NOW ON AIR ナウオンエア
25:00~29:00メッセージフォーム
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(月)
01:33 フォール・イン・ライン feat. デミ・ロヴァート/クリスティーナ・アギレラ
パーソナリティー
小林アナ

ラジアナ月曜「小林アナのあげあげマンデー」

7/21(土)は「日本三景の日」らしい。
7/21(土)はだいすけの誕生日らしい。
7/21(土)は「かえひろみのかえだ祭vol.4」が開催されるらしい。
ということで、今夜はかえひろみさんが登場!
今回も朝まであげマンに付き合っていただきます!


★今週はクリスティーナ・アギレラのプレゼントがあるよ!
詳しくは1時台をチェック!


★「なんていうのはHEADLINE」
こちらも通常営業でございます。


★今回のメッセージテーマ!

【本気】

久々に本気を出しました。
あれには本気で怒りました。
本気の出し方を知りたい。

などなど、本気メッセージお待ちしています!

《1時台》
★「カジュマン」
カジュアルに「あげマン」に参加しよう!
というわけで「カジュマン」です。
投稿ビギナーのためのコーナー。
(熟練者は他のコーナーでがんばってください)

今回は
「アナづけ」
アナが勝手にラジオネームをつけてさしあげます。
簡単なパーソナル情報を書いて送ってね。


《1時40分》
★「Clef Leaf かなみんジャンプRadio♪」
4人組アイドルグループ「Clef Leaf」のかなみんこと、
埼玉県出身の伊原佳奈美さんがお送りするプログラム!
今週もよろしくみん♪


《2時台》
★今夜のゲストは、3度目の登場!
かえひろみさん!
そうです。
7/21に開催する『かえひろみのかえだ祭vol.4』の宣伝です。


《2時40分》
★「こと魂SONGS」
杉山裕太郎さんがお送りするプログラム!
今週も魂の1曲、お願いします!


★「聞いてや!ワテはん!」
みなはんからの一言メッセージ、紹介するんやで〜。


《3時台》
★「こばやしじゃくりんの心が美しくなるように」
ラジアナ月曜、心の浄化タイムでございます。
じゃくりんがみなさんにありがたい言葉を差し伸べます。
悩み、ひとりごと、近況報告…なんでも受け止めます。
月曜から浄化されて、気持ちのいい一週間を過ごしましょう。


★「穴喜利」
つまり大喜利です。
目を細めてみれば穴喜利も大喜利に見えるはず。
今回のお題は
「欲張りアイドル。次に手を出したのは?」

いろいろな分野に手を出すアイドル。
そんなアイドルが次に手を出した趣味やスポーツは?


★「小林アナのやっぱりどーでもいい1日」と
「かえひろみのどーでもいい1日」もあります。


《4時台》
★「かえレコ」
日本語ラップ大好きなヒップホッパーなかえちゃん。
大好きな1曲を語って紹介します。

★「アナレコ」
「かえレコ」にのっかって、
アナちゃんが大好きな1曲を語って紹介します。


★「小さァナ悩み」
大きくない悩み、重くない悩みを送ってきてください。
アナが答えるかもしれません。
運がいいと(?)やっちーが答えてくれるかもしれません。

FAX

第200回 番組審議会 報告

第200回 番組審議会 報告

2011年 11月

FM NACK5の第200回番組審議会が11月10日、さいたま市浦和区内で、長島猛人委員長(中国学研究者)、片岡直子委員(詩人)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)、PANTA委員(ミュージシャン)、高橋克也委員(埼玉大学教養学部准教授)、高草木委員(埼玉県県民生活部青少年課企画・総務担当主幹)が出席して行われました。
NACK5側から石田常務取締役、片岡取締役放送本部長、清水制作部長、横地制作部員、森下制作部員の5名が出席しました。   
今回は10月9日放送「~IDOL SHOWCASE~i-BAN!!」を委員の皆様に試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
 委員の皆様からいただいたご意見は次のとおりです。

◎金成公信さんと椿姫彩菜さんの組み合わせがいい。二人ならどんな番組でもできそうだ。
◎椿姫さんの声ははっきりしていて良い声だ。古い言葉やオヤジギャグを言うのも意外性があってよかった。
◎スタジオの外から聴こえてくる観客の歓声がすごい。
◎ゲストの道重さゆみさんから意外な本音が聞けて面白かった。
◎「一般のリスナーにも聴かせないといけない」という意識があるように感じた。もっと
コアなアイドルファンの気持ちを代弁するような番組にしてもいいのでは?
◎番組冒頭の出囃子に色々な楽曲を使っているが、今ひとつ調和していないのが残念。
◎パーソナリティー二人の会話に内輪話が多すぎて食傷気味だ。フリートークのなかにもアイドル論があるといい。
◎アイドルとパーソナリティーの距離感は、近すぎても遠すぎても駄目。今はまだ少し遠いように思うので、程良い距離感をつかんでいってほしい。
◎この時間帯はアイドルのイベントが行われているので、「わざわざその時間にぶつけなくても」と思ったが、この番組自体がイベントなのだと気づいた。今後はよりイベント化して盛り上げていくべきだ。

2018年6月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所