NOW ON AIR ナウオンエア
06:00~6:55メッセージフォーム
番組名
スギテツのGRAND NACK RAILROAD
06:33 スーパー・ストラット/デオダート
パーソナリティー
スギテツ(杉浦哲郎、岡田鉄平)久野知美

「クラシックを遊ぶ音楽実験室」
スギテツの杉浦哲郎と岡田鉄平が、音楽と鉄道の「渡り線」となってお送りする55分。

今回は、毎年恒例西武鉄道武蔵丘車両検修場で行われた「西武・電車フェスタ」の会場での収録でお送りします。
鉄道ものまね芸人の立川真司さん、鉄道大好きアナウンサー小笠原 聖さんとのスペシャル・トーク、トラバーサーという車両を平行に移動させる機器の上での演奏などをお送りします。

FAX
6:55~7:00
番組名
NACK5 TRAFFIC
OPEN
NACK5 TRAFFIC

7:00~8:00
番組名
TOKIO WALKER
パーソナリティー
松岡昌宏(TOKIO)
OPEN
8:00~12:00
番組名
びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜
パーソナリティー
ケイザブロー斉藤リョーツ
OPEN
ケイザブロー 斉藤リョーツ

メッセージテーマは「クイズわかるわけない!〜お父さん編〜」
大好評のクイズ企画シリーズ、第6弾!6月16日は『父の日』
今回は、“お父さん”をテーマに、ケイザブロー&斉藤リョーツが、絶対に答えられないクイズを大募集します!

リクエスト・テーマは
「PAPA〜パパ〜」
「父の日」ということで、父の日ソング大募集!

8:30~8:40
番組名
BE-MAX presents 稲川竜生 めざせ健康美人
パーソナリティー
稲川竜生南美希子
OPEN
稲川竜生 南美希子

食事、生活習慣など毎日がちょっと素敵になるヒント、
「健康美人」になるコツをご紹介しているこの番組。

今回のテーマは、
「6月の旬な食べ物でキレイになろう!」。
旬な食べ物は美肌の基本!
この時期に美味しい旬な食材、その効能などをご紹介します。

あなたが体のことで気になっていることは?!

メッセージをくださった方の中から抽選で5名様に、
「太陽のもとでもお肌ケア BE-MAX the SUN およそ1か月分」と、
稲川先生の最新著書、
「奇跡の体内時計ダイエット」をセットでプレゼントします。

皆様のご参加、お待ちしています!!

10:10~10:20
番組名
ADVANCE EARTH
パーソナリティー
三原勇希
OPEN
11:05~11:25
番組名
由紀さおり 音楽の宝石箱
パーソナリティー
由紀さおり
OPEN
12:00~12:55
番組名
服部幸應 WELL TASTE
パーソナリティー
服部幸應保田圭
OPEN
服部幸應 保田圭

弘法にも筆の誤り
空芯菜の魅力
空芯菜のニンニク炒めの作り方
賞味期限と消費期限

16:00~21:00
番組名
カメレオンパーティー
パーソナリティー
土屋礼央佐々木もよこ
OPEN
土屋礼央 佐々木もよこ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

サザンオールスターズのヒット曲メドレー
土屋礼央の音楽解説
スナックもよこで悩み相談
ゲストはGhost like girlfriendと真空ホロウ

22:00~22:30
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
パーソナリティー
鈴木雅之
OPEN
鈴木雅之

マーチン復活ツアーも再開
今夜はメッセージ紹介

22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

3年ぶりの登場!ゲストにキノコホテルのマリアンヌ東雲さんを
お迎えします! 
NEWアルバムのお話、そしてマリアンヌさんの愚痴も聞けちゃうかも!?

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第581回6月16日(日)24時〜24時30分
■ゲスト:Fuki
●公式サイト
http://amuleto.jp/fuki/
●公式ツイッター
https://twitter.com/Fuki_official
-----------------------------------------------------------------------------
■Fukiプロフィール
6月9日生まれ
所属バンド
DOLL$BOXX(ドールズボックス)
Unlucky Morpheus(アンラッキーモルフェウス)
LIGHT BRINGER(ライトブリンガー ※活動休止中)
ニコニコch
Fukiチャンネル
-----------------------------------------------
2011年、ヘヴィーメタルバンドのVoとしてメジャーデビュー。
群を抜いた声量、突き抜けるハイトーン・ヴォイスが特長。
ストロングなメタル・ヴォーカルの発声に、
明るく弾けるような声質を併せ持つ。
ラジオMC、声優、ナレーター、作詞提供など、幅広い分野で活動中。
代表曲は「怪盗ジョーカー」ED主題歌『輝く夜へようこそ!』、
「W’z《ウィズ》」ED主題歌『神様はきっと』、
「イケメン革命◆アリスと恋の魔法」テーマソング『月が満ちる前に』など。 2019年6月12日には2枚目となるソロアルバム
「Million Scarlets」をリリースする。
--------------------------------------------------------------
Fuki(Fuki Commune)
『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA』「Sword of Doom II」歌唱
『CRザ ・キング・オブ・ファイターズ』「カルマ」歌唱
『乱れ雪月華 -儚く散る細雪-』主題歌「狂い咲け雪月華」歌唱
『Liber_7』主題歌「Liberator」作詞・歌唱
『新撰組暁風録 勿忘草』主題歌「朝な朝な」歌唱
『怪盗ジョーカー』3-4期ED主題歌「輝く夜へようこそ!」作詞・歌唱
『テラフォーマーズ リベンジ』ED主題歌「Strength」歌唱
『イケメン革命◆アリスと恋の魔法』主題歌「月が満ちる前に」作詞・歌唱
『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』ED主題歌「ログアウトしないで!」作詞・歌唱
『W’z《ウィズ》』ED主題歌「神様はきっと」作詞・歌唱
『夜遊び三姉妹』(日本テレビ系バラエティ番組) ナレーション
『ウノ アタック』『ブロックス』『フィジット』店頭ムービーナレーション
『怪盗ジョーカー』てん吉役
『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』マロン、イヴ、ネコリス役
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2019年6月12日に、
待望の11曲入りフルアルバム「Million Scarlets」を
リリースすることが決定致しました!!
このアルバムには、TVアニメ「W'z《ウィズ》」の
エンディング主題歌「神様はきっと」、
TVアニメ「怪盗ジョーカー」“シャドウ・ジョーカー”公式イメージソング
「Bloody Rain」のアニメ関連楽曲が収録される他、
声優の小岩井ことりとBLOOD STAIN CHILDのRYUによる
ヘヴィーメタルバンドDual Alter World、Fuki Communeで
楽曲提供しているMao、
たなかひろかず(「めざせポケモンマスター」、「風といっしょに」など)、Tom-H@ck(OxT、MYTH & ROID)など、錚々たる作家陣が参加する。
また、国内外で活躍する女子中学生ギタリストLi-sa-X、ヴァイオリニストJill(Unlucky Morpheus)が演奏で参加、
Fukiと親交の深いソロアーティスト絵恋ちゃんが、2曲歌詞を提供する。

ゴシック、神秘、アナーキー。退廃、電波、ファンタジー。ポップス、
バラード、ヘヴィーメタル、千紫万紅のFukiが開花する!!
==========================================
【Fukiコメント】
「自分が聞きたいFukiの歌声」をめいっぱい収録した、
全力投球のソロアルバムがついにリリースとなります!

TVアニメ「怪盗ジョーカー」“シャドウ・ジョーカー”公式イメージソングの『Bloody Rain』は、実は一年以上前から温めていた楽曲で、
関係各所のご好意を賜り“公式イメージソング”として発表させて頂けることに
なりました。

親交の深いミュージシャンのお力添えと、
素晴らしい楽曲との出会いやご縁に恵まれ、
愛とコダワリを一途に詰め込んだ作品となっています。

今後公開されるMUSIC VIDEOも是非楽しみにお待ち頂ければ幸いです。
==========================================
2019.07.05(Fri) at Hyatt Regency O'hare

「Anime Midwest 2019」

イベント名:Anime Midwest 2019 (アニメミッドウェスト)

開催日時:2019年7月5日〜7日

開催場所:Hyatt Regency O'hare

出演: Fuki

https://mailchi.mp/animecon/anime-music-guests-coming-to-anime-midwest-2019
---------------------------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

有名CMソングの『いすゞエルフ』、Y32型初の『セドリックVIP』が1/64スケールのミニカーに 

有名CMソングの『いすゞエルフ』、Y32型初の『セドリックVIP』が1/64スケールのミニカーに 

「いすゞのトラック~♪」のCMソングがおなじみの『いすゞエルフ』がミニカーに  トミカが誕生した1970年以前のクルマを再現した「トミカリミテッドヴィンテージ(TLV)」と、それ以降をランナップする「トミカリミテッドヴィンテージNEO(TLV-NEO)」。実車や資料を徹底検証して作られたモデルはカーマニアにも好評を得ている。毎月新車を投入しており、5月は、根強い人気の昭和の商用車『いすゞエルフ』と、1990年代前半の名車『セドリック ブロアムVIP』が登場。期待を裏切らない再現力とクオリティを持つ同ブランドのマーケティング統括室 企画2課・圓道智さんに、こだわりを聞いた。

【写真】アラフォー世代が魅せられた日産レパードなど『あぶ刑事』『西部警察』の劇場車(228枚)

■「いすゞのトラック~♪」のCMソングもお馴染み、誕生60周年の『いすゞエルフ』

――誕生から60周年となる『いすゞエルフ』ですが、車種としての魅力は?

【圓道さん】初代エルフはディーゼルエンジンを中心とした2トン積み小型トラックという、現在に至るフォーマットを確立した車種です。その歴史的な意味合いはもちろんですが、ブリキのロボットのようなシンプルな顔つきがいかにも昭和の商用車といった雰囲気で魅力的です。

――以前1/43スケール版を発売され、今回レギュラーである1/64スケール版として発売した理由をお聞かせください。

【圓道さん】最近は1970年以降の車種であるTLV-NEOシリーズがどうしても増えてしまいがちですが、昭和の名車としてのTLVシリーズ、特に根強い人気の商用車は続けていきたいという意向です。TLVシリーズは、「もしもトミカが昭和30年代に存在していたら…」というコンセプトが出発点で、トミカ誕生以前の車種で構成しています。

――エルフは1959年の誕生以来車名が続く老舗ブランドですね。

【圓道さん】トミカが誕生したのは1970(昭和45)年で、エルフは当時最新の2代目が最初の製品化です。ならば、昭和30年代にトミカがあったなら、製品化していたのは当然初代だっただろう… というところが出発点です。1/43スケール版は2010年に製品化しましたが、他社があまり手掛けず、なおかつTLVらしい車種を、という狙い通りの好評をいただきました。

――現在のよく見る車種は6代目だと思いますが、今回62年型(茶)と64年型(緑)の初期モデルを製品化した理由を教えてください。

【圓道さん】製品化の理由は前述の通り、今年がエルフの誕生60周年ということが第一ですが、もう1つは、様々な荷台を載せてバリエーション展開をしたいということがあります。1960年代の街角の写真などを見ると初代エルフの色々なバリエーションが写っていることが多く、身近な存在だったことがうかがえます。

――フロントのエンブレム配置の違いもポイントですが、注目してほしいこだわりはどこですか?

【圓道さん】なかなかミニカーで裏側まで凝ることはないのですが、この初代エルフはシャーシ側のサスペンションやプロペラシャフトなどパーツ類にも凝りましたので、是非裏返してみてください。

■永遠の定番・セドリック/グロリアを1/64スケールで完全再現

――日本を代表する高級車である『日産セドリック/グロリア』。まず初めにその魅力を聞かせてください。

【圓道さん】一見フォーマルで保守的な高級車ですが、新しい技術やアイディアをプラスして時代をリードしてきたことが、セドリック/グロリアの魅力の一つだと思います。もともとライバル同士だったセドリックとグロリアが、メーカーの合併のあと同じ車になりながらも巧みにイメージを分け、50年以上たった今でも、乗っているユーザーのイメージにさえ影響を与えているのも面白いです。

――クルマ好きから最近Y32形の再評価を感じますが、その背景についてどのように見られていますか。

【圓道さん】1980~90年代の車種が趣味の対象として注目されていますが、セドリック/グロリアに関しては1世代前のY31型までの人気が高く、1991年に登場したY32型はその陰に隠れる形でした。ですが、クラシックカーとしての価値が認められつつあるY31型までの価格が上がる一方、バブル時代に開発され、車としての進化の幅が大きいY32型も独自の魅力を持っており、デザインも上品であるとプラスに捉えられ始めています。

――今回製品化に至った経緯は?

【圓道さん】もちろん新車当時は普通に走っていた車ですが、最近急速に残存数が減っており、そういえばと懐かしく思う方も多いのでは、と製品化しました。

――こだわりのポイントを教えてください。

【圓道さん】ヘッドライトを透明パーツで再現していますが、この部分を非常に薄くシャープに再現することができました。また、中央のフロントグリルもメッキ部品に薄い黒を重ねて実車の奥行き感を再現していますので、是非ご注目ください。

――「トミカリミテッドヴィンテージ」「トミカリミテッドヴィンテージNEO」ともに、これまで昭和から平成の名車を数多く作られてきたと思います。今後の製品で取り組んでいきたいことがあれば、お聞かせいただけますか。

【圓道さん】ちょうど30年前の平成元(1989)年は、日本車の黄金期といわれています。様々な名車が生まれ、新技術が現れ、性能でもデザインでも世界を席巻しました。当時私は小学生でしたが、次々現れるどの新車にも心躍らせる魅力がありました。とはいえ、今までにミニカーで製品化されていない車が多々あります。今年のTLV-NEO では、平成初頭のエポックメイキングな車たちを開発中ですので、ご期待ください。

有名CMソングの『いすゞエルフ』、Y32型初の『セドリックVIP』が1/64スケールのミニカーに 

関連リンク

2019年6月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所