NOW ON AIR ナウオンエア
17:50~20:00メッセージフォーム
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
18:27 世界はあなたに笑いかけている/Little Glee Monster
パーソナリティー
SHUNKUN斉藤百香

メッセージフォーム

メッセージはこちら
他の番組へのメッセージはコチラ

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!
月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。

今日の担当パーソナリティーは、SHUNKUNと斉藤百香さんです。

ゲストはロックバンド「ANABANTFULLS」です。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

FAX
20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
西村真二(ラフレクラン)橘 柊生(DISH//)
OPEN
西村真二(ラフレクラン) 橘 柊生(DISH//)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ガチャヒントクイズ

ダブルスチャレンジの挑戦者募集中!

ベスツイ

ニッシーアンサー

魂ゲー

ゲストは真空ホロウ

岸洋佑「タイトル未定(仮)」

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

今週もジャンルを問わない素敵な音楽達と大人のおしゃべり満載でお送りします!

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

紅葉を愛でるより滑舌向上、、、、
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「皆さんのふるさと自慢!」

皆さんのふるさと<市区町村>の自慢できることを教えて下さい!
ふるさとの観光地や名産品だけでなく、名物おじさん・おばさん、
ラーメン店など、どんな事でも結構です!
ふるさと自慢、、、、待っています!

ちなみに、、、、11月13日は「茨城県民の日」です!

★2時台のお客様は、埼玉県出身の美人アーティスト!
西沢幸奏(Shiena)さんのソロプロジェクト
「EXiNA(イグジーナ)」です!

「EXiNA」への質問メッセージ待っています。

スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>

★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラス、ステッカーを!
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」「玉鷲」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

★2時40分からは、沼田大輔さんと奥 紗瑛子さんがお送りする「恋するスマホ」

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★新コーナー!
「だいすけ!まな板ソング!替え歌で、、、、捌いちゃうぞ!」

皆さんと一緒に「プロの作詞家」を目指す???コーナーです!
毎週、あるヒット曲のサビをはじめ一部分を紹介します。
紹介した歌詞を超える?歌詞を替え歌風に作って送って下さい!
<あくまで、オリジナルの歌詞をパロってお願いします!>

11月12日の課題曲は、
<乾杯 / 長渕剛>
 ♪乾杯! 今君は人生の 大きな 大きな舞台に立ち
遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ〜

このフレーズの替え歌、、、、たくさん待っています!

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
今週は「失恋をイメージする曲」リクエストです。

番組メッセージフォーム「まな板ミュージック」から送ってください!
ラジオネームをご紹介した方には「NACK5ステッカー」をお送りします!「

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

今回は、R!N、よっしー、Marina、Narumiでお届けします!
『もしもディアス』基本に帰って?あのパターン!
R!Nヴァージョン初披露の曲も!

お楽しみに!

城田優、演出に手応え「最高のエンタメできた」と自覚 けいこできず役者との両立に葛藤も

城田優、演出に手応え「最高のエンタメできた」と自覚 けいこできず役者との両立に葛藤も

演出への手応えを語った城田優 (C)ORICON NewS inc.  俳優の城田優が8日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われたミュージカル『ファントム』の取材会に出席。今作では2014年公演に引き続き主演・ファントム役を務めると同時に、新たに演出も担当。ファントム役と演出を同じ人物が手掛けるというのは同作史上初で「基本毎日大変で、本当に…」と言葉に詰まりながら「ヤバイ」「人生で一番大変な期間でした」と役者と演出の両立の苦労と葛藤を明かしながらも「最高のエンターテインメントができたと自覚、自負しております」と演出家としての手応えを語った。

【集合ショット】華やかな役衣装で登場!木下晴香、加藤和樹、愛希れいから豪華キャスト陣

 演出は城田にとって求め続けてきたものだった。14年公演時の取材で城田は、座長としての責任感や自身の強みを語る中「演出家になろうってつくづく思う」「そろそろ役者辞めて、演出の方に」など演出家転向を示唆する発言をしていた。

 そして今回、主演を務めながら演出を手がけた今の心境は「囲み取材というのは緊張や不安はありますが準備ができた状態で臨むのですが、初めての経験で今は言葉にできない謎の感情と戦っています」と緊張気味に告白。

 9日に開幕するが自身が出演するのは12日で「それまではここに立っている出演者が、僕が頭の中で作っていた『ファントム』の世界の中で登場人物として芝居、歌を歌うので楽しみしかないのですが、そのあとに自分が(ファントムとして)演じなくてはいけないことが、ちょっと今、あれですね…、ヤバイやつですね…」とプレッシャーを感じていた。

 記者から「どの辺りがヤバいのか?」と具体的な部分を追求されると「けいこをしていない。そんなことも言ってしまうんです、すみません」と即答。「自主けいこをさせていただきますので、ちゃんとしたクオリティーのものはお届けできるように頑張りますが、今まで自分がやってきたスタイルとは違う時間の過ごし方をしてきたので、シンプルに不安要素がある。ただ、作品としては完璧です」と複雑な心境を明かした。

 さらに「今までのやり方と何が違うのか?」と聞かれると「『何がどう違った?』 どういうことですか?」と混乱し「一度、(別作品で)演出をさせていただいたことはあるのですが、その時は主演とかではなく、シンプルに演出だけをやらせていただいた。今回は演出もしながら自分もお芝居をしなくてはならないことが初めてだった。その分量も『ファントム』は多いので、両立と言いますか『客観性』と『主観性』の使い分けだったり…。話すと2時間くらいかかります」と演出論を熱弁した。

 「最高のクオリティーを作りたいがゆえに、自分の中で葛藤したこともあり…。本当に未知の世界と言いますか、出来ることはやってきた。この作品が世の中に出ていくことは、心配要素はない。個人的に色々と不安はあるのですが、作品としては自信を持って2019年、間違いなく一番輝かしくて、夢の世界で愛に満ちていて、希望と絶望が入り混じった最高のエンターテインメントができたと自覚、自負しております」と力を込めた。

 ガストン・ルルーの小説『オペラ座の怪人』を原作とする本作は、91年にアメリカで初演されたミュージカル。日本では2004年より宝塚歌劇団が公演を重ねているほか、08年、10年には大沢たかお、14年には城田主演にて上演。怪人ファントムの人間像に焦点をあてた奥深く、せつない物語と美しい旋律で綴られる楽曲が高く評価されている。

 この日は加藤和樹、愛希れいか、木下晴香、廣瀬友祐、木村達成も登場。9日から12月1日まで東京・TBS赤坂ACTシアター、12月7日から16日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて公演される。

城田優、演出に手応え「最高のエンタメできた」と自覚 けいこできず役者との両立に葛藤も

関連リンク

2019年11月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所