NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~12:40メッセージフォーム
番組名
Smile SUMMIT
09:53 花束を君に/宇多田ヒカル
パーソナリティー
栗林さみ
栗林さみ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

栗林さみがお送りする【Smile SUMMIT】!

◎Smile SUMMITセーフティードライブスペシャル
 
▽9:00
 最近笑顔になったことをアナタの“声”でお届けする【Smile Voice】
 無料アプリ「NACK5ボイス」で募集しています。
 皆さんの元気な“声”お待ちしています!

▼9:10
 採れたての話題を取りそろえた【Smile MARKET】
 今日のキーワードは「交通安全」

▽10:40
 暮らしの豆知識や、お役立ち情報を紹介していく【NEW TOPICS】

▼11:00
 今日、これを食べると運気がアップする!
 占いコーナー【ラッキーランチ】
 今日は「恋愛運」

▽11:10
 ウエディングにまつわる話題をお送りする【ボン・マリアージュ】
 毎週木曜日のボン・マリアージュは「ウエディング リクエスト」と題して、
 あなたの結婚にまつわるエピソードや、結婚にいたるまでのドラマを
 思い出の曲と一緒にご紹介します。


▼11:35
【弁護士法人・響Presents 島田秀平と坂口香澄のこんな法律知って手相】


※今日はセーフティードライブスペシャルのため、
 SMILE LEARNINGと、THE SUMMIT TALKはお休みです!


◎番組Twitterアカウントは・・・【@smilesummit795】
 つぶやく時は、ハッシュタグ【#smile795】を付けてつぶやいて下さい!


●今日もみんなで笑顔の頂点を目指しましょ

FAX
12:55~13:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

16:55~17:00
番組名
NACK5 経済情報
OPEN
NACK5 経済情報

17:00~17:50
番組名
NACK Nパス
パーソナリティー
小尾渚沙
OPEN
小尾渚沙
NACK日記(番組ブログ)


「Nパス」では、あなたからのメッセージをお待ちしています!
「今日、あなたの周りでおきたHappyな出来事」
小さいことでOKですよ!ぜひ送ってください!

そして、twitterでのツイートも大歓迎です!
ぜひ「#nパス795」をつけてツイートしてください!
番組内で読まれるかもしれません。

17:50~20:00
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
パーソナリティー
三浦祐太朗斉藤百香
OPEN
三浦祐太朗 斉藤百香

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!

月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。

今日の担当パーソナリティーは、三浦祐太朗さんと斉藤百香さんです。
木曜日はアニメ色強めでお送りします。

ゲストを2組お迎えします。
6時台にピアノ・トリオ・ バンド「fox capture plan」、
7時台にはシンガーソングライターの「リリィ、さよなら。」をお迎えします。

自らもアーティストの三浦祐太朗さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
藤井ペイジ(飛石連休)岡田サリオ
OPEN
藤井ペイジ(飛石連休) 岡田サリオ
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ゲストはオクイシュージ&山中さわお

ガチャヒントクイズ

ダブルスチャレンジ参加で金のシールゲット

ペイジ怒涛のツッコミお宝ツッコミクエスト

サリオが気になったニュースは?

ふつおたクイズほか

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
24:00~25:00
番組名
Age Free Music!
パーソナリティー
富澤一誠
OPEN
富澤一誠

今週はレジェンド級2組!

45周年のデュオ紙ふうせんと小原礼・屋敷豪太のユニット「ザ・ルネッサンス」

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(木)
パーソナリティー
パーマ大佐
OPEN
パーマ大佐

パーマ大佐がお送りするラジオのアナ木曜!
今週も4時間生放送!

・・・

今週のメッセージテーマは

「まだまだ子供だなぁと思うこと」

自分や他の人見て、まだまだ子供だな、
未熟だな、大人になりきれてないな、と思ったことを教えてください!

・・・

2時からはゲストコーナー!
今週はシンガーソングライターの中村千尋さんをお迎えします!
メッセージもお待ちしています!
お楽しみに!

・・・

コーナーも色々ありますよー!


▼1時20分頃 <イメージソングクイズ!>

パーマ大佐が毎週「何か」イメージして1曲作ってきます。
時に詩的に、時にストレートに表現した曲(歌詞)を聞いて、
パーマ大佐が何をイメージして曲を作ったのかを当ててください!
正解した方の中から抽選で3名様、
そして、不正解でも面白かった回答を送ってくれたリスナーさん1名様に
パーマ大佐のサイン入りNACK5ステッカーをプレゼント!

▼1時40分 <The Songbardsのグバラジ>

4人組ロックバンド・The Songbardsがパーソナリティーを務める<グバラジ>!


▼2時40分 <おお江健次の熱血シゴトーク>

お笑いコンビ・こりゃめでてーな の
おお江健次さんがパーソナリティーを務める<熱血シゴトーク>です!


▼3時10分頃 <ネオ・ダサ良い語辞典>

オシャレじゃなくても、カッコ良くなくても良いじゃない!
ダサいは面白い!
ということで、様々の事柄を皆でダサく表現してみよう!

今週のお題は

「鈴虫」

です!

「鈴虫」っていう名前、
少しカッコよすぎませんか?もっとダサくてもいいような・・・。
ということで「鈴虫」という名前をもっとダサ良い呼び方にしてください!

ダサ良い回答を送ってくれたリスナーさんには、
パーマ大佐のサイン入りNACK5ステッカーをプレゼント!


▼3時45分頃 <オーダーメイドソング!>

パーマ大佐があなたから頂いたオーダーを基に、あなたの為に1曲作ります!
無理のない範囲で、オーダーを書いてメッセージを送ってきてください!
1週間かけてパーマ大佐が1曲を作り、番組で披露します!

今週はR.N 秩父のたかちゃん さんから頂いた

「便器の気持ちの歌をラップでお願いします。」

というオーダーで作った曲を披露します。

引き続き、真面目なものからくだらないことまで、
皆さんからのオーダーをお待ちしています!

オーダー例

「間もなく結婚記念日を迎える妻の為にバラードを作って欲しい」
「子供が嫌いなピーマンを食べれるような楽しい食育ソングをお願いします。」
「うちの会社のテーマソングを作ってください」
「私自身のテーマソングを作ってください!」

など

「バラード調がいい」「アップテンポがいい」「ラップがいい」
「歌詞に必ずこの言葉を入れて欲しい」など
無理のない範囲で細かい指定をして頂いても構いませんし、
「パーマ大佐の感性で自由に作ってください!」というオーダーでも構いません。

ただ、曲を作るうえで情報が必要になりますので、
「何故、その曲を作って欲しいのか?」というエピソードや
「曲を送りたい人の"人となり"が分かるような情報」など
出来るだけ、曲作りがしやすくなるような情報も
一緒に添えてメッセージを送ってきてください!


▼4時5分頃 <きょうのパマ君>

映画「きょうのキラ君」へのリスペクトを形にした結果、生まれたコーナー「きょうのパマ君」。

ラジオ業界一のイケメンでドSのパマ君が皆さんからのメッセージを紹介します。
パマ君に聞いて欲しい日常の些細な出来事や自慢話。パマ君へのラブレターなどお待ちしています!

ちなみに、パマ君は基本的にドSなので、多少、乱暴な言葉遣いになります。
でも、たまにデレ出てきます。そんな、ツンデレもお楽しみに下さい。

25:40~26:00
番組名
The Songbardsのグバラジ
パーソナリティー
The Songbards
OPEN

「売れない…」森永“BAKE”自虐プロモの裏に、自社ヒット商品終売の教訓

「売れない…」森永“BAKE”自虐プロモの裏に、自社ヒット商品終売の教訓

森永製菓のチョコレート「ベイク」の企画を語るマーケティング本部・藤井えりさん (C)oricon ME inc.  「かつてのアイドル、焼きチョコ「ベイク」が何をしても売れず、絶望しています。。」という森永製菓のツイートが世の中をざわつかせた。もはや自虐を通り越して大勝負に出た「ベイクを買わない理由 100円買取キャンペーン」を実施した森永製菓の、マーケティング本部・藤井えりさんに「買い取った」理由やその後を訊いた。

【写真】まるで「自虐劇場」?いじけたキャラ達が大暴れ、べイク“裏サイト”まとめ

■『買わない理由』を“買い取り”企画 予定外の人気に 応募は「2日で5万件超」 『ベイクを買わない理由 100円買取キャンペーン』とは、森永製菓の公式アカウントが7月29日からツイッターで実施したキャンペーン。森永製菓公式ツイッタ-アカウントの「ベイクを買わない理由 買い取ります」という旨の投稿をリツイートし、「ベイクを買わない理由」を投稿すると、森永製菓側がその理由を「Amazonギフト券100円で買い取る」というもの。かつて売れ行き絶好調だったベイクだが、実はここ数年、様々な試行錯誤を凝らしても売り上げは伸びず、それどころか存在を忘れられているかもしれない…という危機的状況にストップをかける施策だ。ただ不満の声を集めるのではなく、買わない理由を“買い取る”という購入者参加型の点が支持を集め、開始直後から応募が相次いだ。

 ツイッターでの意見募集も、当初は2週間くらいを予定していたそう。しかし、いざ始めてみたらリツイートは殺到し、一日目で想定の1万件を超過。開始1日でツイートが4万を超えた。あえなく二日目の夜、7月30日22時で100円買取キャンペーンを終了した。その集計数、約5万2千件。「周りの部分が歯にくっつく」「名前がBAKEなのでバカと呼んでしまう」といった厳しい声も多い中、「そういえば最近食べてなかった」「ベイクなくさないで!」という好意的な声も多く寄せられた。

 「『ベイクがそんなに危機的な状況だとは知らなかった!』『もっと買わなきゃ!』と言ってくださる方も多くて、それはとても励みになりました。ただ、『どうしてもベイクじゃなきゃならないわけではない』『(似たような)べつのお菓子がある』といった声も多くて、他のお菓子では代わりが効かない存在になっていないんだなというのが、現実として最も厳しいところで。もっと独自の品質価値に磨きをかけて、唯一無二の商品にならなきゃいけないなと強く感じました」(マーケティング本部・藤井えりさん) 今回100円で買い取った理由は森永製菓内で精査し、今後ベイクのリニューアルに活かすという。

■発売当初は画期的だった「焼きチョコ」現在の売り上げは「全盛期の約3分の1」

 そもそも、ベイクとは独自製法で焼いて作られた「焼きチョコレート」菓子。2003年より発売され、「夏でも溶けないチョコレート」としてヒット。「焼きチョコ」というチョコレートの新たなジャンルを確立した。広告やTVCMが大々的に行われ、人気アイドルが登場したり、女子高校生など10代、20代の女性に向けたキャンペーンが盛んに行われていた。

 「ベイクドチョコレートの技術としては、当社が特許をたくさん保有しております。例えば、常温でも手で溶けないという独自の技術。その品質かつ“外はカリっとして中は柔らか”という今の二重食感も、なかなか難しい技術なんです。」

 「2003年に発売し、数年後に”手で溶けない”というのを打ち出してからは売り上げも伸びていったんですが、最盛期の2009~2012年頃と比べると、今は3分の1くらいになってしまいました。それでもさらなるリニューアルを目指そうということで、調査では見えないような、生の厳しいお声をいただきたいなと思ったのが、今回の意図でして。以前より広告宣伝費も減少し、プロモーションがなかなかできない中、もう一度この商品をお客様に思い出していただきたいなと思い、こういったキャンペーンに踏み切りました」(マーケティング本部・藤井えりさん)

 現在のベイクはというと、アイドルがCMをやっていた時代に比べ、広告予算は減少。存在感は薄くなっていた。予算が減った中でキャンペーンを企画、実施するにあたり、担当者たちは知恵をしぼって考えたという。以前、ニュースで「不満を買取るサービス」が話題になったことから、意見を「買い取る」という姿勢の需要を頭に入れつつ、キャンペーンを企画していったそうだ。■社内の反対も説得、商品の弱みをさらけ出した企画を敢行「ロングセラーの仲間入りをしたい」

 森永製菓といえば、日本を代表するお菓子メーカー。今年で120年を迎える老舗企業で、幅広い世代から親しまれている。新興企業ではない分、会社イメージも、もちろん大事にしているだろう。いろんな戦略がある中である意味“究極”ともいえる自虐キャンペーン。今回のような商品の弱みをさらけ出した形のキャンペーンを進める上で、当然ながら社内では反対の意見もあったという。その際は、「リニューアルのための施策」であることを強く訴えて説得したそうだ。

 今回の自虐PRの他にも、キャンペーンサイトとして“裏サイト”も作成。店頭を追われ野生化したベイクが密林で樹液を吸ったり、火を噴きながら夜空を飛んでいる姿の目撃情報が並べられていたりして……商品の不振を嘆きながらもちょっぴりシュールな世界観で訴求をはかる。

 「とにかく予算がないので、色々面白い仕掛けをすることで、お客様の目にとまってくれたらいいなと。裏サイトの方は、キモカワイイ感じを狙っております(笑)。」(マーケティング本部・藤井えりさん)

■ブームに左右されやすいお菓子業界 「森永チョコフレーク」の終売の教訓 

 お菓子もスイーツも、時代のブームに左右されやすいアイテム。だからこそブランドとしての安定の美味しさを維持し、時代の流れを読みニーズに応えることが重要なのだという。1967年から発売されていたロングセラー商品「森永チョコフレーク」の終売が2018年9月に発表された際は、大きなニュースに。「長年販売されていた商品が生き残る訳ではない」という事実は、消費者にも多大な衝撃を与えた。

 「森永チョコフレーク」の販売が終了した際も、食べるときにチョコが手に付着するのが直接的な原因だったとも言われている。お菓子を食べながらスマホもさわるといった人々のライフスタイルの変化により、食品に求められるスペックも日々変わっているのだ。

 「ベイクもロングセラー商品だと言われることが多いのですが、発売から16年というのは今の市場にある商品の中ではまだまだ若いほうなんです。これを機にロングセラーの仲間入りをできるよう、みなさまからいただいた貴重なご意見を踏まえてリニューアルできるよう現在、取り組んでおります。」(マーケティング本部・藤井えりさん)

 あくまでも真剣に、だけどもユーモアたっぷりに。その熱意はまるで、外はカリっと、中は柔らかなベイクそのもの。今、ひとつの商品にかける企業の情熱がもっとも熱く、おもしろく表現される時代なのかもしれない。

(文:川上きくえ)        

「売れない…」森永“BAKE”自虐プロモの裏に、自社ヒット商品終売の教訓

関連リンク

2019年8・9月合併号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所