NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~17:55メッセージフォーム
番組名
FUNKY FRIDAY
10:16 飛行艇/King Gnu
パーソナリティー
小林克也

9時間生放送!

9時間目「言ってやった」

イチバン「この夏一番食べた物」

オール・ジャパンシングル TOP 20

ラブ・タイム

あの人に贈りたい

全英&全米 TOP 10

アワフューチャー

イチバン

FAX
17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

19:10~20:30
番組名
BEAT SHUFFLE
パーソナリティー
浅井博章
OPEN
浅井博章

◆9月4日に1stアルバム「No.9〜Ultimate〜」をリリースするバンド
【Braymen】からV. SaToRu×G. 潤が生出演!
※Braymenの正式表記→「a」にウムラウト付き
◆8月は<電話インタビュー強化月間>です!
 今週は【the GazettE】のV. RUKI×B. REITAが登場★
◆祝・HIZUMI始動!【NUL.】Demo CDから1曲オンエア!
◆抽選で≪BEAT SHUFFLEステッカー≫をプレゼント♪

20:30~21:00
番組名
HOT69
パーソナリティー
AK-69
OPEN
AK-69

サマソニ出演したステージについて

メッセージ

21:00~23:00
番組名
K's TRANSMISSION
パーソナリティー
坂崎幸之助(THE ALFEE)
OPEN
坂崎幸之助(THE ALFEE)

8/23のJ-pop Schoolは

THE ALFEEデビュー45周年企画!

「俺らの同期〜その2」

1974年にデビューしたグループを紹介♪

25:00~29:00
番組名
FANTASY RADIO
パーソナリティー
春日萌花
OPEN
春日萌花

8月23日の「FANTASY RADIO」!

メッセジーテーマは・・・

【いいヤツ!】

同僚のAさん。
仕事、家庭、恋愛…
どんな話でも興味を失うことなく真剣に聞いてくれるため、
我が社のカウンセラーのようになっています。

周りの女子から恋愛相談をされることが多いSくん。
その度に相手の女子を好きになっちゃうけど
手を尽くしてその子が両思いになるようにしてあげるため
自分の恋はいつも叶わない…。

道端に落ちていた小さい子からお父さん宛の手紙を拾い
何とかしてお父さんに返そうと
あらゆるSNSを駆使して持ち主を特定し
届けてあげたNくん。

外国人やお年寄りに道を尋ねられることが多いKさん。
その場所が少々遠かろうと
毎回一緒について行ってあげてます。

などなど。
あなたの周りの「いいヤツ」教えてください。

メッセジーお待ちしております!


↓↓   ↓↓    ↓↓


1時25分頃からは「語呂合わせのすゝめ」
楽しく、簡単に“知識”と“教養”を身につけられる素晴らしい方法…
『語呂合わせ』!
このコーナーでは、知識を楽しく簡単に覚えられるような、
オリジナルの語呂合わせをリスナーのみなさんから送っていただき、
最も素晴らしい作品考えてくれた方=語呂センセイを決定します。
先週募集した“知識”の語呂合わせは、
「憂鬱(難しい漢字シリーズ:その4)」でした。
どんな語呂合わせが届いているでしょうか? お楽しみに!


1時40分からは、
「鈴木花純のハッピータイム ハッピーソング」
ファンラジではすっかりおなじみの鈴木花純ちゃんがおすすめの楽曲を紹介。
深夜のひと時を“音楽”でハッピーにしてくれるプログラムです。


2時10分頃からは「ゲストコーナー」
毎週、ジャンルを問わず、素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
今日は、7/17にデジタルシングル「Catch me, Flag!!?」でデビューした
ぜったくんをお迎えします。
ぜったくんへのメッセジー、質問をお待ちしています!


2時35分頃からは「ファンラジ・アニメランド」
ハルヒーおすすめのアニメ作品の紹介、
そして、みなさんからのアニメに関するメッセジーを紹介していくコーナー。
アニメ通の方はもちろん、アニメに詳しくない方という方にも
わかりやすくご紹介します。


3時の時報明け「いんたま2!」
毎週、「恋」や「流行」などにまつわるGIRL’S TALKを
インスタグラマーのあゆぼー、あやちと一緒にお送りします。
今日は、2週間ぶり「ミス・ユニバース埼玉グランプリ」あやちが登場。
お楽しみに!


3時10分頃からは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。

先週発表したお題は…
「バンジージャンプにハマってしまったダイスケ君。
 その刺激を味わうために、家でもやっていることとは?」でした。

どんなオモシロ回答が届いているでしょうか?お楽しみに!


そして、3時20分頃からは「まいにち、みつこ」
“おバカ”なことをしてしまうのは、人の常…
そんな、おバカなことをしてしまって落ち込んでいる人に、
人生のマイスター=『猫柳みつこ』が、魅惑のBGMにのって、
素晴らしい「お言葉」と「一句」をプレゼント!
明日からポジティブに生きていけるよう元気づけるコーナーです。


3時35分頃からは「“あいうえお作文”リクエスト」
毎回、3文字のキーワードを設定、その頭文字で始まるタイトルの曲を募集。
そこから3曲をピックアップしてノンストップでお届けする
リクエストコーナー。(新・旧、洋・邦 問いません)

今日のキーワードは、『ひ・や・け』です!


4時30分からは「魔法が解けた祭り」
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんの「ラジオネーム」をひたすら紹介しながら迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・祭りの時間は、3分ちょうど!(時間が来たら終了です)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


そして、番組ブログ「NACK日記」のお楽しみ企画…
今週は「ハルヒーで遊ぼう!」です!

番組ブログ「NACK日記」にアップされる「ハルヒーの写真」を見て、
思わず笑ってしまうような“ひとこと、ツッコミ”を送ってきてください。

面白い回答を送ってきてくれた方には、
サイン入りNACK5スッテカーをプレゼントします!
当選者の発表は、午前4時15分頃。※回答応募の締め切りは「午前4時」です


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

中谷美紀×吉岡里帆×永作博美×宮本信子、三浦しをんの名作を初映像化

中谷美紀×吉岡里帆×永作博美×宮本信子、三浦しをんの名作を初映像化

テレビ東京のドラマスペシャル『あの家に暮らす四人の女』(9月30日放送)(左から)宮本信子、中谷美紀、永作博美、吉岡里帆(C)テレビ東京  女優の中谷美紀主演、吉岡里帆、永作博美、宮本信子の出演で、直木賞作家・三浦しをん氏の小説を原作とする、ドラマスペシャル『あの家に暮らす四人の女』がテレビ東京系で9月30日(後9:00~)に放送される。

【画像】原作小説『あの家に暮らす四人の女』書影

 原作は、谷崎潤一郎没後50年の「谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品」として、2015年に中央公論新社から発刊され、“女たちの地上の楽園!? 現代版『細雪』”と謳われている。

 今回が初映像化となる本作は、全く違うタイプの女4人が、一つ屋根の下で暮らしながら、次々起こる事件を団結して乗り切り、にぎやか過ごす毎日を描く、ほっこり温かく、家族とは何かを考えさせられる感動ホームドラマ。脚本は吉田紀子氏、監督は深川栄洋氏が手掛ける。

 中谷が演じるのは、父の行方を知らない刺繍作家でアラフォー彼氏なしの牧田佐知。ダメ男に甘い保険会社OL・上野多恵美役に吉岡。佐知の友人で多恵美の会社の先輩、毒舌な谷山雪乃役に永作。さらに、お嬢様気質で気ままな性格の佐知の母・牧田鶴代役を宮本が演じる。

 出演オファーを受けて、中谷は「谷崎潤一郎の『細雪』へのオマージュでもあり、向田邦子さんの世界のようでもあるこの作品は、少々浮き世離れした物語だと受け止められるかもしれませんが、実のところ“父なき時代”が三浦しをんさんの巧みな筆致により繊細に、リアルに描かれており、4人の女性の掛け合いを想像して、『ぜひ演じてみたい』と心がうずきました」とコメント。

 ほかの3人のキャストとの共同生活を演じて、「実際の家族と過ごすよりも心地の良い奇妙な共同生活が、これから長い老後を孤独に過ごさざるを得ない現代のひとびとにとって、一筋の光明となれば幸いです。家主の宮本信子さんを筆頭に、永作博美さん、そして吉岡里帆さんと、演技の達者な方々とあの洋館でともに暮らすことが叶い、幸せでした。和を重んじる傍らで、決して立ち入り過ぎない程よい距離は、物語同様心地よいものでした」と、撮影時の雰囲気を伝える。

 視聴者には「何かが欠落した4人の女たちの、まるで噛み合わないながらも、仲良くやっている絶妙な人間関係を楽しんでいただけましたら幸いです」と呼びかけている。

■吉岡里帆のコメント
 1つの洋館の中で紡がれる温かくて不思議で愉快な4人の女の物語です。ひとりひとりは不器用な人たちの集まりなのに、4人で集まると強くなれたり笑えたり、お互いがお互いの穴を埋めるような存在として、新しい家族の形を出せているように思います。隣にいるあなたの大事な人がより愛しくなるような、そんな温かい人間模様が描かれています。このドラマを見れば、もう少し頑張ろうと思えたり、まぁいっかと良い意味で肩の力が抜けると思います。ぜひ見てください。

■永作博美のコメント
 洋館が本当にずっしり重くて、でもなんだか温かい空気が漂っていて、ほのぼのとした4人組になったなという印象です。ちょっと洋館を覗いてみたくなるような雰囲気が出た気がします。ありえなさそうな4人ですが、なぜかいつもリアリティーにたどり着くという流れがあって、不思議な構成の家族形態になっていることも新しいなと思うし、興味深いところだと思います。

■宮本信子のコメント
 台本を読んだ時は、女4人が別々のキャラクターで世代も違うので、あの家に住んでどうなるのかなという興味がありました。この作品は今のドラマの中ではちょっと変わった切り口で、おとぎ話のように感じます。どんな声が届くのか楽しみにしています。本当に楽しみにしていただけたらうれしいです。

■原作・三浦しをん氏のコメント
 すばらしいキャスト、スタッフのみなさまが、心をこめて丁寧に作ってくださったドラマです。真面目に愉快に日々を生きる、ちょっとダメでいとおしいひとたちの暮らしを、ぜひ覗いてみていただければ幸いです。「こういうひと、身近にいるなあ」と感じられる登場人物がきっといると思います。風情のある洋館や、途中から登場する○○も見どころのひとつです。どうぞお楽しみに!

中谷美紀×吉岡里帆×永作博美×宮本信子、三浦しをんの名作を初映像化

関連リンク

2019年8・9月合併号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所