NOW ON AIR ナウオンエア
06:00~6:55メッセージフォーム
番組名
スギテツのGRAND NACK RAILROAD
06:33 スーパー・ストラット/デオダート
パーソナリティー
スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)久野知美

「クラシックを遊ぶ音楽実験室」
スギテツの杉浦哲郎と岡田鉄平が、音楽と鉄道の「渡り線」となってお送りする55分。

今回は、毎年恒例西武鉄道武蔵丘車両検修場で行われた「西武・電車フェスタ」の会場での収録でお送りします。
鉄道ものまね芸人の立川真司さん、鉄道大好きアナウンサー小笠原 聖さんとのスペシャル・トーク、トラバーサーという車両を平行に移動させる機器の上での演奏などをお送りします。

FAX
6:55~7:00
番組名
NACK5 TRAFFIC
OPEN
NACK5 TRAFFIC

7:00~8:00
番組名
TOKIO WALKER
パーソナリティー
松岡昌宏(TOKIO)
OPEN
8:00~12:00
番組名
びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜
パーソナリティー
ケイザブロー斉藤リョーツ
OPEN
ケイザブロー 斉藤リョーツ

メッセージテーマは「クイズわかるわけない!〜お父さん編〜」
大好評のクイズ企画シリーズ、第6弾!6月16日は『父の日』
今回は、“お父さん”をテーマに、ケイザブロー&斉藤リョーツが、絶対に答えられないクイズを大募集します!

リクエスト・テーマは
「PAPA〜パパ〜」
「父の日」ということで、父の日ソング大募集!

8:30~8:40
番組名
BE-MAX presents 稲川竜生 めざせ健康美人
パーソナリティー
稲川竜生南美希子
OPEN
稲川竜生 南美希子

食事、生活習慣など毎日がちょっと素敵になるヒント、
「健康美人」になるコツをご紹介しているこの番組。

今回のテーマは、
「6月の旬な食べ物でキレイになろう!」。
旬な食べ物は美肌の基本!
この時期に美味しい旬な食材、その効能などをご紹介します。

あなたが体のことで気になっていることは?!

メッセージをくださった方の中から抽選で5名様に、
「太陽のもとでもお肌ケア BE-MAX the SUN およそ1か月分」と、
稲川先生の最新著書、
「奇跡の体内時計ダイエット」をセットでプレゼントします。

皆様のご参加、お待ちしています!!

10:10~10:20
番組名
ADVANCE EARTH
パーソナリティー
三原勇希
OPEN
11:05~11:25
番組名
由紀さおり 音楽の宝石箱
パーソナリティー
由紀さおり
OPEN
12:00~12:55
番組名
服部幸應 WELL TASTE
パーソナリティー
服部幸應保田圭
OPEN
服部幸應 保田圭

弘法にも筆の誤り
空芯菜の魅力
空芯菜のニンニク炒めの作り方
賞味期限と消費期限

16:00~21:00
番組名
カメレオンパーティー
パーソナリティー
土屋礼央佐々木もよこ
OPEN
土屋礼央 佐々木もよこ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

サザンオールスターズのヒット曲メドレー
土屋礼央の音楽解説
スナックもよこで悩み相談
ゲストはGhost like girlfriendと真空ホロウ

22:00~22:30
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
パーソナリティー
鈴木雅之
OPEN
鈴木雅之

マーチン復活ツアーも再開
今夜はメッセージ紹介

22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

3年ぶりの登場!ゲストにキノコホテルのマリアンヌ東雲さんを
お迎えします! 
NEWアルバムのお話、そしてマリアンヌさんの愚痴も聞けちゃうかも!?

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第581回6月16日(日)24時〜24時30分
■ゲスト:Fuki
●公式サイト
http://amuleto.jp/fuki/
●公式ツイッター
https://twitter.com/Fuki_official
-----------------------------------------------------------------------------
■Fukiプロフィール
6月9日生まれ
所属バンド
DOLL$BOXX(ドールズボックス)
Unlucky Morpheus(アンラッキーモルフェウス)
LIGHT BRINGER(ライトブリンガー ※活動休止中)
ニコニコch
Fukiチャンネル
-----------------------------------------------
2011年、ヘヴィーメタルバンドのVoとしてメジャーデビュー。
群を抜いた声量、突き抜けるハイトーン・ヴォイスが特長。
ストロングなメタル・ヴォーカルの発声に、
明るく弾けるような声質を併せ持つ。
ラジオMC、声優、ナレーター、作詞提供など、幅広い分野で活動中。
代表曲は「怪盗ジョーカー」ED主題歌『輝く夜へようこそ!』、
「W’z《ウィズ》」ED主題歌『神様はきっと』、
「イケメン革命◆アリスと恋の魔法」テーマソング『月が満ちる前に』など。 2019年6月12日には2枚目となるソロアルバム
「Million Scarlets」をリリースする。
--------------------------------------------------------------
Fuki(Fuki Commune)
『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』「Sword of Doom II」歌唱
『CRザ ・キング・オブ・ファイターズ』「カルマ」歌唱
『乱れ雪月華 -儚く散る細雪-』主題歌「狂い咲け雪月華」歌唱
『Liber_7』主題歌「Liberator」作詞・歌唱
『新撰組暁風録 勿忘草』主題歌「朝な朝な」歌唱
『怪盗ジョーカー』3-4期ED主題歌「輝く夜へようこそ!」作詞・歌唱
『テラフォーマーズ リベンジ』ED主題歌「Strength」歌唱
『イケメン革命◆アリスと恋の魔法』主題歌「月が満ちる前に」作詞・歌唱
『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』ED主題歌「ログアウトしないで!」作詞・歌唱
『W’z《ウィズ》』ED主題歌「神様はきっと」作詞・歌唱
『夜遊び三姉妹』(日本テレビ系バラエティ番組) ナレーション
『ウノ アタック』『ブロックス』『フィジット』店頭ムービーナレーション
『怪盗ジョーカー』てん吉役
『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』マロン、イヴ、ネコリス役
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年6月12日に、
待望の11曲入りフルアルバム「Million Scarlets」を
リリースすることが決定致しました!!
このアルバムには、TVアニメ「W'z《ウィズ》」の
エンディング主題歌「神様はきっと」、
TVアニメ「怪盗ジョーカー」“シャドウ・ジョーカー”公式イメージソング
「Bloody Rain」のアニメ関連楽曲が収録される他、
声優の小岩井ことりとBLOOD STAIN CHILDのRYUによる
ヘヴィーメタルバンドDual Alter World、Fuki Communeで
楽曲提供しているMao、
たなかひろかず(「めざせポケモンマスター」、「風といっしょに」など)、Tom-H@ck(OxT、MYTH & ROID)など、錚々たる作家陣が参加する。
また、国内外で活躍する女子中学生ギタリストLi-sa-X、ヴァイオリニストJill(Unlucky Morpheus)が演奏で参加、
Fukiと親交の深いソロアーティスト絵恋ちゃんが、2曲歌詞を提供する。

ゴシック、神秘、アナーキー。退廃、電波、ファンタジー。ポップス、
バラード、ヘヴィーメタル、千紫万紅のFukiが開花する!!
==========================================
【Fukiコメント】
「自分が聞きたいFukiの歌声」をめいっぱい収録した、
全力投球のソロアルバムがついにリリースとなります!

TVアニメ「怪盗ジョーカー」“シャドウ・ジョーカー”公式イメージソングの『Bloody Rain』は、実は一年以上前から温めていた楽曲で、
関係各所のご好意を賜り“公式イメージソング”として発表させて頂けることに
なりました。

親交の深いミュージシャンのお力添えと、
素晴らしい楽曲との出会いやご縁に恵まれ、
愛とコダワリを一途に詰め込んだ作品となっています。

今後公開されるMUSIC VIDEOも是非楽しみにお待ち頂ければ幸いです。
==========================================
2019.07.05(Fri) at Hyatt Regency O'hare

「Anime Midwest 2019」

イベント名:Anime Midwest 2019 (アニメミッドウェスト)

開催日時:2019年7月5日〜7日

開催場所:Hyatt Regency O'hare

出演: Fuki

https://mailchi.mp/animecon/anime-music-guests-coming-to-anime-midwest-2019
---------------------------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

創刊号だけ破格の安さ「デアゴスティーニ」 シリーズ最後まで買う人は何割?

創刊号だけ破格の安さ「デアゴスティーニ」 シリーズ最後まで買う人は何割?

2月より刊行中の『隔週刊 ザ・マジック』。中高年を中心に人気を集めている  「デアゴスティーニ♪」というCMサウンドロゴを、一度は聞いたことがないだろうか。日本最大の「パートワーク(分冊百科)」を主に出版する会社、デアゴスティーニ・ジャパンだ。そのCMでも伝えられているのが、創刊号が “驚きの安さ”であるということ。現在刊行中で好評を得ている「隔週刊 ザ・マジック」も、グッズが付属して390円(以降は1,790円)となっている。メディア&プロモーション マネージャーの長谷川慎一郎さんに、様々な話を伺ってきた。

【写真多数】シリーズ最長7年『スタートレック-ファクトファイル-』の創刊号ほか人気の「週刊 日本刀」など

■これまでで最も長い期間は「7年以上」

 同社のビジネスは、主に「パートワーク」と呼ばれ、一つの分野に特化した膨大な量の情報を、一号一号小分けして提供。その歴史は創設者である地理学者ジョバンニ・デ・アゴスティーニが、1901年にイタリアで「地図」を普及させることを目的として始まっている。ただひとつここで疑問が。創刊号は数百円程度と、はじめて触れる人へのハードルを下げて低価格で販売しているが採算が取れるのだろうか。

【長谷川さん】たしかに創刊号で購入が止まってしまったらかなりの赤字ですね(笑)。その後も継続して買ってくださる方がいてこそ、ビジネスが成り立っています。雑誌のみのシリーズなら、2号目以降は5~600円で、全100号の場合すべて買うと6~7万円ぐらい。また毎号パーツが付属し、全号揃えて模型を完成させるシリーズは、2号目以降は1500~2000円で全100号の場合の総額は15~20万円ぐらいと、商品によって価格も目標販売部数も異なってきます。最初から最後まで購入してくださる方は、創刊号を買ってくださった方の1~2割ぐらいでしょうか。

 デアゴスティーニの魅力は、なんといっても「そろえる喜び」にある。専用のバインダーにファイリングしていく作業が楽しくなって止められない、最後まで買い続けないと模型が完成しないといった理由で、リピーターを増やしていく。

【長谷川さん】模型シリーズは例えば全100号と、号数が決まっているのですが、毎号DVDやミニチュア模型などをコレクションしていくシリーズなどでは、読者のご要望にお応えして、号数を延長することもあります。これまでで一番長いのが「スタートレック-ファクトファイル-」で314号(2003年02月18日~2009年04月07日)。その次が「鉄道データファイル」で300号(2004年02月03日~2009年12月08日)と続きます。計算すると6~7年は続いていることになりますね。

■「マジックブーム7年周期説」に乗って2019年に創刊したところヒット

 現在、デアゴスティーニでは2月より販売が開始された「隔週刊 ザ・マジック」の売上が好調だという。マジック界のアカデミー賞と言われる「マーリン・アワード2018」を受賞したメイガス氏監修のもと、レッスンDVDとマジックグッズが付属している。好調の理由はどこにあるのだろうか。

【長谷川さん】 潜在的にマジックに興味を持っている人は多いですが、マジックを体系的に学べる商品がなく、また道具も1つ1つ買い揃えなければならないため、始めるのには少々ハードルが高いと考えている人が多いということが、事前のリサーチで分かりました。「隔週刊 ザ・マジック」は、毎号プロマジシャンも使用するマジックグッズが付属し、マガジンとDVDの詳しい解説もついているため、初心者の方でも気軽に始められることが人気を得た理由と考えております。

 また商品の企画段階で「マジックブーム7年周期説」があるということを知り、それが今年のタイミングということもあって、2019年の創刊を目指したとのこと。このような商品の企画はどのように考えられているのだろうか?

■社長のアイデアも容赦なく落とされる

 デアゴスティーニは世界33カ国に展開しているが、年間10~15タイトル発売されている商品の多くは日本独自企画で商品テーマを決めており、それらはほぼ社内で考え出されるそうだ。

【長谷川さん】アイデアは社内で誰が出しても良いことになっています。そこから、例えば鉄道を扱うにしても、どういう切り口で取り上げれば継続して買いたくなるのかなどを調査して、案を絞っていきます。さらにその中から、一般の方にサンプルを見てもらって意見を伺うなど、グループインタビューなどの調査を行うこともあります。それらをくぐり抜けてはじめて商品化に至ります。

 ということは、調査の結果が悪ければ、社長のアイデアでもボツになるし、アルバイトが出した案が商品化されることもあるということだ。ちなみに回答していただいている長谷川さんは、昨年4月に『タモリ倶楽部』のデアゴスティーニ回で社員を代表して出演。案出しにおいても多少のアドバンテージがあるのでは……。

【長谷川さん】いえ、そこは平等です。残念ながら私のアイデアはこれまで一度も通らずでして……(笑)。

 ちなみにデアゴスティーニが取り上げるテーマだが、仮面ライダーやガンダム、スポーツカーの日産GT-Rなど、時流に乗る事なく、むしろ若者には少し縁遠いものが多い。

【長谷川さん】多くの商品の主要な購買層は、経済的・金銭的に余裕のある中高年以上の方が多いです。時間とお金に余裕ができて、子供のころに憧れだったヒーローやスポーツカーを思い出して手にとってほしい。また「新しい趣味も始めてみませんか」というご提案の意味も込めています。

 スマホ全盛時代の中、今後も「時間を掛けて少しずつ学んだり、モノ作りをする」ことの楽しさを提案し続けるデアゴスティーニの放つ矢に期待していきたい。

創刊号だけ破格の安さ「デアゴスティーニ」 シリーズ最後まで買う人は何割?

関連リンク

2019年6月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所