NOW ON AIR ナウオンエア
16:10~17:55メッセージフォーム
番組名
HITS! THE TOWN
17:37 キラーボールをもう一度/ゲスの極み乙女。
パーソナリティー
バカボン鬼塚山口五和

メッセージテーマは「においにまつわる珍プレー好プレー」

大宮サテライトスタジオにYOKKOを迎えて

あまがみ

リクエストTOP5

FAX
17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

18:00~21:00
番組名
MAGICAL SNOWLAND
パーソナリティー
ドーキンズ英里奈矢島八雲だいすけ池田愛
OPEN
ドーキンズ英里奈 矢島八雲 だいすけ 池田愛

12月7日(土)18時からは マジカルスノーランド!!!

メッセージテーマは、
「マジカル 冬予報士!!」

この週末は強い寒気の冬将軍が居座り、
日本海側では積雪がさらに増えるでしょう。
太平洋側も日に日に寒さが増し、
特に関東は土曜に真冬並みの厳しい寒さとなりそうです。
……と、このように、季節は冬・真っ盛り!

そこで今夜は、アナタの今年の冬の予報を、
天気予報っぽく送ってください!
冬予報士のドキンとヤッパーが、それっぽくお伝えします!!

「時々〇〇」とか、「一時〇〇」とか、「平年並み」などの
ワードを盛り込んで、それっぽくお願いします!

「この予報は当たって欲しいな〜!」という冬予報を送ってくれたリスナーには、
サイン入りNACK5ステッカーをプレゼント!

アナタのこの冬に起こりそうなことお待ちしております!!


☆コーナー紹介をします☆
●6時30分頃<マジカル・スノーレポート>
 全国のスキー場や ウィンタースポーツにまつわる
 様々なスポットから ホットな情報をレポートします!

 今回のレポート先は、
 【埼玉日産自動車 与野店】からお届け☆


●7時5分頃<ウィンターアロハ>
 「みんなで冬を楽しんでいこう」を
  テーマにお送りする【ウィンターアロハ】
  寒い冬をHOTに、 他の季節はCOOLに盛り上げていく
  NACK5のステーションキャンペーン!
  季節を思いっきり楽しむ情報や企画を
  リスナーの皆さんにお届けします。


●7時20分頃 新コーナー<マジ魔女ドキン>
 魔法のお喋り聞き逃さないでくださいね?


●8時5分頃<マジカル☆リフトでドン! アゲイン!!>
 あの“リフドン”が復活! 出場者募集中です! !


●8時33分頃 新コーナー<マチェラー 〜MAGICAL CHAIN LOVERS〜>
 予測不能な愛憎劇!? (第10話)


また、Twitterでつぶやくときは
「#NACK5」「#msl795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

今週のマジカルも宜しくお願いします ?(???*)?

23:00~24:00
番組名
NEO AGE CIRCUIT
パーソナリティー
浅倉大介
OPEN
25:00~29:00
番組名
手賀沼ジュンのウナンサッタリ・パンツ
パーソナリティー
手賀沼ジュン
OPEN
手賀沼ジュン
NACK日記(番組ブログ)

テガジュンこと手賀沼ジュンがお送りする
「ウナンサッタリ・パンツ」!

・・・

今週のメッセージテーマは

「ささやかな、本当にささやかな夢」

皆さん、いろんな夢があると思いますが、
大きな夢や野望、将来の展望なんかは一旦置いておいて、
人に話すほどの事でもないよな、ていう些細な、ささやかな夢を教えてください。

(例)
・一度でいいからメロンを一人で丸ごと食べてみたい!
・「おーい!お茶」のラベルに俳句が載りたいー!

・・・

2時からはゲストコーナー!
今週はお笑いコンビ・三拍子の高倉陵さん、
そして、お笑いコンビ・エルシャラカーニの山本しろうさんをお迎えします!
お二人へのメッセージもお待ちしています!

※ゲストメッセージを送ってくれたすべて方の中から抽選で2名様に
テガジュンとゲストのサイン入りNACK5ステッカーをプレゼントします!
ご希望の方は、氏名・郵便番号・住所・電話番号を添えて送ってきてください。
(発表は発送をもって変えさせていただきます。)

・・・

その他、コーナーもりもりのモリッシー!スミス!


▼<手賀沼ジュンのもやもやクイズ> 1時20分頃

クイズの答えを聞いても、何となく納得出来るような、
出来ないような、手賀沼ジュンの中だけで筋が通っている、
もやもやした部分が残るクイズを出題する批判必死のコーナー!
皆さん、是非、問題を聞いて参加してくださいね!
正解した方の中から抽選で3名様にテガジュンのサイン入りステッカーをプレゼント!
面白いボケ解答を送ってくれた方の中からも抽選で1名様にステッカーをプレゼントしますよ!

答えの投稿は1人1通でお願いします!
真面目に答えるのか!?それともボケるのか!?
それぞれのご判断にお任せします!

投稿は4時までにお願いします!

正解発表は4時30分頃!


▼1時40分からはT.Oさんがパーソナリティーを務める<NO.16>


▼<メロディーで大喜利を> 3時、4時

このコーナーは3時台の頭と4時台の頭の2回に分けます!

※3時台、4時台併せてボケ回答は1人3回答まででお願いします!

大喜利のお題と回答に、
テガジュンがギターで曲をつけながら歌ネタテイストで進行していきます!

今週のお題は、

・・・

こんな裁判所は嫌だ

「○○○○」

・・・

皆さんからのボケ回答お待ちしています!


▼<回文作りまSHOW!> 3時25分頃

手賀沼ジュンのネタの一つでもある回文作り。
その回文作りを皆さんにも挑戦してもらおう!というコーナーです!
皆さんに、毎週、お題に合わせた回文を送って来てください!

今週のお題は

「国の名前(世界の国の名前を使っていればOK)」

※1人1作品でお願いします!
※投稿の締め切りは放送当日の22時まで!

皆さんからの回文をお待ちしています!
 
※回文とは、前読んでも後ろから読んでも意味が同じ文章のこと。
「磨かぬ鏡」=「みがかぬかがみ」・「竹藪焼けた」=「たけやぶやけた」など


▼<手賀沼ジュンの生でTELTELさせて!!> 3時35分頃

この時間帯は月一コーナー!

1週目「手賀沼ジュンの生でTELTELさせて!!」
2週目「食べ物 勝手にテーマソングTOP3!」
3週目「THE SONG OF TEGANUMIND〜夜明け前のメロディー〜」
4週目「Mucha Blee Monster」
5週目「説得力のない恋愛相談室」

1週目は「手賀沼ジュンの生でTELTELさせて!!」を行います!

手賀沼ジュンと電話で話したい!という方は、
メッセージフォームの簡単なアンケートに答えて
電話番号を書いてメッセージを送ってきてください!

※携帯の非通知拒否設定を解除しておいてください。


各コーナー、ステッカーをプレゼントすることがありますので、
ご希望の方は、氏名・郵便番号・住所・電話番号を添えて送ってきてください。
(発送までに一か月ほどかかることもあります。ご了承ください。)

25:40~26:00
番組名
NO.16
パーソナリティー
T.O
OPEN

子どもの認識はすでに「YouTuber」、“テレビに不向きだった”よゐこが作った新たな挑戦の場

子どもの認識はすでに「YouTuber」、“テレビに不向きだった”よゐこが作った新たな挑戦の場

『よゐこチャンネル』でも活躍中、よゐこの有野晋哉(左)と濱口優(写真:今 泉) (C)oricon ME inc.  お笑いコンビ・よゐこのYouTubeチャンネル『よゐこチャンネル』の登録者数が22万人を突破した。よゐこといえば、『めちゃ×2イケてるッ!』や『笑っていいとも!』(フジテレビ系)、『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)など、テレビを中心に活躍してきた芸人。最近ではチャンネルを開設する若手も多いが、誰もが成功しているわけでもない。芸歴29年に及ぶベテランであり、鉄板コンテンツ“ゲーム実況”の元祖でもある彼らが、YouTubeに進出した理由とは?

【写真】有野がサプライズ、無人島で0円結婚式を挙げた濱口優&南明奈

■きっかけはラジオの終了、次のチャンスを待つよりも「YouTubeでやったらええ」

 『よゐこチャンネル』は毎週木曜夜に生配信。47歳になった二人の自由すぎる企画と、まったりとしたトークが人気だ。今年5月30日に開設され、約6カ月でチャンネル登録者数が22万人を超えるなど好調だが、始めたきっかけは“ラジオ番組の終了”だった。

濱口優 「僕ら、4月まで『よゐこのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)というラジオ番組をやらせていただいていたんですが、終了してしまったんです。ほかの何組かは次に繋がったんですが、僕らは次のステージにいけなかった。相当楽しかったのに、楽しいだけじゃあかんねんなって思いましたね。マネージャーさんからは『来年また呼ばれるかもしれないので、次を期待して待ちましょう』と言われたけど、僕はなんで待たないといけないのかと。『延々と面白いことができる場所はないのか? それだったらYouTubeでやったらええんちゃうの?』と提案しまして、『よゐこチャンネル』を配信することになりました」

有野晋哉 「僕としては、『えっ!? なに勝手なことをしてるの』って感じだったんですけどね(笑)。せっかく木曜日、休みになると思ったのに」

 予定では1時間の配信だが、彼らのトークは2時間を超えることもざら。

濱口優 「ルール無用にしたくて。地上波だと色々な制約や大幅なカットもあるけど、僕らの気の済むまでやらせてくれよっていう番組を作りたかった。そのへんは『めちゃ×2ユルんでるッ!』(『めちゃイケ』放送当時のネット配信番組)の影響が大きいですね。岡村(隆史)くんたちと終わり時間も決まってない中、どうなるかわからへんっていうスタイルがむちゃくちゃ面白くて。あの形は絶対に受け入れられるのにって思っていましたから」

有野晋哉 「ただ、毎回配信が長くなるから。地上波みたいに『長いよ!』って言ってくれる人がいたほうがいい。お腹いっぱいの少し前で教えてくれる“大人”の人も必要です(笑)」

■『めちゃイケ』『黄金伝説』…テレビで人気を得たが実は「不向きだった」?

 YouTubeに向かう二人のスタンスは若干違えど、そこもまた面白みとなっている『よゐこチャンネル』。とはいえ、これまで多くの地上波テレビでレギュラー番組を持ち、『めちゃイケ』をはじめ、『いきなり!黄金伝説』の“無人島0円生活”などを盛り上げた立役者となったよゐこ。現在もYouTubeとテレビ双方で活躍しているだけに、それぞれの兼ね合いはどのように考えているのだろうか。

濱口優 「僕はとくに分けて考えてはないです。テレビでも、全部放送していいよっていう気持ちでやってますから。無人島生活でも漁や家作りが評価されましたが、それと同じぐらい“チネリ”(小麦粉を小さくちねったよゐこ流のコメ)も人気が出て。僕らが延々と“チネリ”を作ってる、みたいな(笑)」

有野晋哉 「あれ、5時間ぐらいやってるんですよ。それをノーカットDVDにしてプレゼントしたら、かなり応募が来たのには驚いた」

濱口優 「以前やっていた番組『よるこ』(毎日放送)でもそうだったけど、僕ら、長く何かを続けてやることが意外と得意なのかもしれない。よゐこの良さは“瞬間”じゃないんやろうなって思いました。もしかしたら、テレビには不向きな人たちやったけど、今まで頑張ってきたんやろうなって(笑)。確かに『よゐこチャンネル』でダラダラすることがすごく心地がいいというか、やりやすいとも思っています」

有野晋哉 「僕は、『よゐこチャンネル』でサッカーの企画をしたら、地上波のサッカー番組に呼ばれへんかなぁとか、そういうこともしたたかに考えてやっています(笑)。ラグビーの企画をやったときは、遅すぎて呼ばれませんでしたけどね。YouTubeは地上波に帰るための腰かけです(笑)」

濱口優 「いやいや、有野は天邪鬼だから。単に照れ屋なんですよ!(笑)」

 最近では、多くの芸人も進出しているYouTube。梶原雄太の『カジサック KAJISAC』や『中田敦彦のYouTube大学』のように人気を博すチャンネルもあれば、まったく登録者数が伸びない若手芸人のチャンネルも存在する。芸人だからといって、必ずしも成功するとは限らない。

濱口優 「僕も、登録者数が少なくなることは覚悟していました。だから最初は怖かったっすね!」

有野晋哉 「えっ!? 僕はすぐ100万いくと思ったんですけど。全然いかへんから震えてるんですよ(笑)」

 ベテラン芸能人の中には、当初YouTubeに拒否反応を示す人もいたが、そういった戸惑いはなかったのだろうか。

濱口優 「僕ら、そういう毛嫌いはなくて。子どもたちの“将来なりたい職業ランキング”の1位がYouTuberだって聞いたら、そうなんだ、頑張らなきゃ!って思うぐらいやから」

有野晋哉 「僕はすぐ新しいモノに行きたがるんです。LINEのスタンプが出たときも、僕らのスタンプを作って欲しいと言って断られましたけど。よゐこじゃ売れませんと(笑)。そんな感じなので、もしYouTubeの次の何か新しいメディアが出来たら、そっちにいくかもしれませんね」

■ゲーム実況の元祖は有野課長⁉「僕がゲーム下手なせいでゲーム実況は始まった」

 とはいえ、よゐこもテレビからいきなりYouTubeに移行して成功したわけではなく、その“下地”はすでに出来上がっていた。その一つが、有野が出演するゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』(フジテレビONE)だ。“有野課長”としてひたすら古いゲームに挑戦し、その収録時間は毎回、12時間以上にのぼるという。これこそ、YouTubeの鉄板コンテンツである“ゲーム実況”の元祖と言えるのではないか。

有野晋哉 「あれはプロが編集して、音や文字を入れてくれてるから面白いんですよ。僕はただゲームをプレイしているだけです。僕がゲーム下手なせいで、『有野課長よりうまくできるぞ!』っていうところから、ゲーム実況は始まったって僕は思ってます(笑)」

 有野のみならず、以前から二人で出演しているのが、Nintendo公式チャンネルの『よゐこのマイクラでサバイバル生活』(現在は『よゐこの〇〇で〇〇生活』)。2017年のゲーム情報番組で、好評につき続編も配信。その影響力を目の当たりにした出来事もあった。

濱口優 「以前、2人でロケをしたときに、子どもたちがブワーッて集まってきて、『よゐこだ!よゐこだ!』ってなったんですよ。ちょうど『めちゃイケ』が終わる時期だったので、『めちゃイケ』はなんで終わるの?と聞かれるのかと思いきや、『マイクラ、観てます』と言われて。それはちょっと衝撃的でした。テレビではなく、こっちを言われるんやって」

有野晋哉 「ギャル曽根の息子にも、『ママ、ゆーちゅーばーがいる!』って言われました。ギャル曽根は『テレビに出ている芸人さんだから』と訂正していましたけど(笑)」

濱口優 「今の子どもたちにとって僕らはテレビの芸人ではなく、YouTuberっていう認識なんですよね。それでも認知されててありがたいことですけど」

 このように、テレビでお馴染みながら、実はYouTubeに向いていたよゐこ。彼らが思う、今後のYouTubeの可能性とは?

濱口優 「自由さはとても感じます。思いつきでやってますけど、まだまだこれからも広がりは見せていけると思います」

有野晋哉 「僕的には登録者数が100万人を超えて、そのうち濱口一人でもやってくれるようになればいいなって思ってます(笑)。そしたら木曜日が休みになりますからね! あと、テレビにも呼んでください(笑)」

(文:今 泉)

子どもの認識はすでに「YouTuber」、“テレビに不向きだった”よゐこが作った新たな挑戦の場

関連リンク

2019年11月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所