NOW ON AIR ナウオンエア
08:00~12:00メッセージフォーム
番組名
びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜
09:01 アイ・シュッド・ビー・ソー・ラッキー/カイリー・ミノーグ
パーソナリティー
ケイザブロー斉藤リョーツ

あなたの笑える我慢エピソード川柳でお願いします
タイトル歌詞等何でも可ラッキー絡み曲リク

FAX
10:10~10:20
番組名
ADVANCE EARTH
パーソナリティー
三原勇希
OPEN
11:05~11:25
番組名
由紀さおり 音楽の宝石箱
パーソナリティー
由紀さおり
OPEN
12:00~12:55
番組名
服部幸應 WELL TASTE
パーソナリティー
服部幸應保田圭
OPEN
服部幸應 保田圭

グリーンピースの栄養
グリーンピースご飯の作り方
オーガニック食材ってなに?

16:00~21:00
番組名
カメレオンパーティー
パーソナリティー
土屋礼央佐々木もよこ
OPEN
土屋礼央 佐々木もよこ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

ゆずヒット曲メドレー
土屋礼央の音楽解説コーナー
スナックもよこで悩み相談
ゲストはASH DA HEROとpredia
アルシェで公開放送

22:00~22:30
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
パーソナリティー
鈴木雅之
OPEN
鈴木雅之

マンスリースペ今夜はトオルと2人でアレコレと

22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

今月のメールテーマは、「僕の、私のプロポーズ」
ひざまずいて指輪パカァ〜を期待していましたが、
中身はネックレスでした。なんで??
とか、僕のプロポーズは考え過ぎた挙句、失敗に終わりました…など
プロポーズの思い出、または理想のプロポーズ教えてください!

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第578回5月26日(日)24時〜24時30分
●ゲスト:MISSION濱田貴司
http://5pb.jp/records/sp/asami/info_detail.html?id=2655
--------------------------------------------------------------------------------
■MISSION情報

・濱田さんは2003年、音楽ユニット『arp(アープ)』のメンバーとして
 メジャーデビュー。

・以降、ドラマ、映画、演劇、アニメなど幅広いジャンルで

 サウンドプロデュースや作曲などを手掛けられています。

・そして2018年に、俳優の福士誠治さんとロックバンド『MISSION』を
 結成。

・2月、渋谷スターラウンジで行われたデビューライブもソールドアウトし、

 今後の活動が大注目となっております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
■『Over The Galaxy〜メッセージ〜』

・タイトルの『Over The Galaxy』は、

今年の3月に多摩六都科学館で行われた

プラネタリウム朗読会で上映した朗読劇のタイトル。

その朗読パートと歌を収録したアルバム。

・朗読劇でMISSONの福士誠治さんと共演した

声優の今井麻美さんとのコラボ。

・シナリオはコープスパーティーシリーズ等を手掛ける

祁答院慎さんが担当。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
福士誠治(MISSION) × 今井麻美 =?? 
新たなる可能性を求めて初のコラボが実現!!

Over The Galaxy〜メッセージ〜

Artist

今井麻美 福士誠治(MISSION)

Price¥3,000(税抜)Product NoUSSW-0182SpecCD

・俳優「福士誠治」と声優「今井麻美」による初のコラボアルバム!

・2019/3/9プラネタリウム朗読会で披露されたコープスパーティーシリーズ等を 手掛ける祁答院慎氏
書き下ろしシナリオによる朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」に加えて 「Over The Galaxy〜メッセージ〜」アナザーストーリーを収録!

・MISSIONとして音楽活動を開始した福士誠治、声優アーティストとして活躍中 の今井麻美それぞれの楽曲に加え

 「Over The Galaxy〜愛が聴こえる〜・MISSION」と
「Over The Galaxy〜君が聴こえる〜・今井麻美」を
Remixした音源「Over The Galaxy」を収録
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
【CD収録曲】 仕様:1枚組
1.Over The Galaxy〜愛が聴こえる〜
歌:MISSION(福士誠治+濱田貴司)
2.Over The Galaxy〜君が聴こえる〜
歌:今井麻美
3.朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」
シナリオ:祁答院慎 声:福士誠治、今井麻美 
音楽:濱田貴司、濱田智之
4.Over The Galaxy
歌:MISSION(福士誠治+濱田貴司) × 今井麻美
5.朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」アナザーストーリー
シナリオ:祁答院慎 声:福士誠治、今井麻美 
音楽:濱田貴司、濱田智之
------------------------------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

「え、食べられる?」ほぼ本物な“ピノ”色鉛筆画が混乱呼ぶ、17歳の作者明かすこだわり

「え、食べられる?」ほぼ本物な“ピノ”色鉛筆画が混乱呼ぶ、17歳の作者明かすこだわり

どうみてもピノそのもの! 画像提供:佐藤稜馬さん  一見すると、「紙の上に実物を置いただけ」の画像が、SNSで話題になる光景をたびたび目の当たりにする。よく見てみると、色鉛筆や絵の具を使って描かれたイラストだ。その“本物過ぎる”イラストに、数万件の“いいね”がつくこともしばしば。その描かれる過程も含めて、注目を集めているようだ。今回は“本物過ぎるピノ”や“三ツ矢サイダーキャンディー”でたくさんのいいねを集めた佐藤稜馬さん(@b5zhUHRUr0NHHVU)に、なぜリアルな絵を描くのか、SNSではどんな反響があったのか、リアルな姿を現役高校生に聞いた。

【写真】まるで冷凍庫から出したてのピノ…斜めから見た“証拠”ショット他リアル絵作品集&制作過程も

■作品が絵だと信じてもらえなかったことも「それは最高の誉め言葉」

――プロフィールを教えてください。

【佐藤稜馬】現在17歳の高校生です。みんなには、「さとぅー」って呼ばれています。

――いつ頃からリアルな絵を描き始めたのですか? 

【佐藤稜馬】描き始めたのは、2017年の12月ごろです。きっかけは友達が色鉛筆でリアルな絵を描いているのを見て、自分も描きたいと思ったことです。

――佐藤さんが描いたリアルな絵を見て、周囲の反響はどんな感じでしたか?

【佐藤稜馬】周囲の反応はみんな予想以上に驚いてくれました。SNSでは、「いいね」をたくさんいただき、次の絵を期待されるようになりました。フォロワーは、4000人以上増えました」。

――SNS上で、ピノやサイダーキャンディの作品が話題になっていましたが、このほかに、「いいね」をあつめた絵はどんなものがありますか?

【佐藤稜馬】これまでSNSにあげたものには、飲料水が入ったペットボトルなどのほか、ミュージシャンやタレントの顔、猫などもありますが、中でも一番反響があったのはやはりピノの絵です。12000以上の「いいね」をいただき、リツイートもこれまでと比べて多く、自分でもその反応にびっくりしました。

――とても精巧な作品ばかりですが、制作時間はどれくらいかかりますか? 

【佐藤稜馬】平均時間は10時間くらいですね。短いものだと6時間くらいで描いたものもありました。これまでで一番時間がかかったのは、三ツ矢サイダーの飴の絵で、2週間ほどかけて完成させました。箱と違って袋は柔らかいので、その陰影をつけるのが難しかったです」

――SNSで制作過程を見せていますね。制作過程を見せようと思ったのはなぜですか?

【佐藤稜馬】絵を見てくれた人が、絵だと信じてくれなかったこともありました。最高の誉め言葉と受け取りましたが、信じてもらうには制作過程を見せることが一番手っ取り早いかなと思いました。リアル絵を描くのは時間も根気も必要なので、「本物にしか見えない」と言われるのは自信にもつながるし、励みになります。

■集中力を保つコツは「好きなものを周りに置かないこと」


――根気が必要とのことですが、制作するときに集中力を保つ方法は?

【佐藤稜馬】描くときは、周りに集中力を削ぐ物を置かないようにしています。普段は漫画を読んだり、服を見たり、買うことが好きなのですが、そういうものから離れたところで描くようにしています。集中力が途切れたり、気分転換する場合は、しばらく何も描かずに時間を置いているのもコツのひとつだと思います。

――リアルな絵を描くうえで、一番こだわっている部分は?

【佐藤稜馬】当たり前なのですが、どれだけ本物に近づけるかということを一番に考えています。コツはシンプルで、本物を「よく見ること」。よりリアルに見えるように、光沢とかしわとか、質感などを丁寧に描くことを心がけています。

――モチーフはどうやって決めていますか?

【佐藤稜馬】なにか特別なものを描くというより、普段の生活の中にあるものを描きたいなというのはいつも思っています。スーパーやコンビニなどお店で、目に止まった物とか。

――これからもリアル絵は描き続けていきますか?

【佐藤稜馬】今は勉強や高校生活が忙しくて、あんまり描いていないのですが、絵を描くことは大好きなので、時間を見つけて描き続けたいと思っています!

「え、食べられる?」ほぼ本物な“ピノ”色鉛筆画が混乱呼ぶ、17歳の作者明かすこだわり

関連リンク

2019年5月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所