NOW ON AIR ナウオンエア
06:00~6:55メッセージフォーム
番組名
スギテツのGRAND NACK RAILROAD
06:33 スーパー・ストラット/デオダート
パーソナリティー
スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)久野知美

「クラシックを遊ぶ音楽実験室」
スギテツの杉浦哲郎と岡田鉄平が、音楽と鉄道の「渡り線」となってお送りする55分。

今回は、毎年恒例西武鉄道武蔵丘車両検修場で行われた「西武・電車フェスタ」の会場での収録でお送りします。
鉄道ものまね芸人の立川真司さん、鉄道大好きアナウンサー小笠原 聖さんとのスペシャル・トーク、トラバーサーという車両を平行に移動させる機器の上での演奏などをお送りします。

FAX
6:55~7:00
番組名
NACK5 TRAFFIC
OPEN
NACK5 TRAFFIC

7:00~8:00
番組名
TOKIO WALKER
パーソナリティー
松岡昌宏(TOKIO)
OPEN
8:00~12:00
番組名
びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜
パーソナリティー
ケイザブロー斉藤リョーツ
OPEN
ケイザブロー 斉藤リョーツ

メッセージテーマは「クイズわかるわけない!〜お父さん編〜」
大好評のクイズ企画シリーズ、第6弾!6月16日は『父の日』
今回は、“お父さん”をテーマに、ケイザブロー&斉藤リョーツが、絶対に答えられないクイズを大募集します!

リクエスト・テーマは
「PAPA〜パパ〜」
「父の日」ということで、父の日ソング大募集!

8:30~8:40
番組名
BE-MAX presents 稲川竜生 めざせ健康美人
パーソナリティー
稲川竜生南美希子
OPEN
稲川竜生 南美希子

食事、生活習慣など毎日がちょっと素敵になるヒント、
「健康美人」になるコツをご紹介しているこの番組。

今回のテーマは、
「6月の旬な食べ物でキレイになろう!」。
旬な食べ物は美肌の基本!
この時期に美味しい旬な食材、その効能などをご紹介します。

あなたが体のことで気になっていることは?!

メッセージをくださった方の中から抽選で5名様に、
「太陽のもとでもお肌ケア BE-MAX the SUN およそ1か月分」と、
稲川先生の最新著書、
「奇跡の体内時計ダイエット」をセットでプレゼントします。

皆様のご参加、お待ちしています!!

10:10~10:20
番組名
ADVANCE EARTH
パーソナリティー
三原勇希
OPEN
11:05~11:25
番組名
由紀さおり 音楽の宝石箱
パーソナリティー
由紀さおり
OPEN
12:00~12:55
番組名
服部幸應 WELL TASTE
パーソナリティー
服部幸應保田圭
OPEN
服部幸應 保田圭

弘法にも筆の誤り
空芯菜の魅力
空芯菜のニンニク炒めの作り方
賞味期限と消費期限

16:00~21:00
番組名
カメレオンパーティー
パーソナリティー
土屋礼央佐々木もよこ
OPEN
土屋礼央 佐々木もよこ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

サザンオールスターズのヒット曲メドレー
土屋礼央の音楽解説
スナックもよこで悩み相談
ゲストはGhost like girlfriendと真空ホロウ

22:00~22:30
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
パーソナリティー
鈴木雅之
OPEN
鈴木雅之

マーチン復活ツアーも再開
今夜はメッセージ紹介

22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

3年ぶりの登場!ゲストにキノコホテルのマリアンヌ東雲さんを
お迎えします! 
NEWアルバムのお話、そしてマリアンヌさんの愚痴も聞けちゃうかも!?

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第581回6月16日(日)24時〜24時30分
■ゲスト:Fuki
●公式サイト
http://amuleto.jp/fuki/
●公式ツイッター
https://twitter.com/Fuki_official
-----------------------------------------------------------------------------
■Fukiプロフィール
6月9日生まれ
所属バンド
DOLL$BOXX(ドールズボックス)
Unlucky Morpheus(アンラッキーモルフェウス)
LIGHT BRINGER(ライトブリンガー ※活動休止中)
ニコニコch
Fukiチャンネル
-----------------------------------------------
2011年、ヘヴィーメタルバンドのVoとしてメジャーデビュー。
群を抜いた声量、突き抜けるハイトーン・ヴォイスが特長。
ストロングなメタル・ヴォーカルの発声に、
明るく弾けるような声質を併せ持つ。
ラジオMC、声優、ナレーター、作詞提供など、幅広い分野で活動中。
代表曲は「怪盗ジョーカー」ED主題歌『輝く夜へようこそ!』、
「W’z《ウィズ》」ED主題歌『神様はきっと』、
「イケメン革命◆アリスと恋の魔法」テーマソング『月が満ちる前に』など。 2019年6月12日には2枚目となるソロアルバム
「Million Scarlets」をリリースする。
--------------------------------------------------------------
Fuki(Fuki Commune)
『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』「Sword of Doom II」歌唱
『CRザ ・キング・オブ・ファイターズ』「カルマ」歌唱
『乱れ雪月華 -儚く散る細雪-』主題歌「狂い咲け雪月華」歌唱
『Liber_7』主題歌「Liberator」作詞・歌唱
『新撰組暁風録 勿忘草』主題歌「朝な朝な」歌唱
『怪盗ジョーカー』3-4期ED主題歌「輝く夜へようこそ!」作詞・歌唱
『テラフォーマーズ リベンジ』ED主題歌「Strength」歌唱
『イケメン革命◆アリスと恋の魔法』主題歌「月が満ちる前に」作詞・歌唱
『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』ED主題歌「ログアウトしないで!」作詞・歌唱
『W’z《ウィズ》』ED主題歌「神様はきっと」作詞・歌唱
『夜遊び三姉妹』(日本テレビ系バラエティ番組) ナレーション
『ウノ アタック』『ブロックス』『フィジット』店頭ムービーナレーション
『怪盗ジョーカー』てん吉役
『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』マロン、イヴ、ネコリス役
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年6月12日に、
待望の11曲入りフルアルバム「Million Scarlets」を
リリースすることが決定致しました!!
このアルバムには、TVアニメ「W'z《ウィズ》」の
エンディング主題歌「神様はきっと」、
TVアニメ「怪盗ジョーカー」“シャドウ・ジョーカー”公式イメージソング
「Bloody Rain」のアニメ関連楽曲が収録される他、
声優の小岩井ことりとBLOOD STAIN CHILDのRYUによる
ヘヴィーメタルバンドDual Alter World、Fuki Communeで
楽曲提供しているMao、
たなかひろかず(「めざせポケモンマスター」、「風といっしょに」など)、Tom-H@ck(OxT、MYTH & ROID)など、錚々たる作家陣が参加する。
また、国内外で活躍する女子中学生ギタリストLi-sa-X、ヴァイオリニストJill(Unlucky Morpheus)が演奏で参加、
Fukiと親交の深いソロアーティスト絵恋ちゃんが、2曲歌詞を提供する。

ゴシック、神秘、アナーキー。退廃、電波、ファンタジー。ポップス、
バラード、ヘヴィーメタル、千紫万紅のFukiが開花する!!
==========================================
【Fukiコメント】
「自分が聞きたいFukiの歌声」をめいっぱい収録した、
全力投球のソロアルバムがついにリリースとなります!

TVアニメ「怪盗ジョーカー」“シャドウ・ジョーカー”公式イメージソングの『Bloody Rain』は、実は一年以上前から温めていた楽曲で、
関係各所のご好意を賜り“公式イメージソング”として発表させて頂けることに
なりました。

親交の深いミュージシャンのお力添えと、
素晴らしい楽曲との出会いやご縁に恵まれ、
愛とコダワリを一途に詰め込んだ作品となっています。

今後公開されるMUSIC VIDEOも是非楽しみにお待ち頂ければ幸いです。
==========================================
2019.07.05(Fri) at Hyatt Regency O'hare

「Anime Midwest 2019」

イベント名:Anime Midwest 2019 (アニメミッドウェスト)

開催日時:2019年7月5日〜7日

開催場所:Hyatt Regency O'hare

出演: Fuki

https://mailchi.mp/animecon/anime-music-guests-coming-to-anime-midwest-2019
---------------------------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

「炎上よりも エンジョイを」、“バイトテロ”作品が『アルバイト川柳』グランプリ

「炎上よりも エンジョイを」、“バイトテロ”作品が『アルバイト川柳』グランプリ

『第15回 anアルバイト川柳』グランプリ作品(画像提供:パーソナル キャリア)  アルバイト求人情報サービス『an』(パーソル キャリア)は12日、公募企画『anアルバイト川柳』の受賞作を発表した。15回目を迎える今年、グランプリに選ばれたのは『バイト先 炎上よりも エンジョイを』という作品。近年増加した、アルバイターによる不適切動画のSNS配信をテーマにした川柳だ。これらが生まれる背景や、アルバイト市場の変化などを同社に聞いた。

【アルバイト川柳】『自宅から 現場に出世 警備員』…笑える!泣ける?傑作川柳を全部見せ

■求人情報の老舗『an』、“バイトテロ”ネタをあえてグランプリにした理由

 昨今、アルバイターが勤務先で不適切な動画や写真を撮影し、SNSに投稿して炎上する“バイトテロ”が多発している。特に飲食業界で多く発生し、食品や調理器具を不衛生に扱う内容が物議をかもした。被害を受けた店はどこまで責任を追及すべきなのか? それを防ぐ方法は? といった議論が、毎回ネットでも巻き起こっている。そんなさなか、まさにそれらの問題を想起させる川柳をグランプリに選んだ理由とは?

 同企画を担当するパーソル キャリア株式会社の亀田郷平さんは、“バイトテロ”問題を彷彿させる作品をグランプリにした意図を語る。

 「アルバイトとは本来、初めてのお給料や仲間との出会い、胸がときめく恋など、とってもワクワクする楽しいものであると思っています。実際に大多数の人たちは、仕事や職場に誇りを持って楽しんで働いているんです。本作品は、働くことにポジティブなメッセージをストレートに伝えているものだったので、グランプリに選びました」

 求人情報サービスの老舗である『an』としては、“バイトテロ”多発の理由をどう考えているのか?

 「アルバイトの楽しさややりがいをもって働いていれば、アルバイト先のことが好きになって、このような事件は起きにくいと考えています。好きなれる職場を提供するために、働く側と雇用する側との最適なマッチングを行うことが、我々のような情報を提供する側にとって一番大事なことであり、問題の解決に繋がると考えています」

■キャッシュレスや中年採用、身近なアルバイト事情を映す鏡

 “バイトテロ”も世相を表すテーマだが、今回の佳作の中には、ほかにも今年ならではの作品が選出されている。『あの娘との 円(縁)を引き裂く キャッシュレス』では、キャッシュレス化が進む店頭で働くバイトの心情を表現。ほか、『中年を 5人採用 5G(ファイブジー)』のように、中高年のアルバイト雇用が増加した現状を踏まえた作品も入賞している。

 このように、リアルタイムの事象を切り取る『アルバイト川柳』だが、開始からは15年の年月が経ち、時代による変化も見られるそうだ。

 「第1回のグランプリ『10円を 愛しく感じた 初昇給』、そして第2回目の受賞作『お前もか あの子目当てで シフト決め』などは、まさに“バイトあるある”ですよね。第5回目くらいから、○○王子(『おばさまに シール王子と 迫られる』)、こども店長(第6回『うらやましい こども店長 俺バイト』)のように、時事ネタが増えてきました。ここ2~3年の傾向としては、AIやインスタにまつわることなど、ITトレンドに関するワードが急増していると言えます」

 また、若者が多いせいか「お笑いネタも多い」とか。

 「今回、チョコレートプラネットさんの“そろりそろり”を取り入れた作品なども寄せられました(バイトデビュー賞『初バイト そろりそろりと 皿運ぶ』)。まさにバイトをしている若い人の、リアルな声が寄せられているんだと思います」

 働く人々の川柳といえば、32年もの歴史を持つ『サラリーマン川柳』を思い出す人も多いだろう。それに比べて、アルバイトをテーマにしている特性上、投稿者の年代が比較的若い。応募内容にもより軽やかさが感じられ、時事ネタや流行が敏感に取り入れられているのが『アルバイト川柳』の特徴だ。

 アルバイト市場自体も大きく変化してきたと指摘するのは、同社の西村舞さん。

 「昭和の時代は高度経済成長期と重なっていたため、アルバイトもガテン系の仕事が多かったんです。それが平成に入ると、ファストフードやファミレス、コンビニのバイトが生まれ、いわゆるシフト制勤務という形態が形成されました。これが今も続くアルバイトのイメージの始まりですね。昨今では、アルバイトの仕事内容も多様化しています」

 アルバイトをする人自身の志向も、ここ最近で大きな変化が見えるそうだ。

 「多様な働き方を望む人が増えている傾向にあります。昔、人気のアルバイトといえば誰もが知るコンビニやファミレス。でも今では、自分の趣味や嗜好性に合う仕事先を選ぶ人が増えてきました。加えて、学生さんの中には“就職に役立つような職場で働きたい”という人がとても多いですね」

■「後ろ向きにとらえるのではなく、一緒に笑い合えるように」

 とはいえ、これだけアルバイトが多様化しても、変わらないこともあると亀田さんは語る。

 「初めて労働を経験し、そこから仕事の大変さや楽しさを学ぶことができるのがアルバイトです。それだけに、『an』としても単に“アルバイト=労働”としては考えて欲しくなくて。アルバイトだからこそ得られる経験をポジティブにとらえてほしい、それを発信していくことが重要なミッションだと感じています。『アルバイト川柳』が、そのひとつのツールになってくれたらうれしいですね」

 時代とともに変化してきたアルバイト市場と、そこで働く人々の気持ちを、これら川柳は的確に切り取っていく。“バイトテロ”のような間違ったな吐きだし方をするよりも、よほど有意義のように思う。

 「川柳は、ネガティブなことや後ろ向きなことも、うまく笑いに変えて前向きに発信できる素晴らしい遊びだと思います。仕事だからこそ、しんどいこと、つらいこと、嫌なこともいっぱい出てくる。ただ、それを後ろ向きにとらえるのではなく、誰もが“こんなこともあるよね”と、一緒に笑い合うように『アルバイト川柳』を発信していけたらと思います。この川柳で楽しく発散していただければ、我々もやっている意味があるのかなと思います」

(文:今 泉)

「炎上よりも エンジョイを」、“バイトテロ”作品が『アルバイト川柳』グランプリ

関連リンク

2019年6月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所