モータースポーツ新観戦法?キャンプとコラボが楽しい!

2020.10.04 ON AIR

今週のカーモビは新型コロナウイルス拡大の影響で開幕が遅れ、

無観客から観客を入れての最初のイベントとなった、

スーパー耐久シリーズ富士24時間レースの観戦方法がベスト??

サーキット側もそうしたアウトドア、キャンプと組み合わせた企画を紹介!


 

富士スピードウェイ、広報担当の徳山直樹さんに聞きました!

レース観戦券とキャンプそのものがセットにしたチケット企画販売を実施して大好評!!

キャンプ1張りと必要なグッズがセットになって、更に初心者向けに設営もしてアドバイスしてくれる!


 


 

マイカーをテントの横に止められて、さらにサブテントを設営してくつろぎの場所を確保!

実は昨年が実施していて、昨年の参加者は購入済みのテントを持参してリピーター利用も可能!


 


 

またテントサイトに隣接して、BBQコーナーを開設!食材から用具まで揃っていて手ぶらで楽しめる!

基本的にサーキット内は、裸火禁止!


 

受付コーナーでは、キャンプについてのアドバイスや関連グッズも販売していてアップグレードが可能!


 

この他、従来は駐車だけ可能だったエリアをキャンプも設置出来るようにスペースを確保して販売も始めた!

そしてサーキットの自由エリアでもキャンプを設置しての観戦が可能に!

但し、24時間レース以外のレースは、夜間、宿泊などは出来ません!!


 

また24時間レースでは、打ち上げ花火など各種イベントも開催!

今シーズンは新型コロナウイルス拡大の影響で、一部イベントが自粛となりました!

来年こそは、無事に開催されることを祈ります!


富士スピードウェイHP


JAF日本自動車連盟ドライブナビ


< 写 真 >

 CARLIFE&MOBILITY


< 取材協力 >

 富士スピードウェイ

アーカイブarchive

2020年
メッセージを送る