NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~17:55メッセージフォーム
番組名
FUNKY FRIDAY
10:21 愛はスローにちょっとずつ/サザンオールスターズ
パーソナリティー
小林克也

9時間生放送!

9時間目「言ってやった」

イチバン「この夏一番食べた物」

オール・ジャパンシングル TOP 20

ラブ・タイム

あの人に贈りたい

全英&全米 TOP 10

アワフューチャー

イチバン

FAX
17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

19:10~20:30
番組名
BEAT SHUFFLE
パーソナリティー
浅井博章
OPEN
浅井博章

◆9月4日に1stアルバム「No.9〜Ultimate〜」をリリースするバンド
【Braymen】からV. SaToRu×G. 潤が生出演!
※Braymenの正式表記→「a」にウムラウト付き
◆8月は<電話インタビュー強化月間>です!
 今週は【the GazettE】のV. RUKI×B. REITAが登場★
◆祝・HIZUMI始動!【NUL.】Demo CDから1曲オンエア!
◆抽選で≪BEAT SHUFFLEステッカー≫をプレゼント♪

20:30~21:00
番組名
HOT69
パーソナリティー
AK-69
OPEN
AK-69

サマソニ出演したステージについて

メッセージ

21:00~23:00
番組名
K's TRANSMISSION
パーソナリティー
坂崎幸之助(THE ALFEE)
OPEN
坂崎幸之助(THE ALFEE)

8/23のJ-pop Schoolは

THE ALFEEデビュー45周年企画!

「俺らの同期〜その2」

1974年にデビューしたグループを紹介♪

25:00~29:00
番組名
FANTASY RADIO
パーソナリティー
春日萌花
OPEN
春日萌花

8月23日の「FANTASY RADIO」!

メッセジーテーマは・・・

【いいヤツ!】

同僚のAさん。
仕事、家庭、恋愛…
どんな話でも興味を失うことなく真剣に聞いてくれるため、
我が社のカウンセラーのようになっています。

周りの女子から恋愛相談をされることが多いSくん。
その度に相手の女子を好きになっちゃうけど
手を尽くしてその子が両思いになるようにしてあげるため
自分の恋はいつも叶わない…。

道端に落ちていた小さい子からお父さん宛の手紙を拾い
何とかしてお父さんに返そうと
あらゆるSNSを駆使して持ち主を特定し
届けてあげたNくん。

外国人やお年寄りに道を尋ねられることが多いKさん。
その場所が少々遠かろうと
毎回一緒について行ってあげてます。

などなど。
あなたの周りの「いいヤツ」教えてください。

メッセジーお待ちしております!


↓↓   ↓↓    ↓↓


1時25分頃からは「語呂合わせのすゝめ」
楽しく、簡単に“知識”と“教養”を身につけられる素晴らしい方法…
『語呂合わせ』!
このコーナーでは、知識を楽しく簡単に覚えられるような、
オリジナルの語呂合わせをリスナーのみなさんから送っていただき、
最も素晴らしい作品考えてくれた方=語呂センセイを決定します。
先週募集した“知識”の語呂合わせは、
「憂鬱(難しい漢字シリーズ:その4)」でした。
どんな語呂合わせが届いているでしょうか? お楽しみに!


1時40分からは、
「鈴木花純のハッピータイム ハッピーソング」
ファンラジではすっかりおなじみの鈴木花純ちゃんがおすすめの楽曲を紹介。
深夜のひと時を“音楽”でハッピーにしてくれるプログラムです。


2時10分頃からは「ゲストコーナー」
毎週、ジャンルを問わず、素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
今日は、7/17にデジタルシングル「Catch me, Flag!!?」でデビューした
ぜったくんをお迎えします。
ぜったくんへのメッセジー、質問をお待ちしています!


2時35分頃からは「ファンラジ・アニメランド」
ハルヒーおすすめのアニメ作品の紹介、
そして、みなさんからのアニメに関するメッセジーを紹介していくコーナー。
アニメ通の方はもちろん、アニメに詳しくない方という方にも
わかりやすくご紹介します。


3時の時報明け「いんたま2!」
毎週、「恋」や「流行」などにまつわるGIRL’S TALKを
インスタグラマーのあゆぼー、あやちと一緒にお送りします。
今日は、2週間ぶり「ミス・ユニバース埼玉グランプリ」あやちが登場。
お楽しみに!


3時10分頃からは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。

先週発表したお題は…
「バンジージャンプにハマってしまったダイスケ君。
 その刺激を味わうために、家でもやっていることとは?」でした。

どんなオモシロ回答が届いているでしょうか?お楽しみに!


そして、3時20分頃からは「まいにち、みつこ」
“おバカ”なことをしてしまうのは、人の常…
そんな、おバカなことをしてしまって落ち込んでいる人に、
人生のマイスター=『猫柳みつこ』が、魅惑のBGMにのって、
素晴らしい「お言葉」と「一句」をプレゼント!
明日からポジティブに生きていけるよう元気づけるコーナーです。


3時35分頃からは「“あいうえお作文”リクエスト」
毎回、3文字のキーワードを設定、その頭文字で始まるタイトルの曲を募集。
そこから3曲をピックアップしてノンストップでお届けする
リクエストコーナー。(新・旧、洋・邦 問いません)

今日のキーワードは、『ひ・や・け』です!


4時30分からは「魔法が解けた祭り」
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんの「ラジオネーム」をひたすら紹介しながら迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・祭りの時間は、3分ちょうど!(時間が来たら終了です)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


そして、番組ブログ「NACK日記」のお楽しみ企画…
今週は「ハルヒーで遊ぼう!」です!

番組ブログ「NACK日記」にアップされる「ハルヒーの写真」を見て、
思わず笑ってしまうような“ひとこと、ツッコミ”を送ってきてください。

面白い回答を送ってきてくれた方には、
サイン入りNACK5スッテカーをプレゼントします!
当選者の発表は、午前4時15分頃。※回答応募の締め切りは「午前4時」です


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

Aqours・斉藤朱夏、ソロデビューでさらけ出した弱さ「素顔を見せたかった」

Aqours・斉藤朱夏、ソロデビューでさらけ出した弱さ「素顔を見せたかった」

ミニアルバム『くつひも』でソロデビューした斉藤朱夏(Photo by MARCO)  人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』から派生した声優ユニット・Aqoursのメンバーとしても活躍する斉藤朱夏が、待望のソロアーティストデビュー。ステージはもちろん、大ヒットしたソロ写真集などで元気なパワーを炸裂させてきた彼女が、ソロ作品で初めて“本当は弱い自分”を見せた理由とは──?

【写真】レコーディングで初めて泣いたことも思い返した斉藤朱夏

■自分の言葉で伝えられる音楽活動をしたいという思い

──Aqoursのメンバーとしても活躍する斉藤さんですが、ソロアーティスト志向はあったんですか?
【斉藤朱夏】もともとステージに立つ人間になりたいと思って、小学4年生の頃からダンスを習ってきたんです。そして、Aqoursの渡辺曜ちゃんとしてステージに立つことができました。いつかは自分の言葉で伝えられる音楽活動をしたいという思いもあったので、今回お話をいただき、ソロアーティストとしてステージに立つ夢が叶ったという気持ちです。

──収録曲の全作詞を手がけたハヤシケイ(LIVE LAB.)さんとは、半年以上かけて共に制作をしたとか。どんなやり取りがあったんですか?
【斉藤朱夏】まず最初に、私が普段から考えていることをノートにまとめてケイさんにお渡しして、そこからいろいろなお話をしました。当初は私の作詞の話もあったんですが、そこまで語彙力に自信がなかったので──。ただ、中学の頃から今もポエムを書くのが好きで、今回お渡ししたノートにも書いていたこともあって。歌詞をステキに作ってくださったのはケイさんなんですが、すべての楽曲に私の言葉や想いを入れ込んでいただいています。

──アルバムタイトルにもなっている「くつひも」は、ちょっぴり甘酸っぱい恋の歌。そんなポエムも書かれたんですか?
【斉藤朱夏】あくまで妄想ですけど(笑)。こういう少女漫画みたいな世界観が大好きなんです。でもずっと応援してきてくれた方は、びっくりするんじゃないかな。私ってサバサバしているとか、男っぽいとか、芯が強いイメージがあるみたい。だけど本当は乙女チックだし(笑)、すごく弱い人間だし──。ソロアーティストとして活動させていただくにあたって、今まで見せたことのない本当の自分をさらけ出したいと思って、その象徴的な楽曲として「くつひも」をタイトルに持ってきました。

■レコーディングの帰りに大泣きしたことも

──ソロ作品を制作する過程では、自分と向き合う時間も多かったと思いますが、今まで気付かなかった自分の発見はありましたか?
【斉藤朱夏】今まで役と向き合ってきたぶん、あまり自分と向き合ってこなかったんです。それと、小さい頃から大人と関わってきたからか、いつもどこか仮面をかぶっているというか、本当の自分を出してはいけないと思い込んでいたところもありました。でもソロ活動をするときに、ウソの自分でいたら何も伝わらないなって──。基本的に私は強い人間だと思われているみたいなんですが、本当は「強くいなくてはいけない」と自分で自分に言い聞かせていたところが大きかったことにも、今回の制作過程で気付かされました。

──制作過程で“本当は弱い自分”が現れたということですか?
【斉藤朱夏】レコーディング中は、笑っているよりも泣いている時間のほうが多かったです。今までは1人でいるときも、たとえ泣きたくなっても「泣いちゃダメだ」と上を向くようにしていたんです。もちろん、人前や現場で泣くなんてありえないことでした。だけど、今回は1曲1曲レコーディングするたびに、泣きたくなる気持ちが押し寄せてきて。1つはプレッシャーですね。ずっと夢だったソロデビューだから絶対に妥協はしたくない。だけど自分の力のなさを痛感する場面もあって、「わかっているのに、どうしてできないんだろう」と、ポロリとこぼれてしまったときもありました。自分と向き合って確立するしかないんですよね。それってすごく心細くなる瞬間もあって、レコーディングの帰り道に大泣きしたこともありました。でも思う存分泣くとモヤモヤが晴れるんです。思いっきり泣いた翌日のレコーディングでは、「よし、昨日できなかったここに挑戦してみよう!」と気持ちも新たになって。その積み重ねで、どんどん自分も歌も変化していけたので、あの涙はムダじゃなかったと思っています。

■自分の言葉で誰かを守れる人になりたい

──斉藤さんのように「強くなければいけない」と思い込んでいる人は意外と少なくないと思います。「誰よりも弱い人でかまわない」という楽曲は、そんな人にとっての救いになるのでは?と感じました。
【斉藤朱夏】おこがましいようですが、ソロデビューのお話をいただいたときに一番最初に思ったのが、「自分の言葉で誰かを守れる人になりたい」ということでした。だからこそ「私もみんなと同じ、弱いところもいっぱいあるよ」という素顔を見せたかったんです。今回収録した6曲も自分のことを歌ってはいるんですが、聴く人にとっても「これは私の歌だ」と感じてもらえるような要素がいろいろ詰め込めたんじゃないかなと思っています。だから、ぜひ歌詞も読んでもらえるとうれしいです。

──今後の展望について、Aqoursとしては『NHK紅白歌合戦』や数々の大きなステージに立ってきましたが、ソロであのステージに立つことはイメージしていますか?
【斉藤朱夏】Aqoursの1stライブは横浜アリーナだったんです。その後も東京ドームなど本当に大きなステージに立たせていただいてきました。だからこそソロ活動では、みんなを近くに感じるステージからコツコツ積み上げていきたいという気持ちが強くて。そしてその未来にきっとある大きなステージを、みんなと一緒にめざしていきたいと思っています。
(文/児玉澄子)

Aqours・斉藤朱夏、ソロデビューでさらけ出した弱さ「素顔を見せたかった」

関連リンク

2019年8・9月合併号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所