NOW ON AIR ナウオンエア
25:00~28:00メッセージフォーム
番組名
NACK5 SPECIAL 「ボイスター★FESTIVAL」〜平成最後の秋の大運動会〜
01:53 THE AUTUMN SONG/ELLEGARDEN
パーソナリティー
斉藤リョーツ

FAX
28:00~29:00
番組名
PIECE OF MELODY
OPEN
PIECE OF MELODY

第204回 番組審議会 報告

第204回 番組審議会 報告

2012年 3月

FM NACK5の第204回番組審議会が3月22日、さいたま市浦和区内で、長島猛人委員長(中国学研究者)、片岡直子委員(詩人)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)、PANTA委員(ミュージシャン)、高橋克也委員(埼玉大学教養学部准教授)、高草木委員(埼玉県県民生活部青少年課企画・総務担当主幹)が出席して行われました。
NACK5側から石田常務取締役、片岡取締役放送本部長、清水制作部長、深川編成部長、森下制作部員、試聴番組の担当プロデューサーとして編成部村木専任部長の6名が出席しました。   
今回は3月11日放送「Metis魂の音色~津波から蘇ったピアノ~」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
 委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。


◎この番組を制作したこと自体を評価したい。
◎ニュース的なものや、実際に起こった事をなぞった震災番組が多いなか、こういった切り口をよく見つけたと感心した。
◎押しつけがましい内容にはなっていなかったので、素直に番組を聴けた。
◎扱う内容が深刻なだけに重くなりがちだが、Metisさんの歌の透明さと広島弁のギャップに救われた。
◎曲ありきで音の感動に頼った番組構成になっているのが残念。
◎ピアノが主人公なのか、Metisさんなのかわからない。番組として何がいいたいのか曖昧になってしまっていた。
◎ピアノとの出会いや、なぜそのピアノを再生しようとしているのか、説明が足りなかった。
◎震災後に制作された「太陽 みんなを照らせ」という歌は以前のものとは明かに歌詞が変化していた。心境に大きな影響がうかがえ、とても感動した。
◎震災から一年経った表現としてはいいのではないか。

2018年8-9月合併号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所