NOW ON AIR ナウオンエア
22:00~22:30メッセージフォーム
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
22:01 Melancholia/鈴木雅之
パーソナリティー
鈴木雅之

メッセージフォーム

ふつおたメッセージ
他の番組へのメッセージはコチラ

メッセージとリクエスト紹介
今夜はあなたかも!

FAX
22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

今月のメールテーマは、「叶わなかった目標2019!」
今年の夏こそは彼氏とディズニーに・・・
と思っていましたが、結局行けませんでした!とか、
スムージーダイエットは三日坊主で終わりましたなど、
2019年に叶わなかった目標、そして2020年の目標も教えてください!

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第612回1月19日(日)24時〜24時30分
■ゲスト:PrettyAshの伊宮みき(MIKI)と美里朱音(AKANE)
●公式サイト 
https://pretty-ash.rocks/
●ツイッター
https://twitter.com/_pretty_ash_
----------------------------------------------------------
■Pretty Ashは、
AKIHABARAバックステージpassから選抜投票で選ばれた10人による
アーティストユニット。
2019年7月21日バクステ7周年ライブにてライブデビュー。
PUNK& ROCKを楽曲コンセプトに、楽曲派としてライブ活動を開始。
課題であったライブ1000名を達成してメジャーデビューシングルを
リリースする事が決定!
また、今回の1stシングルを1万枚売らないと
メンバー全員入れ替えという試練を与えられている。
----------------------------------------------------------
■Pretty Ashの1stシングル「アイデンティティ」4月7日発売
1.アイデンティティ
2.僕たちはイカロスじゃない
3.限界突破でWe Go!
形態:A〜D盤、DVD付盤あり
----------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

第252回 番組審議会 報告

第252回 番組審議会 報告

2017年 1月

FM NACK5の第252回番組審議会が、1月17日にさいたま市浦和区内で行われ、片岡直子委員長(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル代表取締役社長)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)が出席して行われました。FM NACK5から石田シニア・ディレクター、深川放送本部長、松本編成制作部担当部長、金野編成制作部課長代理の4名が出席しました。
今回は、12月23日(金曜日)24時から26時まで放送した「Hit Hit Hit!」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。この番組は、24年前から10年間続いた「ジャパニーズドリーム」という番組を、NACK5の公式無料アプリ「NACK5タッチ」を使い現代版にアレンジした番組です。毎月リリースされる新譜を紹介していきながら、リスナーに「NACK5タッチ」を使ってリアルタイムで投票してもらい、月間NO1ソングを決めていく参加型の音楽番組です。委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎NACK5公式アプリを使った番組は、新しい試みでよいと思いますが、もう一ひねりワクワクするような仕掛けが必要だと思います。新しい番組なので、制作者の方たちはいろいろな課題を抱えながら悪戦苦闘していると思いますので、新しい仕組みとラジオをどう融合させていくのかは大事な課題なので諦めずに頑張って頂きたいです。
◎このようなリスナー参加型番組は、ジャンルに偏らずいろいろな曲がかかるので、ラジオには必要なのだと思います。投票を客観的に平等にしようと思うと、どのレーベルも応援できなくなるので、番組制作的には難しくなるなと思いました。もう少しドキドキする仕組みがあれば良いと思います。また、NACK5の他の番組でもこの番組を応援するような仕組みも考えたらもっと良いのでは。公式アプリの「NACK5タッチ」は、ツイッターやradikoとも連動したらもっとダウンロード数も増えて、リスナーも番組に参加しやすくなると思います。
◎カウントダウン番組でのCD売上1位ではなく、リスナー投票での1位の曲が聴けるのは、貴重で存在感のある番組だと思いました。ただ、番組のオンエアが遅い時間なので途中で寝てしまうリスナーも居ると思うので、遅い時間にかかる曲は得票数が稼げずに不利な感じがしました。また、この番組に参加するための仕組みをリスナーに説明する時間が毎回あるのは勿体ないと思います。スーパーバイザーの富澤一誠さんの番組への関わり合いはどんな感じなのでしょうか?

2020年1月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所