NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~12:40メッセージフォーム
番組名
Smile SUMMIT
10:26 Ordinary/THE CHARM PARK
パーソナリティー
栗林さみ
栗林さみ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

栗林さみがお送りする【Smile SUMMIT】!

▽9:00
 最近笑顔になったことをアナタの“声”でお届けする【Smile Voice】
 無料アプリ「NACK5ボイス」で募集しています。
 皆さんの元気な“声”お待ちしています!

▼9:10
 採れたての話題を取りそろえた【Smile MARKET】
 今日のテーマは「予約にまつわるエトセトラ」

▽9:15
 埼玉県内の「イオン」のお店で働く「スペシャリスト」に、
 毎週恒例イオンの「火曜市」のお得な情報をお伝えしてもらう【トクする!イオンの火曜市】

▼10:10
 今、押さえておくべき「笑顔のタネ」をみんなでお勉強する【SMILE LEARNING】
 今週は【生き物の不思議】をラーニング!

▽11:00
 今日、これを食べると運気がアップする!
 占いコーナー【ラッキーランチ】
 今日は「美容運」

▼11:10
 ウエディングにまつわる話題をお送りする【ボン・マリアージュ】
 毎週火曜日は、「ル・ソレイユ・コンセール」と題してお届けします。
 毎月さまざまなアーティストをお迎えして、
 「旅と音楽」をテーマに「街の音楽」「想い出の場所」「忘れられない曲」
 「おすすめの食」まで幅広く語っていただきます。
 今月のゲスト【KAIKIさん】

▽12:08
 みんなで気になる話題を語り合う【THE SUMMIT TALK(ザ・サミットーク)】
 今日はゲストにKING OR QUEENさんをお迎えして「常連サミット」を開催!
 リスナーの皆さんからの意見求む!!

◎番組Twitterアカウントは・・・【@smilesummit795】
 つぶやく時は、ハッシュタグ【#smile795】を付けてつぶやいて下さい!

●今日もみんなで笑顔の頂点を目指しましょう!●

FAX
12:55~13:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

13:00~16:55
番組名
GOGOMONZ
パーソナリティー
三遊亭鬼丸高橋麻美
OPEN
三遊亭鬼丸 高橋麻美

溜まったモヤモヤ・イライラを笑いの刺激に変えて大放出。

1時台・2時台はメインテーマを中心にご紹介。
『人生の「カックラキン」シリーズ。
「『泣き顔』『涙目』『泣きじゃくる』の、記憶」』

2時台
■今週1週間
【おふろcafe presents ゆったり・のんびり 『ふろもんず』】
テーマは
『家風呂では味わえません。大きなお風呂での至福の時・報告会』
プレゼントもありますよ!

■心あたりはございませんか?思わず唸る秀作揃い。
「七・七・七・五」の26文字からなる粋な日本伝統の言葉遊び。
【上司と部下の都都逸】

3時台
■今回から4回に渡って火曜日に
【夏!観る!楽しむ!109シネマズ菖蒲 presents「オススメ映画」スペシャル】を
お届け。
今回もクイズがあります。

■【DRIVE A GOGOMONZ 素敵なクルマライフ】
火曜日のテーマは
「『〇〇ぐらい好きにさせろ!』『〇〇ぐらい好きにさせてあげて!』の、記憶」
■【father-in-law ,mother-in-law 義理の母、義理の父への手紙】
面と向かっては言えないうっぷんを綴ってください。

4時台
■【GOGOMONZ 4時のリクエストTIME】
今月「We’ll be together」をデジタル配信リリースした、
村松崇継さんがゲストです。

16:55~17:00
番組名
NACK5 経済情報
OPEN
NACK5 経済情報

17:00~17:50
番組名
NACK Nパス
パーソナリティー
小尾渚沙
OPEN
小尾渚沙
NACK日記(番組ブログ)


「Nパス」では、あなたからのメッセージお待ちしています!
テーマは…
「今日、あなたの周りでおきたHappyな出来事」
小さいことでOKですよ!ぜひ送ってください!

そして、twitterでのツイートも大歓迎です!
ぜひ「#nパス795」をつけてツイートしてください!

17:50~20:00
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
パーソナリティー
中山貴大斉藤百香
OPEN
中山貴大 斉藤百香

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!

月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。

今日の担当パーソナリティーは、中山貴大さんと斉藤百香さんです。
中山貴大さんによるDJチャレンジコーナーもオンエア中

ゲストはポップスユニット「EMPTYLOT」です。

自らもアーティストの中山貴大さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
橘 柊生(DISH//)西村真二(ラフレクラン)
OPEN
橘 柊生(DISH//) 西村真二(ラフレクラン)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ガチャヒントクイズ

ダブルスチャレンジの挑戦者募集中!

ニッシーアンサー

魂ゲー

今日のベスツイ

ゲストはFlowBack

岸洋佑「タイトル未定(仮)」

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

真面目にふざける大人の会話聴いてみませんか?

もちろん素敵な音楽も満載です!

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

永遠の夏休み???
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「私が人に自慢できる事」。
 
学生の皆さん!成績表はもらいましたか??
国語は全くダメだけど、理科はいつも成績が「5」!だという人もいると思います。
今夜は皆さんが「人より優れていると思う事や人に自慢できることを
教えてください!

たくさんのメッセージ待っています!

★2時台は、「だいすけ!まな板テレフォン!」
皆さんと真夜中に、一対一で議論を展開したいと思います!
だいすけやかえでと電話でトークしたい皆さん!!
メッセージフォーム「まな板テレフォン」から送って下さい!
 
スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>

★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラスステッカーを!。
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」「玉鷲」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

★2時40分からは、沼田大輔さんと奥 紗瑛子さんがお送りする「恋するスマホ」

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★「だいすけ!東大一直線!捌いちゃうぞ!」
日本の大学の最高位である「東京大学」に今から挑むような気持ちで、
ダンシング逆立ちだいすけ、、
皆さんから送られる「難問」に初見で回答します!
皆さんから「だいすけに初見で答えさせたい難問」を大募集!
その問題を次から次へと、見事に説破していきます。
たくさんの「難問」待ってます!

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
今週のテーマは「タイトルや歌詞に海外の地名が出てくる曲」!
たくさんの“海外の地名リクエスト待っています!

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

ツアーのゲストギタリスト、成美ちゃんがまたまた登場!
さらに成美を掘り下げる?
そしてR!Nちゃんもいるよ!

お楽しみに!

働き方を改革し、自己成長のカギを握る転職 家族のコネより「友人の友人」~海外の日本人論から学ぶ

働き方を改革し、自己成長のカギを握る転職 家族のコネより「友人の友人」~海外の日本人論から学ぶ

『ハーバードの日本人論』(佐藤智恵著、中公新書ラクレ)  外国人が日本を賞賛する、いわゆる“日本すごい”系番組が数年にわたり、長く人気を博している。実際、『世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団』(テレビ朝日系)といった番組のほか、日本のアニメーションの海外での盛り上がりを伝えるニュースなども頻繁に目にする。こうした“日本すごい”系番組の根強い人気の背景にあるのは、「日本人の『日本人論』好き」という傾向だ。では実際、海外で日本人はどのように見られ、どう分析・研究されているのか。書評家・印南敦史氏による、『ハーバードの日本人論』(佐藤智恵著)の解説を通じて見えてきたのは、日本人の「場」を重んじる傾向と、日本における転職のリスクや難しさだった。

【書影】インタビュー掲載者の一覧入りカバー

■米ハーバード大学で研究される『日本人論』から学ぶ成長のヒント

 ここ数年、「日本人すごい!」と、日本人のポテンシャルを持ち上げるテレビ番組が増えた。私自身もたまにダラダラと見てしまうのだが(たいてい後悔する)、なぜ、こうした番組が増えたのだろう?

 そのことについて考えていくと、「外国人からどう見られているか」ということを気にしすぎる日本人ならではの傾向に行き着くような気がする。

『ハーバードの日本人論』(佐藤智恵著、中公新書ラクレ)が注目しているのも、このような問題だ。著者は、NHK、ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局等を経て独立したという経緯を持つ作家・コンサルタントである。

「こうした「日本人のなぜ」についてハーバードの教授陣の視点から解説してもらおうと思ったのが本書を執筆したきっかけである。もちろん主たる目的は「ハーバード大学の教員や学生は日本から何を学んでいるのか」についてお伝えすることであるが、根底には「日本人とは何者なのか」を少しでも解き明かしたいという思いがある。」(「はじめに」より)

 そこで本書ではハーバード大学の10人の教授のインタビューを通し、日本人も(日本人だからこそ、かもしれない)気づかなかった日本の魅力を分析しようとしているのである。

 しかも、その視点はそれぞれがユニークだ。たとえば「メディア論」でモチーフにされているのは、宮崎駿と押井守が描く「テクノロジーと人間」。「美術史」においては、近年、国際的な評価が高まっている江戸時代の絵師、伊藤若冲の表現に焦点を当てている。

「分子細胞生物学」でクローズアップされているのは、日米の食生活の違いと、日本人が長寿である理由だ。かと思えば「比較政治学」では世襲政治家が異常に多い日本の実情に迫り、日本人が人の目を気にする理由を「日本文学」的な視点から探ろうともしている。

■日本人は「場」を重んじる国民

 このように各テーマが興味深く、インタビューの形式がとられているため親しみやすいのだ。そのわかりやすい例として、第6講義・社会学「日本人はなぜ『場』を重んじるのか タテ社会の人間関係と働き方改革」を見てみよう。

 インタビューに答えているのは、ハーバード大学教授であり、エドウィン・O・ライシャワー日本研究所所長 メアリー・C・ブリントン氏。社会学を専門とし、ジェンダーの不平等、労働市場と雇用、社会人口学、現代日本社会学などを研究しているという人物である。

 著者がこの場において注目しているのは、ブリントン氏が著書『失われた場を探して――ロストジェネレーションの社会学』で、日本人が「場」を重んじる国民であることを指摘している点だ。

 そしてブリントン氏は、日本においてこれほど「場」が重要視される理由のひとつとして、他者に対する警戒心が強いことを挙げている。

■日米の転職事情の違いから見る日本の弱点

 だが、そうした「場」を重んじる伝統が、「転職したくてもできない社員」を生み出すようになっているという批判的な意見もある。日本では、転職があまりにも大きな社会的損失を伴ってしまうためだ。

 氏は著書のなかで、転職活動で頼りになるのは「社会関係資本」だと述べているそうだが、だとすればそれをどう活用していけばよいのだろう? ちなみに「社会関係資本」とは、さまざまな目的を達成するために活用することができる人的ネットワークや個人的なつながりのこと。もちろん職探しにも利用することができるという。

「社会関係資本には、「ストロングタイズ」と「ウィークタイズ」があります。前者は、家族や親しい友人などとの強いつながり、後者は「友人の友人」のような弱いつながりを意味します。
 スタンフォード大学のマーク・グラノヴェッター教授が1970年代に行った調査の結果、アメリカ人の男性が転職するとき、その多くがウィークタイズを通じて仕事を見つけていることがわかっています。面白いことに、アメリカでの職探しにおいては、家族のコネよりも、普段あまり会わない「友人の友人」のほうが有効なのです。そのため、アメリカ人は、より多くの求職情報と転職チャンスを得るために、広い人脈を築き、ウィークタイズをたくさん持とうとします。」(159~160ページより)

 一方、ストロングタイズを築くほうが大切だと考えてきたのが日本人だ。たとえば初めて就職活動をするときにも、学校や卒業生などが持つネットワークを利用するのが定石。就職してからも会社頼み、組織頼みの傾向は変わらず、定年前の社員に対しては、子会社などへの「次の職」が斡旋されていた。

 そのため日本人は、個人で努力してウィークタイズを築き、それを使って自分で転職することになれていないわけだ。ところが現在、「場」による斡旋にも限界がきている。

■日本人は「友人の友人」の力に重きをおいてみるべき

 そして雇用のグローバル化が進むなか、日本の人事システムにはもう少し柔軟性と流動性が必要だとブリントン氏は指摘する。企業がすべての面倒を見るような制度は変えていく必要があり、労働、雇用の面においても、さらにグローバル化を推進していくべきだというのだ。

「21世紀の世界で日本が成長していくには、個人がリスクをとっても、次に進めるような社会に変えていかなくてはなりません。」(161ページより)

 少なくとも「友人の友人」の力に重きをおいてみるべきだという考え方のなかには、大きなヒントがあるように思える。もちろんここでご紹介しているのは、全体の一部分にすぎない。しかし、ここからも推測できるように、次の時代をよりよく生きるために活用できそうな考え方を、ハーバードの教授陣はそれぞれの立場から提示してくれている。

 自分に活用できそうなところだけをピックアップしてみるだけでも、未来へ向けた毎日をブラッシュアップできそうだ。
(文/印南敦史)

働き方を改革し、自己成長のカギを握る転職 家族のコネより「友人の友人」~海外の日本人論から学ぶ

関連リンク

2019年6月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所