんたまに見かける」「完全にコンタクト落とした時の私」などのコメントが寄せられた。飼い主の石原さんにピザトルの日常を聞いた。
  • 【高橋ダン】コロナ禍で露呈…日本の成長率にも直結する“教育レベルの低さ”

     緊急事態宣言が解除されて早1ヵ月。まだまだ沈静化には程遠い状況が続いており、我々は“withコロナ”のなかで、どのように歩むべきなのかを試されているのが現状だ。コロナを経験したことで、これまで見えなかった…いや、見えないないふりをしてきた様々な問題点が浮き彫りとなった。この問題点について、経済アナリスト・プロ投資家で15万人を超えるチャンネル登録者数を持つYouTuberの高橋ダン氏に話を聞くと、特に日本の教育レベルの低さに言及。怒りの感情を隠そうとはしなかった。