NOW ON AIR ナウオンエア
25:00~29:00メッセージフォーム
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(月)
01:33 フォール・イン・ライン feat. デミ・ロヴァート/クリスティーナ・アギレラ
パーソナリティー
小林アナ

ラジアナ月曜「小林アナのあげあげマンデー」

7/21(土)は「日本三景の日」らしい。
7/21(土)はだいすけの誕生日らしい。
7/21(土)は「かえひろみのかえだ祭vol.4」が開催されるらしい。
ということで、今夜はかえひろみさんが登場!
今回も朝まであげマンに付き合っていただきます!


★今週はクリスティーナ・アギレラのプレゼントがあるよ!
詳しくは1時台をチェック!


★「なんていうのはHEADLINE」
こちらも通常営業でございます。


★今回のメッセージテーマ!

【本気】

久々に本気を出しました。
あれには本気で怒りました。
本気の出し方を知りたい。

などなど、本気メッセージお待ちしています!

《1時台》
★「カジュマン」
カジュアルに「あげマン」に参加しよう!
というわけで「カジュマン」です。
投稿ビギナーのためのコーナー。
(熟練者は他のコーナーでがんばってください)

今回は
「アナづけ」
アナが勝手にラジオネームをつけてさしあげます。
簡単なパーソナル情報を書いて送ってね。


《1時40分》
★「Clef Leaf かなみんジャンプRadio♪」
4人組アイドルグループ「Clef Leaf」のかなみんこと、
埼玉県出身の伊原佳奈美さんがお送りするプログラム!
今週もよろしくみん♪


《2時台》
★今夜のゲストは、3度目の登場!
かえひろみさん!
そうです。
7/21に開催する『かえひろみのかえだ祭vol.4』の宣伝です。


《2時40分》
★「こと魂SONGS」
杉山裕太郎さんがお送りするプログラム!
今週も魂の1曲、お願いします!


★「聞いてや!ワテはん!」
みなはんからの一言メッセージ、紹介するんやで〜。


《3時台》
★「こばやしじゃくりんの心が美しくなるように」
ラジアナ月曜、心の浄化タイムでございます。
じゃくりんがみなさんにありがたい言葉を差し伸べます。
悩み、ひとりごと、近況報告…なんでも受け止めます。
月曜から浄化されて、気持ちのいい一週間を過ごしましょう。


★「穴喜利」
つまり大喜利です。
目を細めてみれば穴喜利も大喜利に見えるはず。
今回のお題は
「欲張りアイドル。次に手を出したのは?」

いろいろな分野に手を出すアイドル。
そんなアイドルが次に手を出した趣味やスポーツは?


★「小林アナのやっぱりどーでもいい1日」と
「かえひろみのどーでもいい1日」もあります。


《4時台》
★「かえレコ」
日本語ラップ大好きなヒップホッパーなかえちゃん。
大好きな1曲を語って紹介します。

★「アナレコ」
「かえレコ」にのっかって、
アナちゃんが大好きな1曲を語って紹介します。


★「小さァナ悩み」
大きくない悩み、重くない悩みを送ってきてください。
アナが答えるかもしれません。
運がいいと(?)やっちーが答えてくれるかもしれません。

FAX

第247回 番組審議会 報告

第247回 番組審議会 報告

2016年 6月

FM NACK5の第247回番組審議会が、6月14日にさいたま市浦和区内で行われ、片岡直子委員長(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル代表取締役社長)、PANTA委員(ミュージシャン)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、高山文子委員(埼玉県県民生活部青少年課・総務企画担当・主幹)が出席して行われました。FM NACK5から石田専務取締役、片岡常務取締役、深川編成制作部長、村木編成制作部担当部長、松本編成制作部担当部長、都丸編成制作部課長の6名が出席しました。
今回は、5月29日(日曜日)25時から26時まで放送した「エールソング~サスケ、2年の軌跡~」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。この番組は、ヒット曲「青いベンチ」を生み出したミュージシャン、サスケが見せる解散と再結成を通して経験した葛藤や悩み、音楽に向き合う姿を追った2年間の記録です。委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎この番組は、雰囲気を大切にしていて温かい感じが伝わってきました。再結成したサスケの2人には、可愛さとかを全面に出さずに、渋さを出して、大人も鑑賞できるようなグループに育ってもらいたいと思いました。
◎私は、サスケが大宮駅前で歌っている頃から知っているので、こういう形でNACK5の番組で応援して頂いてとてもうれしいです。ただ、サスケ2人の声とオリンピック競泳男子日本代表の瀬戸大也選手の声が似ていて、誰が誰に対して話しているのかがわからなかったので、声が似ている場合は工夫が必要だと思いました。
◎私はあまりラジオを聴く機会が無く、サスケのことも知らないので、今日は自分で映像を浮かべながら真剣にラジオを聴いてみましたが、とても気持ちよく聴ける番組でした。もっとサスケの曲も聴いてみたいなと思いました。
◎サスケが「僕たちは応援することしか出来ない」と言っていましたが、人を応援する歌を歌う人の辛さがこの番組から伝わって来ました。毛呂山町出身のサスケと瀬戸大也選手をフィーチャーすることによって、毛呂山町にスポットが当たり、認知度が上がるのは、住んでいる人にとってはとても幸せなことだと思いました。
◎この番組は主題が「エールソング」で、副題が「サスケ、2年の軌跡」となっています。「エールソング」に重点を置くなら、この内容でいいと思いますが、副題に重きを置くドキュメンタリー番組だとしたら、この内容ではリスナーに伝わりずらいと思います。

2018年6月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所