NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~12:40メッセージフォーム
番組名
Smile SUMMIT
10:00 (I Just Can't Help Myself) I Don't Want Nobody Else /Terry Callier
パーソナリティー
栗林さみ
栗林さみ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

栗林さみがお送りする【Smile SUMMIT】!

◎Smile SUMMITセーフティードライブスペシャル
 
▽9:00
 最近笑顔になったことをアナタの“声”でお届けする【Smile Voice】
 無料アプリ「NACK5ボイス」で募集しています。
 皆さんの元気な“声”お待ちしています!

▼9:10
 採れたての話題を取りそろえた【Smile MARKET】
 今日のキーワードは「交通安全」

▽10:40
 暮らしの豆知識や、お役立ち情報を紹介していく【NEW TOPICS】

▼11:00
 今日、これを食べると運気がアップする!
 占いコーナー【ラッキーランチ】
 今日は「恋愛運」

▽11:10
 ウエディングにまつわる話題をお送りする【ボン・マリアージュ】
 毎週木曜日のボン・マリアージュは「ウエディング リクエスト」と題して、
 あなたの結婚にまつわるエピソードや、結婚にいたるまでのドラマを
 思い出の曲と一緒にご紹介します。


▼11:35
【弁護士法人・響Presents 島田秀平と坂口香澄のこんな法律知って手相】


※今日はセーフティードライブスペシャルのため、
 SMILE LEARNINGと、THE SUMMIT TALKはお休みです!


◎番組Twitterアカウントは・・・【@smilesummit795】
 つぶやく時は、ハッシュタグ【#smile795】を付けてつぶやいて下さい!


●今日もみんなで笑顔の頂点を目指しましょ

FAX
12:55~13:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

16:55~17:00
番組名
NACK5 経済情報
OPEN
NACK5 経済情報

17:00~17:50
番組名
NACK Nパス
パーソナリティー
小尾渚沙
OPEN
小尾渚沙
NACK日記(番組ブログ)


「Nパス」では、あなたからのメッセージをお待ちしています!
「今日、あなたの周りでおきたHappyな出来事」
小さいことでOKですよ!ぜひ送ってください!

そして、twitterでのツイートも大歓迎です!
ぜひ「#nパス795」をつけてツイートしてください!
番組内で読まれるかもしれません。

17:50~20:00
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
パーソナリティー
三浦祐太朗斉藤百香
OPEN
三浦祐太朗 斉藤百香

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!

月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。

今日の担当パーソナリティーは、三浦祐太朗さんと斉藤百香さんです。
木曜日はアニメ色強めでお送りします。

ゲストを2組お迎えします。
6時台にピアノ・トリオ・ バンド「fox capture plan」、
7時台にはシンガーソングライターの「リリィ、さよなら。」をお迎えします。

自らもアーティストの三浦祐太朗さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
藤井ペイジ(飛石連休)岡田サリオ
OPEN
藤井ペイジ(飛石連休) 岡田サリオ
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ゲストはオクイシュージ&山中さわお

ガチャヒントクイズ

ダブルスチャレンジ参加で金のシールゲット

ペイジ怒涛のツッコミお宝ツッコミクエスト

サリオが気になったニュースは?

ふつおたクイズほか

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
24:00~25:00
番組名
Age Free Music!
パーソナリティー
富澤一誠
OPEN
富澤一誠

今週はレジェンド級2組!

45周年のデュオ紙ふうせんと小原礼・屋敷豪太のユニット「ザ・ルネッサンス」

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(木)
パーソナリティー
パーマ大佐
OPEN
パーマ大佐

パーマ大佐がお送りするラジオのアナ木曜!
今週も4時間生放送!

・・・

今週のメッセージテーマは

「まだまだ子供だなぁと思うこと」

自分や他の人見て、まだまだ子供だな、
未熟だな、大人になりきれてないな、と思ったことを教えてください!

・・・

2時からはゲストコーナー!
今週はシンガーソングライターの中村千尋さんをお迎えします!
メッセージもお待ちしています!
お楽しみに!

・・・

コーナーも色々ありますよー!


▼1時20分頃 <イメージソングクイズ!>

パーマ大佐が毎週「何か」イメージして1曲作ってきます。
時に詩的に、時にストレートに表現した曲(歌詞)を聞いて、
パーマ大佐が何をイメージして曲を作ったのかを当ててください!
正解した方の中から抽選で3名様、
そして、不正解でも面白かった回答を送ってくれたリスナーさん1名様に
パーマ大佐のサイン入りNACK5ステッカーをプレゼント!

▼1時40分 <The Songbardsのグバラジ>

4人組ロックバンド・The Songbardsがパーソナリティーを務める<グバラジ>!


▼2時40分 <おお江健次の熱血シゴトーク>

お笑いコンビ・こりゃめでてーな の
おお江健次さんがパーソナリティーを務める<熱血シゴトーク>です!


▼3時10分頃 <ネオ・ダサ良い語辞典>

オシャレじゃなくても、カッコ良くなくても良いじゃない!
ダサいは面白い!
ということで、様々の事柄を皆でダサく表現してみよう!

今週のお題は

「鈴虫」

です!

「鈴虫」っていう名前、
少しカッコよすぎませんか?もっとダサくてもいいような・・・。
ということで「鈴虫」という名前をもっとダサ良い呼び方にしてください!

ダサ良い回答を送ってくれたリスナーさんには、
パーマ大佐のサイン入りNACK5ステッカーをプレゼント!


▼3時45分頃 <オーダーメイドソング!>

パーマ大佐があなたから頂いたオーダーを基に、あなたの為に1曲作ります!
無理のない範囲で、オーダーを書いてメッセージを送ってきてください!
1週間かけてパーマ大佐が1曲を作り、番組で披露します!

今週はR.N 秩父のたかちゃん さんから頂いた

「便器の気持ちの歌をラップでお願いします。」

というオーダーで作った曲を披露します。

引き続き、真面目なものからくだらないことまで、
皆さんからのオーダーをお待ちしています!

オーダー例

「間もなく結婚記念日を迎える妻の為にバラードを作って欲しい」
「子供が嫌いなピーマンを食べれるような楽しい食育ソングをお願いします。」
「うちの会社のテーマソングを作ってください」
「私自身のテーマソングを作ってください!」

など

「バラード調がいい」「アップテンポがいい」「ラップがいい」
「歌詞に必ずこの言葉を入れて欲しい」など
無理のない範囲で細かい指定をして頂いても構いませんし、
「パーマ大佐の感性で自由に作ってください!」というオーダーでも構いません。

ただ、曲を作るうえで情報が必要になりますので、
「何故、その曲を作って欲しいのか?」というエピソードや
「曲を送りたい人の"人となり"が分かるような情報」など
出来るだけ、曲作りがしやすくなるような情報も
一緒に添えてメッセージを送ってきてください!


▼4時5分頃 <きょうのパマ君>

映画「きょうのキラ君」へのリスペクトを形にした結果、生まれたコーナー「きょうのパマ君」。

ラジオ業界一のイケメンでドSのパマ君が皆さんからのメッセージを紹介します。
パマ君に聞いて欲しい日常の些細な出来事や自慢話。パマ君へのラブレターなどお待ちしています!

ちなみに、パマ君は基本的にドSなので、多少、乱暴な言葉遣いになります。
でも、たまにデレ出てきます。そんな、ツンデレもお楽しみに下さい。

25:40~26:00
番組名
The Songbardsのグバラジ
パーソナリティー
The Songbards
OPEN

『シガール』ヨックモックから“意識の高いお菓子”誕生も……根底には変わらぬ“美味しさファースト”

『シガール』ヨックモックから“意識の高いお菓子”誕生も……根底には変わらぬ“美味しさファースト”

新作『わたしときどきcookie』グラノーラ  筒状クッキー『シガール』で知られている菓子メーカー「ヨックモック」。御礼、御祝、内祝などの贈り物に用いられるなど、老若男女から喜ばれるクッキーギフトで知られている。そのヨックモックから、一線を画す「こだわり製品」が発売された。それが『「わたしときどきCookie』」。全粒粉や含蜜糖などを使った、“より体に優しい”素材を使用している印象で、値段も一袋300円と、これまでの商品より大幅に手にとりやすい価格となっており、全国チェーンの高級スーパーや自然派コンビニでも販売されるなど、百貨店メインの販売経路を一変している。

【写真】ヨックモックといえばこれ!『シガール』など鉄板お菓子の詰め合わせ

 ギフト用お菓子として長年愛されてきたブランドが大きく舵を切った背景には、近年の健康ブームに便乗する狙いがあったのか、それとも何か特別な事情があったのか。マーケティング部グループ長の小野洋子さんに話を聞いた。
  
■スーパー、コンビニに行く人たちとの「接点」を作りたかった

――これまでのラインナップと一線を画す『わたしときどきCookie』は、どのような狙いで生まれた商品なのでしょうか?

「『わたしときどきCookie』は、お客様との接点を増やすことを目的に生まれた商品なのです。現状、ヨックモックブランドのメインの販路は百貨店。しかし、かつては休日に家族で楽しむ場所だった百貨店も、ライフスタイルが多様化し、多くの人にとっての身近な存在とは言い切れなくなってしまいました。また、ヨックモックブランドの商品のほとんどが贈答用ということもあり、どうしてもお客様との日常的な接点が多く持てないことが課題でした」

――その課題からスタートして、なぜ今回のような“健康を意識したお菓子”ができあがったのでしょうか? 昨今のブームに乗るという意図があったのですか?

「もちろん市場調査の段階で、“健康系お菓子”の市場が伸びていることは確認していました。ただ、ブームに乗ったわけではなく、新規事業の一環として取り組み始めたことです。まず、新たなお客様との接点を増やすためには、日常的に手に取ってもらえるものにしなければなりませんでした。そこで注目したのが『素材』です。普段ヨックモックブランドの魅力のひとつに、素材に出来る限り保存料・人工香料を使わず、ひと目で『心置きなく食べられる』と思ってもらえる点があります。そこで、より素材にこだわった、身体に嬉しいお菓子を作れば、お菓子を避けてきた人にも刺さるのではないかと考えました」

――たしかに素材へのこだわりは魅力ですが、消費者がヨックモックブランドに期待しているのは、純粋な「おいしさ」なのではないでしょうか? 健康を意識すると、どうしても味は二の次になってしまうのでは?

「たしかに、健康意識の高いお客様にとっては、味よりも機能性のほうが優先度高いですよね。おっしゃる通り『おいしさ』はヨックモックブランドの魅力です。だから、栄養機能にこだわった食品というのではなく、健康的だけれど、あくまで“お菓子”としての満足度は維持できるように意識していました」

「ザクザク派」「もぐもぐ派」どちらの意見も取り入れた

――具体的にどのように出来上がっていったのでしょうか?

「まず商品を作るにあたり、市場調査にはかなり力を入れました。商品の方向性を決めたのは、そのときに見つけた“あるデータ”です。それは、『30代の女性は自分のために使う時間・お金が少ない』というものでした。それなら、食べることで気持ちが上向きになれるお菓子が必要になるのではないかと。さらに、ターゲット像の女性約90人を集めて、クローズドの掲示板を運営。彼女たちの意見を元に、より詳細を詰めていきました」

――商品に反映された意見には、どんなものがありましたか?

「サイズやフレーバー、食感など、いろいろな部分に反映されています。たとえばサイズは、ひと口で食べられる大きさなのですが、それは彼女たちからの『食べている姿を見られるのが恥ずかしい』という意見を反映したもの。また、フレーバーは、『お菓子で一番食べたいドライフルーツ』のアンケートで一位になったイチジクを採用しました。意外だったのは、食感についての調査結果。ザクザクした食感派、しっとりモグモグの食感派、意見が真っ二つに分かれてしまい、両者相容れなかったのです。こうなったら両方作ろうということで、第一弾では、ザクザク食感のグラノーラと、モグモグ食感のイチジクを出しました」

――商品名の『わたしときどきCookie』も、これまでのヨックモック商品とは方向性が異なっていますよね。これはどのように決めたのですか?

「これも、いろいろなワードを挙げてアンケートをとりました。その結果、『あなたのことを考えています』といった、熱量の高いワードは好まれないことが分かりました。理由を掘り下げてみると、30代女性は、『べったり寄り添う関係よりも、適度な距離感がある関係を好む』ことが分かったのです。そのため、商品名・デザイン共に、主張が強すぎないニュートラルなものを意識して制作しました。パッケージのキャラクターは無表情なのも、見る方に好きに受け取っていただきたかったからです」

■すでに嬉しい声も 今後の課題は「価格帯」

――値段は一袋300円と、ヨックモックブランドの中では抑えていますが、これまでにない価格帯で挑戦することに対して、社内ではどんな反応がありましたか?

「その点は、苦労した部分ではありました。製造にあたっては、ほかのヨックモックブランドの製品を作っている工場ラインを利用しています。結果的に、お菓子としていいものができたので『こんないいものができるなら』と、社内の反響も変化してきた気がします。今後は、お客様のお声も聞かせてもらいながら、見直していくかなどを決めていくことになると思います」

――「消費者との接点を増やす」ことを目的に生まれた商品なので、今後はさらに販路を広げていく方針なのでしょうか?

「そうですね。卸先になっている高級スーパーや自然派コンビニのチェーンの数は増やしたいと思っています。普通のスーパーやコンビニで販売しないのか、という声をいただくこともありますが、価格帯が違うため生産ラインを見直す必要があり、現状はなかなか難しいですね。日常的に食べられるお菓子でありたいので、高くてはいけないだろうとは思っているのですが……。ただ、これまでの販路が百貨店メインだったことを考えると、それでも十分多くのお客様に手に取ってもらえるようになって、嬉しく思っています」

「健康系お菓子」のブームに乗ったかに見えた「わたしときどきCookie」。しかし、話を聞いてみると、しっかりとヨックモックブランドの魅力を受け継ぎつつ、新たな可能性にフォーカスしたお菓子であることが分かった。これまで、百貨店に足を運ばないと手に入らなかったヨックモックのお菓子が、その美味しさはそのままに、より身体に優しく、身近な場所で購入できるようになったことは、消費者にとっても嬉しい驚きではないだろうか。

(取材・文/坂口ナオ)

『シガール』ヨックモックから“意識の高いお菓子”誕生も……根底には変わらぬ“美味しさファースト”

関連リンク

2019年8・9月合併号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所