NOW ON AIR ナウオンエア
25:00~28:00メッセージフォーム
番組名
NACK5 SPECIAL 「ボイスター★FESTIVAL」〜平成最後の秋の大運動会〜
01:53 THE AUTUMN SONG/ELLEGARDEN
パーソナリティー
斉藤リョーツ

FAX
28:00~29:00
番組名
PIECE OF MELODY
OPEN
PIECE OF MELODY

第189回 番組審議会 報告

第189回 番組審議会 報告

2010年 9月

FM NACK5の第189回番組審議会が9月30日、さいたま市浦和区内で、長島猛人委員長(埼玉県立浦和第一女子高校教諭)、片岡直子委員(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、PANTA委員(ミュージシャン)、高草木文雄委員(埼玉県県民生活部青少年課企画・総務担当主幹)が出席して行われました。高橋克也委員(埼玉大学教養学部准教授)は欠席。
NACK5側から益子代表取締役社長、石田常務取締役、片岡取締役放送本部長、清水制作部長、深川編成部長、森下制作部員の6名が出席しました。   
今回は中継レポート(東京マラソン2010、バンクーバーオリンピック日本選手団帰国、サッカーワールドカップ南アフリカ大会日本代表メンバー発表、映画「SEX and the CITY 2」出演者来日会見、ベルギーへ発つ川島選手囲み取材、K-POPガールズグループ「少女時代」初来日、九都県市合同防災訓練)を委員のみなさまに試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
 委員のみなさまからいただいたご意見は次のとおりです。

◎音声がきれいで、聴きやすかった。PHSを使った中継では、音質が悪くなってしまうという話だったが、臨場感があって良かった。
◎レポーターが叫んでいる場面もあり、自分の感情をはっきり出していてよかった。
◎テレビと同じ情報を扱っていても、ラジオで聴いた方が考えさせられるし、言葉が深く残る。
◎映画やK-POPについては、全く知識がない人もいるはず。レポーターや現場の熱狂ぶりに温度差を感じたので、中継前にスタジオでどう話題性があるのか説明がほしい。
◎防災レポートでは、レポーターが喋りっぱなしの構成だったので、内容が残りにくかった。
スタジオとの会話形式のほうが、わかりやすかったのでは?
◎加藤暁さんのレポートは、あたたかみが感じられて印象に残った。大野勢太郎さんのレポートも分析があってよかった。
◎旬なものを速報として、レポートしていくのは必要な要素。ただ、速報として興味を引く話題は人それぞれなので、それをどう伝えてリスナーに関心を持たせていくか、工夫が必要だ。

2018年8-9月合併号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所