NOW ON AIR ナウオンエア
22:00~22:30メッセージフォーム
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
22:01 Melancholia/鈴木雅之
パーソナリティー
鈴木雅之

メッセージフォーム

ふつおたメッセージ
他の番組へのメッセージはコチラ

メッセージとリクエスト紹介
今夜はあなたかも!

FAX
22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

今月のメールテーマは、「叶わなかった目標2019!」
今年の夏こそは彼氏とディズニーに・・・
と思っていましたが、結局行けませんでした!とか、
スムージーダイエットは三日坊主で終わりましたなど、
2019年に叶わなかった目標、そして2020年の目標も教えてください!

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第612回1月19日(日)24時〜24時30分
■ゲスト:PrettyAshの伊宮みき(MIKI)と美里朱音(AKANE)
●公式サイト 
https://pretty-ash.rocks/
●ツイッター
https://twitter.com/_pretty_ash_
----------------------------------------------------------
■Pretty Ashは、
AKIHABARAバックステージpassから選抜投票で選ばれた10人による
アーティストユニット。
2019年7月21日バクステ7周年ライブにてライブデビュー。
PUNK& ROCKを楽曲コンセプトに、楽曲派としてライブ活動を開始。
課題であったライブ1000名を達成してメジャーデビューシングルを
リリースする事が決定!
また、今回の1stシングルを1万枚売らないと
メンバー全員入れ替えという試練を与えられている。
----------------------------------------------------------
■Pretty Ashの1stシングル「アイデンティティ」4月7日発売
1.アイデンティティ
2.僕たちはイカロスじゃない
3.限界突破でWe Go!
形態:A〜D盤、DVD付盤あり
----------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

第203回 番組審議会 報告

第203回 番組審議会 報告

2012年 2月

FM NACK5の第203回番組審議会が2月22日、さいたま市浦和区内で、長島猛人委員長(中国学研究者)、片岡直子委員(詩人)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)、PANTA委員(ミュージシャン)、高橋克也委員(埼玉大学教養学部准教授)、高草木委員(埼玉県県民生活部青少年課企画・総務担当主幹)が出席して行われました。
NACK5側から石田常務取締役、片岡取締役放送本部長、清水制作部長、深川編成部長、森下制作部員の5名が出席しました。   
今回は2011年12月18日放送「由紀さおり『1969』~海を越えた『夜明けのスキャット』~」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
 委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎長谷川雄啓さんの声はソフトで控えめだが、ちゃんと由紀さおりさんから話を引き出していた。しっとりした大人の対話になっていて素晴らしかった。
◎ピンク・マルティーニとのコラボレーションのきっかけとなった話は、人為を越えた偶然の面白さを感じた。
◎由紀さんが現代の曲との違いを、ブレスの入り方など具体的な指摘をしていてよかった。安易に「今の曲は騒がしい」と言ってしまいそうだが、年長者の視点で押しつけがましくならず発言していて感心してしまった。
◎ヒットの秘密に迫りたいのか、由紀さんに心境を聞きたいのか、番組の意図がわかりにくいのが残念。
◎海外で由紀さんが注目されていることは報道で知っているが、日本では昔からお馴染みなので今ひとつ実感が沸かない。現地の反響や「なぜ今由紀さんなのか」など、楽曲を取り上げたピンク・マルティーニ側の話も聴いてみたかった。
◎日本が自信を失ってしまっている今、海外で評価された人の話は元気を与えてくれるのでいい番組だったと思う。

2020年1月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所