NOW ON AIR ナウオンエア
25:00~29:00メッセージフォーム
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(月)
01:33 フォール・イン・ライン feat. デミ・ロヴァート/クリスティーナ・アギレラ
パーソナリティー
小林アナ

ラジアナ月曜「小林アナのあげあげマンデー」

7/21(土)は「日本三景の日」らしい。
7/21(土)はだいすけの誕生日らしい。
7/21(土)は「かえひろみのかえだ祭vol.4」が開催されるらしい。
ということで、今夜はかえひろみさんが登場!
今回も朝まであげマンに付き合っていただきます!


★今週はクリスティーナ・アギレラのプレゼントがあるよ!
詳しくは1時台をチェック!


★「なんていうのはHEADLINE」
こちらも通常営業でございます。


★今回のメッセージテーマ!

【本気】

久々に本気を出しました。
あれには本気で怒りました。
本気の出し方を知りたい。

などなど、本気メッセージお待ちしています!

《1時台》
★「カジュマン」
カジュアルに「あげマン」に参加しよう!
というわけで「カジュマン」です。
投稿ビギナーのためのコーナー。
(熟練者は他のコーナーでがんばってください)

今回は
「アナづけ」
アナが勝手にラジオネームをつけてさしあげます。
簡単なパーソナル情報を書いて送ってね。


《1時40分》
★「Clef Leaf かなみんジャンプRadio♪」
4人組アイドルグループ「Clef Leaf」のかなみんこと、
埼玉県出身の伊原佳奈美さんがお送りするプログラム!
今週もよろしくみん♪


《2時台》
★今夜のゲストは、3度目の登場!
かえひろみさん!
そうです。
7/21に開催する『かえひろみのかえだ祭vol.4』の宣伝です。


《2時40分》
★「こと魂SONGS」
杉山裕太郎さんがお送りするプログラム!
今週も魂の1曲、お願いします!


★「聞いてや!ワテはん!」
みなはんからの一言メッセージ、紹介するんやで〜。


《3時台》
★「こばやしじゃくりんの心が美しくなるように」
ラジアナ月曜、心の浄化タイムでございます。
じゃくりんがみなさんにありがたい言葉を差し伸べます。
悩み、ひとりごと、近況報告…なんでも受け止めます。
月曜から浄化されて、気持ちのいい一週間を過ごしましょう。


★「穴喜利」
つまり大喜利です。
目を細めてみれば穴喜利も大喜利に見えるはず。
今回のお題は
「欲張りアイドル。次に手を出したのは?」

いろいろな分野に手を出すアイドル。
そんなアイドルが次に手を出した趣味やスポーツは?


★「小林アナのやっぱりどーでもいい1日」と
「かえひろみのどーでもいい1日」もあります。


《4時台》
★「かえレコ」
日本語ラップ大好きなヒップホッパーなかえちゃん。
大好きな1曲を語って紹介します。

★「アナレコ」
「かえレコ」にのっかって、
アナちゃんが大好きな1曲を語って紹介します。


★「小さァナ悩み」
大きくない悩み、重くない悩みを送ってきてください。
アナが答えるかもしれません。
運がいいと(?)やっちーが答えてくれるかもしれません。

FAX

第144回 番組審議会 報告

第144回 番組審議会 報告

2006年 3月

FM NACK5の第144回番組審議会が3月23日、さいたま市大宮区のアルシェロイヤルホールで、水野博介委員長(埼玉大学教養学部教授)、兼高聖雄委員(日本大学芸術学部助教授)、中島祥雄委員(大宮西武ビル取締役)、PANTA委員(ミュージシャン)、片岡直子委員(詩人)、丸浩司委員(埼玉県総務部青少年課企画・総務担当主幹)が出席して行われました。長島猛人副委員長(埼玉県立浦和第一女子高校教諭)は欠席。
NACK5側から佐藤社長、田中常務、黛常務取締役総務部長、片岡編成部長、清水制作部長、吉井編成部員の6人が出席しました。   
今回は昨年10月に「K'sトランスミッション」(金曜日21:00-23:00放送)のJ-POPスクールの中で放送した「漣健児の時代~カバーポップスがくれた夢と希望~」を委員のみなさまに試聴していただいた後、ご意見を頂戴しました。
 このほか4月1日スタートの新編成と編成方針を説明。また2月聴取率の結果を委員のみなさまにご報告しました。
委員のみなさまからいただいたご意見は次のとおりです。

◎私の世代にも伝わりやすい番組だと思う。母にも聴かせたい番組。最後にかかった「一緒」という曲はしみじみと心に染みる歌だと思う。
◎漣健児さんを知らなかったけど、面白かった。音楽の状況がわかる重要な時代だと思う。
◎面白かった。テーマ、流れもありじっくり聴ける番組。オンエア曲は全部知っている。漣さんが雑誌、訳詞、ポップスの創世記に活躍したことがわかったが、今のJポップにどう繋がっていったのかわからなかった。レベッカやプリンセス・プリンセスも手がけたというのなら、レベッカなどにインタビューすると繋がりがわかったのではないか。
◎時代背景をもう少し入れるとリアリティーが出る。カバーの時代に焦点をあてるのは良いこと。
◎漣さんは日本の戦後の顔なので、意義のある番組。
◎今後もNACK5はJポップの歴史を追い続けるべき。
◎小学校の高学年、中学校時代に聴いていた曲なので、自然に受け入れられた。外国の歌ではあるが、耳に、記憶に残っている。自然に受け入れていたのは、訳詞の上手さにあったからだと思った。縁の下の力持ち的な人がいて、ポップスが生まれたのが良くわかった。
◎本人がどんな人かを知るには声が必要で、番組で声を聴けたのはよかったが、漣さんの弟のインタビューもあったので、本人の声と紛らわしくなった。

2018年6月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所