NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~17:55メッセージフォーム
番組名
FUNKY FRIDAY
11:47 激愛/長渕剛
パーソナリティー
小林克也

今日も9時間生放送!

9時間目「フタを開けてみないと本当にわからない」

イチバン「今のニッポンは進んでいる or 遅れている」

オール・ジャパンシングルTOP20

ラブ・タイム

あの人に贈りたい〜FROM ME TO YOU〜

全英&全米TOP10

TOKYO TOP10

アワフューチャー



FAX
17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

19:10~20:30
番組名
BEAT SHUFFLE
パーソナリティー
浅井博章
OPEN
浅井博章

今日のゲストはBugLug。
先月、ニューシングル『しこたま / 泡沫に咲く柔な花』をリリースして、6月16日には日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを行うBugLugがメンバー全員揃って7時台に生出演!

20:30~21:00
番組名
HOT69
パーソナリティー
AK-69
OPEN
AK-69

武道館公演をリスナーの感想と共に振り返り(後編)

21:00~23:00
番組名
K's TRANSMISSION
パーソナリティー
坂崎幸之助(THE ALFEE)
OPEN
坂崎幸之助(THE ALFEE)

いよいよ平成最後の放送です!

4/26のJ-pop Schoolは「俺の○○!」シリーズ

第11弾は「俺の井上陽水!!」

坂崎さんへの生歌リクエストも待ってます

23:00~25:00
番組名
Hit Hit Hit!
パーソナリティー
柴田 聡
OPEN
柴田 聡

今夜、平成最後のNo.1SONG...4月の月間No.1SONGがアナタの手で決定します。
NACK5タッチ(http://nack5.club/)を準備して、NEXT BREAKを作りましょう!

◆◆◆◆
【Hit Hit Hit!】初の公開収録開催!

4月30日(火)13:00〜14:00「Hit Hit Hit!」公開収録
パーソナリティー:柴田 聡
ゲスト:山崎あおい(2018年度 「Hit Hit Hit!」No.1アーティスト)

◆◆◆◆


番組公式Twitter⇒「@795HitHitHit
番組公式ハッシュタグ⇒「#hit795

25:00~29:00
番組名
FANTASY RADIO
パーソナリティー
春日萌花
OPEN
春日萌花

4月26日の「FANTASY RADIO」!

メッセジーテーマは・・・

【埼玉おすすめマル秘スポット】

平成最後のファンラジは
埼玉愛がギュギュッと詰まったテーマにしてみました!

あなたのおすすめ埼玉スポット、教えてください!
ガイドブックには載っていないようなマニアックな場所、大歓迎!!
どこにあるのか?どんなところなのか?
ガイドさんになったつもりで書いてくださいね!
地名には読みがなを付けていただけるとはるひーとっても助かります(>人<;)

例えば、もしはるひーがおススメするなら‥

桶川市の「桶川の美少女像」です!
ショッピングモールも立ち並ぶ広い道路の県道12号沿いに、
水着姿の女性のコンクリート像が立っています。
身長は140センチ前後でしょうか。
美少女かどうかは、人それぞれの感覚の問題なので何とも言えませんが…
ただ大根のようなむっちりとした太めの足は、僕は好みです!
近くにはなぜか旗を持ったパンダやライオンの像も立っていて、
カオスなスポットです!

こんな感じでしょうか。

「埼玉のことあまり知らないよ(><)」
「県外在住だよ(´・_・`)」
というあなたは
これから行ってみたいスポット
興味のある場所を教えてください。
映画などで盛り上がる埼玉を一緒にバーチャル旅行しましょう!
(いずれは実際に遊びに来てくださいね(*^^*)♪)

メッセジーお待ちしております!!


↓↓   ↓↓    ↓↓


1時20分頃からは「語呂合わせのすゝめ」
楽しく、簡単に“知識”と“教養”を身につけられる素晴らしい方法…
『語呂合わせ』!
このコーナーでは、知識を楽しく簡単に覚えられるような、
オリジナルの語呂合わせをリスナーのみなさんから送っていただき、
最も素晴らしい作品考えてくれた方=語呂センセイを決定します。
先週募集した“知識”の語呂合わせは、
「日本三景(松島/宮城、天橋立/京都、宮島/広島」でした。
どんな語呂合わせが届いているでしょうか? お楽しみに!

これは使える!という、
優れたオリジナルの語呂合わせを送ってきてくれた方には
サイン入りNACK5スッテカーをプレゼント!
語呂はオリジナルのものでお願いします。


1時40分からは「鈴木花純&櫻井里花のフラワーショップ」
女性ボーカルユニット、鈴木花純ちゃんと櫻井里花ちゃんが、
“ほんわかトーク”をお送りします。


2時10分頃からは「ゲストコーナー」
毎週、ジャンルを問わず、素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
今日は、福岡出身、音楽を中心としたエンターテインメントグループ
よかろうもんのみなさんをお迎えします。
よかろうもんへのメッセジー、質問をお待ちしています!


2時35分頃からは「ファンラジ・アニメランド」
ハルヒーおすすめのアニメ作品の紹介、
そして、みなさんからのアニメに関するメッセジーを紹介していくコーナー。
アニメ通の方はもちろん、アニメに詳しくない方という方にも
わかりやすくご紹介します。


3時の時報明けは「いんたま2!」
毎週、「恋」や「流行」などにまつわるGIRL’S TALKを
インスタグラマーのあゆぼー、あやちと一緒にお送りします。
今日は、「越谷生まれのおしゃれ番長」あゆぼーが登場。
お楽しみに!


3時10分頃からは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。

先週発表したお題は…
「長距離走が得意の芝田クンが、学校のマラソン大会でビリに!
 一体何があった?」


そして、3時20分頃からは「まいにち、みつこ」
“おバカ”なことをしてしまうのは、人の常…
そんな、おバカなことをしてしまって落ち込んでいる人に、
人生のマイスター=『猫柳みつこ』が、
素晴らしい「お言葉」と「一句」をプレゼント!
明日からポジティブに生きていけるよう元気づけるコーナーです。


3時35分頃からは「“あいうえお作文”リクエスト」
毎回、3文字のキーワードを設定、その頭文字で始まるタイトルの曲を募集。
そこから3曲をピックアップしてノンストップでお届けする
リクエストコーナー。(新・旧、洋・邦 問いません)

今日のキーワードは、『た・う・え』です!


4時30分からは「魔法が解けた祭り」
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんからの「メッセジー」や「つぶやき」とともにお祭り騒ぎで迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・祭りの時間は、3分ちょうど!(時間が来たら終了です)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


そして、番組ブログ「NACK日記」のお楽しみ企画…
今週は偶数週ということで「ハルヒーのさいたま横断○○クイズ!」

今回ハルヒーは、今日のメッセジーテーマと言える
さいたまの(隠れた)名所に、「ディスカバー彩の国」の保井ひろゆきさんと
行ってきました!(2回目のコラボ!)
その場所のヒントを、1時間ごとに「NACK日記」にアップしますので、
それを手がかりに、どこへ行ったか(その場所、市・町・村)を当ててください。
正解者には、サイン入りNACK5スッテカーをプレゼントします!
当選者の発表は、午前4時15分頃。※回答応募の締め切りは「午前4時」です。


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

43歳、現役最古参アイドル・森下純菜 デビューから23年、活動を続ける理由とは?

43歳、現役最古参アイドル・森下純菜 デビューから23年、活動を続ける理由とは?

デビューから23年、活動を続けるアイドル・森下純菜(撮影/嘉陽宗也)  アイドルと言えば“若い”というのが暗黙の了解である。特に女性アイドルにおいてはフレッシュさは大きな武器のひとつだし、年輪を重ねるにつれグループを卒業し、アーティストや女優を目指すのも一般的だ。そんな中、1996年のメジャーデビュー以来、一度も卒業することなくアイドルを続けているのが森下純菜だ。アイドルにこだわり、アイドルであり続ける理由について聞いた。

【全身ショット】超ミニスカフリフリ衣装! ポーズを決める森下純菜、美脚で魅了

■順風満帆ではない道のりも、「アイドルである自分が大好きだった」という強烈な“自己肯定”

 森下純菜がアイドル活動を始めたのは、1994年。まだ10代の頃だった。姉と一緒に応援していたアイドルグループ・CoCoや、水野あおいが、フリフリで可愛い衣装を身にまとってスポットライトを浴びる姿を見て、いつしか自分も憧れるようになったという。「高校生の時に、思い切って憧れの水野さんが所属している事務所に履歴書を送りました」(森下純菜)
 面接から2週間後には、クラブチッタ川崎でのアイドルライブに出演するなど、さまざまなライブやオーディションにエントリーするなど、話はトントン拍子に進んだ。バラエティ番組『夢がMORI MORI』(フジテレビ)のオーディションでも、結果的には選考漏れとなってしまうが、最終選考まで残った。そして1996年にCDデビューを果たすが、そこからの道のりは“順風満帆”とは言えないものだった。

 当時事務所の稼ぎ頭だった水野あおいが2000年頃に引退することになった際、当然、事務所の経営も不振に陥った。また、当時森下は25歳という年齢で、友人たちが結婚を考え始めていた。「みんなが真剣に将来のことを考えているときに、私はこんな感じでいいのかなと、この頃初めて将来の自分について“不安”を感じたんです」(森下純菜)

 不安を抱えながらも、大好きな芸能活動を諦めることはできなかった。ただし事務所の方針により、これまでと同じような活動はできなくなっていた。台湾での活動を含む、雑誌のグラビアページやテレビ出演などのタレント活動が主になった期間が2年ほど続いた。
 その当時の活動は、どの活動も自分がやりたいと思って始めたことではなかった。しかし、求めてもらえるからには「こういう表現の仕方もあるのかな」と感じ、前向きに、楽しんで活動し、自分の見せ方なども学んだという。
「この経験があったからこそ、ファンのかたの声援を浴びながら歌を歌うことこそが、私のやりたいことだと気付けたんです」(森下純菜)

 その後、事務所を移籍してからは、アイドル歌手の活動一本に専念した。紆余曲折を経て、やはりアイドルを続けることを選んだのは「アイドルをやりたくてやっているという自分の意思があったから。アイドルが好きで、アイドルである自分が大好きだったからに他ならないです」と森下は言う。

■昭和の頃に活躍した古き良きアイドルが理想「“生活感”はアイドルに必要ないし、ファンとは一定の距離感を保つ」

 デビューの頃こそ、幅広い層のファンに支えられたが、そのころからずっと応援してくれるファンも含め、今は同世代から50代くらいの男性が多い。初めてステージに立ってから25年経つが、最近のアイドルに聞かれるような“危険な思い”は一度もしたことがない。アイドルを続けられた理由のひとつに、「ファンに恵まれているのも大きい」とも話す。

 「昭和の頃に活躍したような古き良きアイドルを愛し、その姿勢を貫いているアイドルは他にいないので、大切にしてくれているというのもあるでしょうか」と分析する。今のアイドルは身近な存在であることが普通となっており、SNSでプライベートを明かすこともあれば、ファンと直接交流することも多々ある。しかし、森下のファンである4~50代の男性たちは、手が届かない秘密に守られたアイドルを知っている世代。
 「私にも、そうあってほしいと思っていると思うんです。だから私もプライベートは明かさないし、ブログにも、今何してるとか、どこにいるとか、プライベートなことは具体的には書きません。それに、家の中の写真なども公開しません。そんな“生活感”はアイドルに必要ないと思うし、ファンもそれを求めていないと思うから」(森下純菜)

 昔ながらのアイドルは、ファンと近すぎず、距離感があるという、そんな考え方が、森下のアイドルとしての美学なのだ。

 「ファンとは、一定の距離を保っていたいです。私はショーを見せる側、ファンはそれを見てくれる側。同じ目線ではないと思うんです。だから特定のファンとの交流もしませんし、SNSをフォローすることもしません。でも、エゴサ―チはしていますよ。ライブのあととか、ライブの感想などをダイレクトに感じることができる場所なので(笑)」(森下純菜)


■アイドルでいられることが幸せ「結婚やプライベートを天秤にかけたこともない」

 そんな森下のストイックさはライブパフォーマンス中にも見ることができる。歌ったり踊ったり、熱い照明を浴びていても、水を飲むこともないという。理由は、「ステージに立つ人間として、お客さんの前で水を飲むのは違うと思うからです。それに、水を飲むといったん間が途切れると言いますが……会場の空気感が変わりますしね」(森下純菜)。もちろん、水を飲むことが悪いことだとは思っていない。あくまで、森下が目指すアイドル像の中では、それが美学となっているだけだ。

 「お酒を飲みに行くこともあまりないですね。仕事以外での外出も、必要以上にはしないかもしれません。ストイックと言っていただくこともありますが、自分の目指すアイドルとしての生き方を大事にしているので、苦労とは思っていません。私が目指すアイドル像……フリフリの衣装を着てステージに立って、ライトを浴びてお客様から歓声をいただく……そんなアイドルとして生きていくためなら、どんなことも辛くないんです」(森下純菜)

 これまで結婚や恋愛などのプライベートとアイドルを天秤にかけたことは一度もない。ビジュアルを保つために気をつけていることを聞くと、「早寝早起き」といういたってシンプルな回答だった。アイドルであることが森下純菜の生きる力であり、生活や存在そのもの。だからこそ、自由のないように見えるアイドル生活も苦ではない。

 今後の目標は「これまで通り、アイドルを続けること」と断言する。ライブを中心に活動するその姿勢は崩すことなく、新曲を発表し続けること。定期的にアルバムを出し続けること。また、月に1度主催しているライブには、毎回3、4組のソロアイドルも出演する。結婚や出産などで引退したアイドルも、このステージが戻る場所になればいいなと思い、そうなりつつあるとも語る。

 「アイドルは、一生続けたい。ファンに声援をいただいて作品を残し続けること。今の森下純菜を守っていくことですね。森下純菜はファンを裏切りません」(森下純菜)。

(文/高田 薫)

43歳、現役最古参アイドル・森下純菜 デビューから23年、活動を続ける理由とは?

関連リンク

2019年4月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所