9/20 溝口 肇さん登場! & 「青春18きっぷ」はいま

みなさん、こんにちは!

番組ディレクターの三國です。


少しずつ秋らしくなってきたと思ったら、先週の金曜日の関東地方は夏に逆戻りしたような暑さに見舞われました。そして翌日の土曜日には梅雨時のようなジメジメした天気に。秋口の天気は変わりやすいものですが、ここまでとは驚きです。


さて、きょうの「鉄分満載!スギテツの鉄道トーク」には、チェリスト、作曲家、プロデューサーとして大活躍の溝口 肇さんにご登場いただきました。スギテツの二人とは何度も共演されているのですが、番組でお話のお聞きするのは初めてです。収録は今月6日に長野県岡谷市で行われたコンサート会場の控室で。お話にあったとおり、当日は台風の接近で道路も通行止め区間があり、鉄道も運休区間があって、溝口さんが時間までに会場にお着きになるかどうかヒヤヒヤの状態でした。幸い、リハーサルには間に合われたのですが、九州地方に接近していた台風が甲信地方にも影響を与えていたのですから、やはり自然は侮れません。実は溝口さんも鉄道ファンとして知られています。きょうのお話にもチラホラと鉄分が散りばめられていたのを感じ取っていただけたと思います。


ヴァイオリンをチェロポジションで弾く鉄平さん。「世界の車窓から」を弾きました。


後半の「女子鉄レポート」は、久野知美さんが今年夏の青春18きっぷについてレポートしました。

新型コロナウイルスの影響でJR沿線のイベントが中止になったために去年まで運行された列車が運休になったり、18きっぱーにはありがたい存在だった「ムーンライトながら号」が運休になったりと、今年の18きっぷはいつものような使い方ができませんでした。コロナ禍の動向によっては、今後もこれまでのようには使えなくなることも考えられます。新型コロナウイルスは、鉄道のあり方にも影響を与えています。

いまから6年前の夏にぼくが利用した青春18きっぷ


アーカイブarchive

2020年
メッセージを送る