NOW ON AIR ナウオンエア
23:40~26:10メッセージフォーム
番組名
NACK5 SPORT SPECIAL『2018 FIFA ワールドカップ ロシア』実況生中継 日本vsセネガル
00:36 夏が来る!/TUBE
NACK5 SPORT SPECIAL『2018 FIFA ワールドカップ ロシア』実況生中継 日本vsセネガル

メッセージフォーム

他の番組へのメッセージはコチラ

FAX
26:10~26:20
番組名
SPORTS WORLD
パーソナリティー
Happyだんばら
OPEN
26:20~29:00
番組名
PIECE OF MELODY
OPEN
PIECE OF MELODY

第187回 番組審議会 報告

第187回 番組審議会 報告

2010年 6月

FM NACK5の第187回番組審議会が6月24日、さいたま市浦和区内で、長島猛人委員長(埼玉県立浦和第一女子高校教諭)、片岡直子委員(詩人)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部教授)、PANTA委員(ミュージシャン)、高橋克也委員(埼玉大学教養学部准教授)、高草木文雄委員(埼玉県県民生活部青少年課企画・総務担当主幹)が出席して行われました。
NACK5側から益子代表取締役社長、石田常務取締役、片岡取締役放送本部長、清水制作部長、深川編成部長、森下制作部員の6名が出席しました。   
今回は毎週土曜日の7時40分から8時まで放送している「The Frontiers」(5月12日、19日放送分)を委員のみなさまに試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
 委員のみなさまからいただいたご意見は次のとおりです。

◎異なったジャンルのゲストを招いて話をきくのは、それぞれの哲学が感じられて面白い。放送が2週にわたるのも、じっくり聴けていいと思った。
◎清水勇人さいたま市長のソフトな語り口がよかった。また、堀江ゆかりさんのハリのある声のおかげで、番組にメリハリができていた。
◎今回は落語家がゲストだったが、落語に詳しくなくても面白く聴けた。
◎ゲストの話すテンポが早すぎて、聴きづらく感じた。パーソナリティーの2人も、そのテンポに引きずられているような感じがしたので、もう少し間を空けるよう誘導してほしい。
◎1週目はゲストの人生の転機の話でよかったが、2週目は趣味の話に終始してしまって残念だった。苦労人のはずなのに、マルチな人というイメージしか残らなかった。
◎パーソナリティーとして、なぜ市長が登場するのかわからない。さいたま市にゆかりのある人をゲストに招くだけでは、理由付けが弱いのではないか。
◎ゲストの話から、市政にどう関連づけるかが今後の課題だ。番組の構想はいいので、もう少し工夫することで、もっと面白くなりそうだ。

2018年6月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所