NOW ON AIR ナウオンエア
08:00~12:00メッセージフォーム
番組名
びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜
09:01 アイ・シュッド・ビー・ソー・ラッキー/カイリー・ミノーグ
パーソナリティー
ケイザブロー斉藤リョーツ

あなたの笑える我慢エピソード川柳でお願いします
タイトル歌詞等何でも可ラッキー絡み曲リク

FAX
10:10~10:20
番組名
ADVANCE EARTH
パーソナリティー
三原勇希
OPEN
11:05~11:25
番組名
由紀さおり 音楽の宝石箱
パーソナリティー
由紀さおり
OPEN
12:00~12:55
番組名
服部幸應 WELL TASTE
パーソナリティー
服部幸應保田圭
OPEN
服部幸應 保田圭

グリーンピースの栄養
グリーンピースご飯の作り方
オーガニック食材ってなに?

16:00~21:00
番組名
カメレオンパーティー
パーソナリティー
土屋礼央佐々木もよこ
OPEN
土屋礼央 佐々木もよこ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

ゆずヒット曲メドレー
土屋礼央の音楽解説コーナー
スナックもよこで悩み相談
ゲストはASH DA HEROとpredia
アルシェで公開放送

22:00~22:30
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
パーソナリティー
鈴木雅之
OPEN
鈴木雅之

マンスリースペ今夜はトオルと2人でアレコレと

22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

今月のメールテーマは、「僕の、私のプロポーズ」
ひざまずいて指輪パカァ〜を期待していましたが、
中身はネックレスでした。なんで??
とか、僕のプロポーズは考え過ぎた挙句、失敗に終わりました…など
プロポーズの思い出、または理想のプロポーズ教えてください!

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第578回5月26日(日)24時〜24時30分
●ゲスト:MISSION濱田貴司
http://5pb.jp/records/sp/asami/info_detail.html?id=2655
--------------------------------------------------------------------------------
■MISSION情報

・濱田さんは2003年、音楽ユニット『arp(アープ)』のメンバーとして
 メジャーデビュー。

・以降、ドラマ、映画、演劇、アニメなど幅広いジャンルで

 サウンドプロデュースや作曲などを手掛けられています。

・そして2018年に、俳優の福士誠治さんとロックバンド『MISSION』を
 結成。

・2月、渋谷スターラウンジで行われたデビューライブもソールドアウトし、

 今後の活動が大注目となっております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
■『Over The Galaxy〜メッセージ〜』

・タイトルの『Over The Galaxy』は、

今年の3月に多摩六都科学館で行われた

プラネタリウム朗読会で上映した朗読劇のタイトル。

その朗読パートと歌を収録したアルバム。

・朗読劇でMISSONの福士誠治さんと共演した

声優の今井麻美さんとのコラボ。

・シナリオはコープスパーティーシリーズ等を手掛ける

祁答院慎さんが担当。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
福士誠治(MISSION) × 今井麻美 =?? 
新たなる可能性を求めて初のコラボが実現!!

Over The Galaxy〜メッセージ〜

Artist

今井麻美 福士誠治(MISSION)

Price¥3,000(税抜)Product NoUSSW-0182SpecCD

・俳優「福士誠治」と声優「今井麻美」による初のコラボアルバム!

・2019/3/9プラネタリウム朗読会で披露されたコープスパーティーシリーズ等を 手掛ける祁答院慎氏
書き下ろしシナリオによる朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」に加えて 「Over The Galaxy〜メッセージ〜」アナザーストーリーを収録!

・MISSIONとして音楽活動を開始した福士誠治、声優アーティストとして活躍中 の今井麻美それぞれの楽曲に加え

 「Over The Galaxy〜愛が聴こえる〜・MISSION」と
「Over The Galaxy〜君が聴こえる〜・今井麻美」を
Remixした音源「Over The Galaxy」を収録
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
【CD収録曲】 仕様:1枚組
1.Over The Galaxy〜愛が聴こえる〜
歌:MISSION(福士誠治+濱田貴司)
2.Over The Galaxy〜君が聴こえる〜
歌:今井麻美
3.朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」
シナリオ:祁答院慎 声:福士誠治、今井麻美 
音楽:濱田貴司、濱田智之
4.Over The Galaxy
歌:MISSION(福士誠治+濱田貴司) × 今井麻美
5.朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」アナザーストーリー
シナリオ:祁答院慎 声:福士誠治、今井麻美 
音楽:濱田貴司、濱田智之
------------------------------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

“ハイヒール”に“コンビニ飯”…小さすぎる芸術が「本物にしか見えない」ワケ

“ハイヒール”に“コンビニ飯”…小さすぎる芸術が「本物にしか見えない」ワケ

(上)細部まで丁寧に作りこまれた靴ミニチュア。制作・写真/manon(下)開けかけサンドイッチと飲みかけジュース。制作&写真/小さいもの倶楽部  ドールハウスをはじめ、大人のコレクターズアイテムとしても人気のミニチュア。近年では、各地で教室も開かれ、コレクターだけでなく作り手も広がりをみせている。そこで今回、極小ハイヒールを手掛けるミニチュア作家・manonさん、“ミニチュアコンビニ”の制作者、小さいもの倶楽部さんにインタビューを実施。注目クリエイターたちに制作の極意を聞いた。

【写真】まるで本物…じっくり見たいハイヒールにコンビニ飯、神作ミニチュアずらり

■仕上がりが本物らしく見えれば「材料や作り方は問わない」(manonさん)

――ミニチュアクリエイターの中でも、「ハイヒール」をメインにされている方は珍しいと思います。

【manon】  今、神戸に住んでいるのですが、履きだおれの街というだけあり、素敵な靴を見かけることが多いんです。それでミニチュアの靴を作ってみようと思いました。 靴といってもさまざまですが、女性用のパンプスは、色やデザインも豊富で、見ていて楽しいです。その中でもハイヒールは大切な日に履くことが多く、幼いこ ろ1度は憧れた人も多いのではないでしょうか。特別なもの、憧れのものを手にしたときの胸の高鳴りを再現できたら素敵だな、と思い、ハイヒールのミニチュ アを作りました。

――SNS上でも「素敵すぎてため息が…」「トキメキが止まりません…」と、“胸の高鳴り”を伝えるコメントが相次いでいます。多くのファンを魅了するmanon作品ですが、ほかのミニチュア作品との違いや特徴はどんな部分でしょうか?

【manon】  私が作ったハイヒールやパンプスの特徴は、革を使っていないことでしょうか。ミニチュアは、本物の材料と作り方を模して制作する方も多く、靴の場合は革で 作られることが多いと思います。私の場合は、出来上がりがそれに見えれば、材料や作り方は問わないので、材料も作り方も、本来の靴とは全然違います。そのため革製だと難しい色や柄が作れるところが見どころかもしれません。

――制作時のこだわりはどんな点でしょうか?

【manon】 靴を作るときは、定番の色や形のものと、現実では履かないけれど、こんな靴があったら可愛いなと思うものの両方を作っています。現実そのものでもないけれど、まるっきり夢の世界でもない、手を伸ばせば届きそうな憧れの世界を再現出来たらいいなと思っています。

■ 「パッケージされた商品やプラスチック容器が好き」(小さいもの倶楽部さん)

――“ミニチュアコンビニ”を始めたきっかけは何ですか?

【小さいもの倶楽部】 もともとコンビニなどのパッケージされた商品やプラスチック容器が好きでよく買っていたのですが、それをミニチュアで作れたら面白いな!と思って作り始めました。試作を始めた時期ははっきりと覚えていないのですが…2014年の8月頃だったと思います。

――パッケージ商品がお好きというのもユニークですね。

【小さいもの倶楽部】 袋や容器に入った食べ物っていうのが私の中のツボポイントなんです(笑)。特に、お皿がなくてもその場で食べられるように工夫されていたり、商品が美味しそうに見えるように考えられたパッケージ印刷だとテンションあがります。私にとってミニチュア作りの魅力は、大好きなパッケージ商品を小さいサイズで再現できることなんです。あとミニチュアは指のりの写真が撮れるところも楽しいですね。

――これまで最も反響があったのはどんな作品ですか?

【小さいもの倶楽部】 ホットスナックが入った什器だと思います。ホットスナックは茶色い商品が多いので、並べた時にそれぞれのリアルな質感が出せるように色合いや使う粘土を変えて作ったんです。その写真をSNSにアップしたら、ニュースサイトのダイジェストに取り上げられ、フォロワーさんが一気に増えて。たくさんのコメントを頂き、テレビ取材の申し込みもありました。

――ミニチュアコンビニの制作で難しいのはどんな点でしょうか?

【小さいもの倶楽部】 コンビニの商品ってみんながよく知っているものなので、作品をみて「本物のコンビニ商品だと思った」と言ってもらえるようなリアルな色や質感を作り出すのが難しいところですね。そこが面白いところでもあるんですけども。

“ハイヒール”に“コンビニ飯”…小さすぎる芸術が「本物にしか見えない」ワケ

関連リンク

2019年5月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所