NOW ON AIR
放送休止 (25:00-29:00)
NOW PLAYING00:00

8/2 ADVANCE EARTH 放送後記

世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ。
美しい海の景色を作っているのは、
2,000kmにも渡ってひろがるサンゴたちですが、
開発による海の酸性化や、気候変動による海水温度の上昇によって、
大きな危機にさらされています。
オーストラリアのジェームスクック大学の調査によれば、
北部の1000km圏内で、95%ものサンゴが白くなっていて、
死滅してしまう可能性があることが分かりました。

こうした危機を前に、芸術の力で海とサンゴ礁を救おうと、
世界的に有名な海中彫刻家であるジェイソン・デケアーズ・テイラーさんは、
美術館「MOUA」を作りました。この美術館、実は海の中にあるんです。

岸から80km離れた海中には、
ビニールハウスのような大きな屋根型のオブジェの下に、
顕微鏡をのぞく研究者や、海底を掃除する人など、
今にも動きだしそうな人の形をしたモニュメントが置かれています。
年月が経てば、ハウスや彫刻にサンゴが生え育ち、
サンゴ礁の保護と修復の重要性を表現しています。

これらの彫刻作品は海の中にあるので、
観に行くにはダイビングをしなければなりませんが、
「オーシャン・サイレン」と名付けられた展示は、
唯一海の上で観ることができます。
人型のモニュメントにはLEDライトが搭載されていて、
海水温度によって色が変わるんです。
サンゴ礁にとって危険な温度になると濃い赤が光り、
海水温上昇の意味をあらわしているんだとか。

MOUAは、来年さらに2つの展示エリアを公開する予定です。

***************************************************
【今日の一枚】

自粛期間以来、改めて近所に咲いているお花を見るのが
楽しみとなり、やたらと写真を取るようになりました。

先日は満開だったお花が枯れ、別のものが咲き始めたり、
意識して見ていると、短い間でも季節の移り変わりを感じます。
お花屋さんに並ぶ花々も、
少しづつラインナップが変わっていくのがよくわかります。
以前にはなかった習慣なので、ちょっとお得気分。

ではまた来週!

アーカイブarchive

2020年
メッセージを送る