7月15日(水)

【ドライブ☆1700】
埼玉トヨタ 川口北店から、車で10分。
武蔵野うどんを味わえる、『手打ちうどん ひら田』ご紹介しました!
去年の8月にオープンし、まもなく1周年を迎えます。
白い壁に、白い暖簾、清潔感のあるお店でした。




オーナーは、平田豪さん 42歳。(浦和レッズOBの坪井慶介にそっくり!)
そして、奥様の美沙子さんと経営しています。




『ひら田』では、埼玉県産と北海道産の小麦、さらに小麦の胚芽をブレンド。

よりコシが強く、香りが豊かな武蔵野うどんを使用しています。




今回は、『ひら田』イチオシの夏の特製メニューを注文!

「和風トマトつけうどん」税込1,000円です。




和風トマトのつけ汁は、奥様の美沙子さんが自宅で作っていた「ピザ」からヒントを得たとのこと。

ピザで使うトマトソースは美沙子さんのお手製で、

「武蔵野うどんにも生かしたい」と思い、うどんの「かえし」に合わせてみたら大成功!

酸味と「かえし」の甘みと、少しピリッとくる企業秘密の辛味が加えてあります。


続いて薬味。
大葉、みょうが、玉ねぎ、大根、きゅうりが、極細の千切りで添えられています。


そして、麺、つけ汁、器までもが冷え冷え!
これからのあつ〜い夏にぴったりですね!


ご紹介した「和風トマトつけうどん」の他にも、
肉汁や鴨汁、キノコ、鬼おろし、天ぷらといった定番メニューも豊富です!




現在は、新型コロナ対策として、カウンターは6席、テーブルは1卓で営業中。

また、ランチは、午前11時から、午後2時30分まで。

夜の営業については、予約制のため、お店にご相談下さい。
定休日は、火曜日と祝祭日です。

駐車場は、お近くのコインパーキングをご利用下さい。

今週は『手打ちうどん ひら田』 ご紹介しました!


【ライオンズレポート】

ライオンズのイースタンリーグや2軍の選手たちが練習などをしていた、ライオンズ第二球場は、

去年10月から工事が行われていましたが、今月、「カーミニークフィールド」として生まれ変わり、

今日初めて、その球場で試合が行われました!


スコアボードがLEDディスプレイになり、球速や球数が表示されるようになった他、

屋根付きブルペンや、サブグラウンドも新設。

そして、ファンの方は今までは斜面にレジャーシートを敷いて観戦していましたが、

新たに240席の観客席やトイレも新設され、

選手をより応援しやすい環境へと生まれ変わりました!


松井稼頭央二軍監督は、

「この施設で、一人でも多くの若手選手が、

メットライフドームでプレーすることができるように、

選手をしっかりと育てていきたいと思います。」と笑顔を見せています。


この新しく生まれ変わった球場で、

選手たちがより成長して活躍してくれる日が楽しみですね!

かんちゃん、ありがとうございました!

【今日の当選者】
ラジオネーム:鳩ヶ谷のコウイチ
激闘夕方天国シール1700の守護神をプレゼント!



明日は、フリーダムな木曜日!

スペシャルトークでは、水ジャーナリストの橋本淳司さんとお電話を繋ぎます。


そして、今週のフリーダムのメールテーマは、

『 あなたの防災対策 』で大募集。


常日頃からしている防災対策や、もしものためにやっておく事、

便利な防災グッズについて、などなど、

17ラジアンからの「防災対策」にまつわる幅広いお便りを お待ちしています!

アーカイブarchive

2020年
メッセージを送る