NOW ON AIR ナウオンエア
08:00~12:00メッセージフォーム
番組名
びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜
09:14 ラッキープール/JUDY AND MARY
パーソナリティー
ケイザブロー斉藤リョーツ

あなたの笑える我慢エピソード川柳でお願いします
タイトル歌詞等何でも可ラッキー絡み曲リク

FAX
10:10~10:20
番組名
ADVANCE EARTH
パーソナリティー
三原勇希
OPEN
11:05~11:25
番組名
由紀さおり 音楽の宝石箱
パーソナリティー
由紀さおり
OPEN
12:00~12:55
番組名
服部幸應 WELL TASTE
パーソナリティー
服部幸應保田圭
OPEN
服部幸應 保田圭

グリーンピースの栄養
グリーンピースご飯の作り方
オーガニック食材ってなに?

16:00~21:00
番組名
カメレオンパーティー
パーソナリティー
土屋礼央佐々木もよこ
OPEN
土屋礼央 佐々木もよこ
NACK日記(番組ブログ) 番組ツイッター

ゆずヒット曲メドレー
土屋礼央の音楽解説コーナー
スナックもよこで悩み相談
ゲストはASH DA HEROとpredia
アルシェで公開放送

22:00~22:30
番組名
鈴木雅之 FUNKY・BROADWAY
パーソナリティー
鈴木雅之
OPEN
鈴木雅之

マンスリースペ今夜はトオルと2人でアレコレと

22:30~23:00
番組名
generock by yoko yazawa
パーソナリティー
矢沢洋子
OPEN
矢沢洋子

今月のメールテーマは、「僕の、私のプロポーズ」
ひざまずいて指輪パカァ〜を期待していましたが、
中身はネックレスでした。なんで??
とか、僕のプロポーズは考え過ぎた挙句、失敗に終わりました…など
プロポーズの思い出、または理想のプロポーズ教えてください!

24:00~24:30
番組名
THE WORKS
パーソナリティー
桃井はるこユカフィン
OPEN
桃井はるこ ユカフィン

■FM NACK5『THE WORKS』
■第578回5月26日(日)24時〜24時30分
●ゲスト:MISSION濱田貴司
http://5pb.jp/records/sp/asami/info_detail.html?id=2655
--------------------------------------------------------------------------------
■MISSION情報

・濱田さんは2003年、音楽ユニット『arp(アープ)』のメンバーとして
 メジャーデビュー。

・以降、ドラマ、映画、演劇、アニメなど幅広いジャンルで

 サウンドプロデュースや作曲などを手掛けられています。

・そして2018年に、俳優の福士誠治さんとロックバンド『MISSION』を
 結成。

・2月、渋谷スターラウンジで行われたデビューライブもソールドアウトし、

 今後の活動が大注目となっております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
■『Over The Galaxy〜メッセージ〜』

・タイトルの『Over The Galaxy』は、

今年の3月に多摩六都科学館で行われた

プラネタリウム朗読会で上映した朗読劇のタイトル。

その朗読パートと歌を収録したアルバム。

・朗読劇でMISSONの福士誠治さんと共演した

声優の今井麻美さんとのコラボ。

・シナリオはコープスパーティーシリーズ等を手掛ける

祁答院慎さんが担当。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
福士誠治(MISSION) × 今井麻美 =?? 
新たなる可能性を求めて初のコラボが実現!!

Over The Galaxy〜メッセージ〜

Artist

今井麻美 福士誠治(MISSION)

Price¥3,000(税抜)Product NoUSSW-0182SpecCD

・俳優「福士誠治」と声優「今井麻美」による初のコラボアルバム!

・2019/3/9プラネタリウム朗読会で披露されたコープスパーティーシリーズ等を 手掛ける祁答院慎氏
書き下ろしシナリオによる朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」に加えて 「Over The Galaxy〜メッセージ〜」アナザーストーリーを収録!

・MISSIONとして音楽活動を開始した福士誠治、声優アーティストとして活躍中 の今井麻美それぞれの楽曲に加え

 「Over The Galaxy〜愛が聴こえる〜・MISSION」と
「Over The Galaxy〜君が聴こえる〜・今井麻美」を
Remixした音源「Over The Galaxy」を収録
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
【CD収録曲】 仕様:1枚組
1.Over The Galaxy〜愛が聴こえる〜
歌:MISSION(福士誠治+濱田貴司)
2.Over The Galaxy〜君が聴こえる〜
歌:今井麻美
3.朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」
シナリオ:祁答院慎 声:福士誠治、今井麻美 
音楽:濱田貴司、濱田智之
4.Over The Galaxy
歌:MISSION(福士誠治+濱田貴司) × 今井麻美
5.朗読「Over The Galaxy〜メッセージ〜」アナザーストーリー
シナリオ:祁答院慎 声:福士誠治、今井麻美 
音楽:濱田貴司、濱田智之
------------------------------------------------------------------------------

25:00~29:00
番組名
放送休止
OPEN
放送休止

「ド肝抜かれた」大空泳ぐ“マグロのぼり”に込めた大間町の願い

「ド肝抜かれた」大空泳ぐ“マグロのぼり”に込めた大間町の願い

スカイツリーに向かって泳ぐマグロのぼり (C)「すみだ鯉のぼりフェア」すみだカットクラブ  5月5日は端午の節句。子どもの日といえば、青空に泳ぐ、こいのぼりの姿があちこちで見られる季節で「鯉」にとっての晴れの日。最近は、住宅事情などで昔よりは、個人で飾る家も減ったようだが、全国各地で行われる鯉のぼりイベントは人気を呼んでいるようだ。そんな中、東京スカイツリー近くで開催される「すみだ鯉のぼりフェア」では近年、鯉のぼりに交じり、一段と存在感を発揮する「マグロのぼり」が出現していると話題に。マグロのぼりとは何であるのか、イベント担当者に聞いた。

【画像】こんな鯉のぼり見たことある?度肝抜く「マグロのぼり」のご尊顔

■鯉のぼりフェアに登場、巨大な鯉のぼりならぬ「マグロのぼり」

 この「鯉のぼりフェア」の目玉の1つは、「巨大こいのぼり」として人気を博す大間の「マグロのぼり」だ。青森県大間町といえば、毎年年末の「初競り」での最高値を記録する「大間マグロ」の町。2019年も豊洲初競りで「すしざんまい」が史上最高3億3360万円で大間のマグロを落札したことも記憶に新しい。

 さて「マグロのぼり」は、1匹が全長10メートル、胴回り6メートルで、マグロの体にはねぶたの武者絵が描かれている。このマグロのぼりを手掛けるのは大間町のYプロジェクト(株)。2006年からマグロのぼりフルセット(おっとさん、おっかさん、マグロのぼりのマー坊)やミニマグロのぼり(ぐーちゃん、ろーちゃん)を販売。これまでフルセットを40セット、ミニマグロのぼり370匹を作っている。そんなYプロジェクトの島康子さんに話を聞いた。

――マグロのぼりを作ったきっかけは?
【島さん】まちおこしゲリラ活動の中から誕生しました。「5月5日に泳がせる魚が法律で決まっているわけではない。大間はマグロの町だから、マグロを泳がせよう!」というシンプルな発想です。マグロは世界を泳ぎ回る魚(鯉は池の中の魚)だから、「お子さん、お孫さんに、世界に飛び出す人になってほしいなら、マグロのぼりを泳がせましょう」というメッセージです。

――マグロのぼりのこだわりポイントは?
【島さん】なんと言っても、マグロは腹。鯉のぼりは風が通って泳ぎやすい流線形になっていますが、マグロのぼりは腹がブンとしていても、風が通ってキレイに泳ぐ構造になっています。泳がせるとブルンブルンと音がします。また、大間らしい縁起のいい大漁旗のような柄にしています。

■“マグロのぼり” 地元・大間町では身近 背景には「一流の漁師町の誇り」

 このマグロのぼりだが、スカイツリーの下で泳いでいる点が特徴的だ。「すみだ鯉のぼりフェア」自体は「墨田区の団地の子どもたちにも楽しんでもらいたい」として始まり毎年「こどもの日」に合わせて、東京・墨田区にて開催されている。震災被災地の復興や子どもたちの健やかな成長を願って約450以上の鯉のぼりを泳がせている。島さんは、マグロのぼりの東京での反響に驚いたという。

――そもそも、大間町では“マグロのぼり”はどんな存在ですか?
【島さん】マグロ漁師たちが孫や子どものために真っ先にマグロのぼりを注文して、毎年堂々と泳がせてくれています。また、地元の女性団体は、幼稚園、保育園、小学校、中学校に寄贈してくれて…。大間町では皆さんに親しみをもって受け入れられています。

――では、初めてマグロのぼりを見る人も多い「すみだ鯉のぼりフェア」の来場者からはどんな反響がありましたか?
【島さん】「大きさにド肝を抜かれた」「こんなのがあるの!?」との声もいただきました。ドデカい巨大マグロのぼりと鯉のぼりたちが群れになって泳ぐさまを写真に撮ってくれた方がいて、その写真が新聞社の写真コンテストで入賞したことがありました。

――まぐろの産地が全国にある中で大間が大切にしているまぐろの良さは?
【島さん】大間の漁師たちは、1対1でマグロと向き合う「一本釣り」という漁法でマグロを釣り上げます。漁師たちは「マグロを獲る」のではなく「マグロに選んでもらう」と言っています。1本1本のマグロが、大事な、大事な価値の高い海からの恵みです。そのマグロに対する尊敬と感謝と、一流の漁師町の誇りが、マグロのぼりに込められています。

――鯉のぼりの時期にマグロのぼりをやり続ける理由は?
【島さん】いつの日か、この日本をマグロのぼりの国にしたいです。ニッポン列島マグロのぼり化計画と名付けています。鯉のぼりも、江戸時代の町人が泳がせ始めたのをきっかけに、全国に広がりました。ならば、マグロの町・大間で泳がせ始めたマグロのぼりが、全国に広がるかもしれません。

――大間町、まぐろのぼりについて読者に伝えたいことは?
【島さん】子どもの日に向けて大間に来ると、あちらこちらでマグロのぼりが泳いでます。ぜひ、大間町にも遊びに来てください。

「ド肝抜かれた」大空泳ぐ“マグロのぼり”に込めた大間町の願い

関連リンク

2019年5月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所