NOW ON AIR ナウオンエア
09:00~17:55メッセージフォーム
番組名
FUNKY FRIDAY
11:53 GOD'S GONNA CUT YOU DOWN/JOHNNY CASH
パーソナリティー
小林克也

今日も9時間生放送!

9時間目「フタを開けてみないと本当にわからない」

イチバン「今のニッポンは進んでいる or 遅れている」

オール・ジャパンシングルTOP20

ラブ・タイム

あの人に贈りたい〜FROM ME TO YOU〜

全英&全米TOP10

TOKYO TOP10

アワフューチャー



FAX
17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

19:10~20:30
番組名
BEAT SHUFFLE
パーソナリティー
浅井博章
OPEN
浅井博章

今日のゲストはBugLug。
先月、ニューシングル『しこたま / 泡沫に咲く柔な花』をリリースして、6月16日には日比谷野外大音楽堂でワンマンライブを行うBugLugがメンバー全員揃って7時台に生出演!

20:30~21:00
番組名
HOT69
パーソナリティー
AK-69
OPEN
AK-69

武道館公演をリスナーの感想と共に振り返り(後編)

21:00~23:00
番組名
K's TRANSMISSION
パーソナリティー
坂崎幸之助(THE ALFEE)
OPEN
坂崎幸之助(THE ALFEE)

いよいよ平成最後の放送です!

4/26のJ-pop Schoolは「俺の○○!」シリーズ

第11弾は「俺の井上陽水!!」

坂崎さんへの生歌リクエストも待ってます

23:00~25:00
番組名
Hit Hit Hit!
パーソナリティー
柴田 聡
OPEN
柴田 聡

今夜、平成最後のNo.1SONG...4月の月間No.1SONGがアナタの手で決定します。
NACK5タッチ(http://nack5.club/)を準備して、NEXT BREAKを作りましょう!

◆◆◆◆
【Hit Hit Hit!】初の公開収録開催!

4月30日(火)13:00〜14:00「Hit Hit Hit!」公開収録
パーソナリティー:柴田 聡
ゲスト:山崎あおい(2018年度 「Hit Hit Hit!」No.1アーティスト)

◆◆◆◆


番組公式Twitter⇒「@795HitHitHit
番組公式ハッシュタグ⇒「#hit795

25:00~29:00
番組名
FANTASY RADIO
パーソナリティー
春日萌花
OPEN
春日萌花

4月26日の「FANTASY RADIO」!

メッセジーテーマは・・・

【埼玉おすすめマル秘スポット】

平成最後のファンラジは
埼玉愛がギュギュッと詰まったテーマにしてみました!

あなたのおすすめ埼玉スポット、教えてください!
ガイドブックには載っていないようなマニアックな場所、大歓迎!!
どこにあるのか?どんなところなのか?
ガイドさんになったつもりで書いてくださいね!
地名には読みがなを付けていただけるとはるひーとっても助かります(>人<;)

例えば、もしはるひーがおススメするなら‥

桶川市の「桶川の美少女像」です!
ショッピングモールも立ち並ぶ広い道路の県道12号沿いに、
水着姿の女性のコンクリート像が立っています。
身長は140センチ前後でしょうか。
美少女かどうかは、人それぞれの感覚の問題なので何とも言えませんが…
ただ大根のようなむっちりとした太めの足は、僕は好みです!
近くにはなぜか旗を持ったパンダやライオンの像も立っていて、
カオスなスポットです!

こんな感じでしょうか。

「埼玉のことあまり知らないよ(><)」
「県外在住だよ(´・_・`)」
というあなたは
これから行ってみたいスポット
興味のある場所を教えてください。
映画などで盛り上がる埼玉を一緒にバーチャル旅行しましょう!
(いずれは実際に遊びに来てくださいね(*^^*)♪)

メッセジーお待ちしております!!


↓↓   ↓↓    ↓↓


1時20分頃からは「語呂合わせのすゝめ」
楽しく、簡単に“知識”と“教養”を身につけられる素晴らしい方法…
『語呂合わせ』!
このコーナーでは、知識を楽しく簡単に覚えられるような、
オリジナルの語呂合わせをリスナーのみなさんから送っていただき、
最も素晴らしい作品考えてくれた方=語呂センセイを決定します。
先週募集した“知識”の語呂合わせは、
「日本三景(松島/宮城、天橋立/京都、宮島/広島」でした。
どんな語呂合わせが届いているでしょうか? お楽しみに!

これは使える!という、
優れたオリジナルの語呂合わせを送ってきてくれた方には
サイン入りNACK5スッテカーをプレゼント!
語呂はオリジナルのものでお願いします。


1時40分からは「鈴木花純&櫻井里花のフラワーショップ」
女性ボーカルユニット、鈴木花純ちゃんと櫻井里花ちゃんが、
“ほんわかトーク”をお送りします。


2時10分頃からは「ゲストコーナー」
毎週、ジャンルを問わず、素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
今日は、福岡出身、音楽を中心としたエンターテインメントグループ
よかろうもんのみなさんをお迎えします。
よかろうもんへのメッセジー、質問をお待ちしています!


2時35分頃からは「ファンラジ・アニメランド」
ハルヒーおすすめのアニメ作品の紹介、
そして、みなさんからのアニメに関するメッセジーを紹介していくコーナー。
アニメ通の方はもちろん、アニメに詳しくない方という方にも
わかりやすくご紹介します。


3時の時報明けは「いんたま2!」
毎週、「恋」や「流行」などにまつわるGIRL’S TALKを
インスタグラマーのあゆぼー、あやちと一緒にお送りします。
今日は、「越谷生まれのおしゃれ番長」あゆぼーが登場。
お楽しみに!


3時10分頃からは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。

先週発表したお題は…
「長距離走が得意の芝田クンが、学校のマラソン大会でビリに!
 一体何があった?」


そして、3時20分頃からは「まいにち、みつこ」
“おバカ”なことをしてしまうのは、人の常…
そんな、おバカなことをしてしまって落ち込んでいる人に、
人生のマイスター=『猫柳みつこ』が、
素晴らしい「お言葉」と「一句」をプレゼント!
明日からポジティブに生きていけるよう元気づけるコーナーです。


3時35分頃からは「“あいうえお作文”リクエスト」
毎回、3文字のキーワードを設定、その頭文字で始まるタイトルの曲を募集。
そこから3曲をピックアップしてノンストップでお届けする
リクエストコーナー。(新・旧、洋・邦 問いません)

今日のキーワードは、『た・う・え』です!


4時30分からは「魔法が解けた祭り」
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんからの「メッセジー」や「つぶやき」とともにお祭り騒ぎで迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・祭りの時間は、3分ちょうど!(時間が来たら終了です)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


そして、番組ブログ「NACK日記」のお楽しみ企画…
今週は偶数週ということで「ハルヒーのさいたま横断○○クイズ!」

今回ハルヒーは、今日のメッセジーテーマと言える
さいたまの(隠れた)名所に、「ディスカバー彩の国」の保井ひろゆきさんと
行ってきました!(2回目のコラボ!)
その場所のヒントを、1時間ごとに「NACK日記」にアップしますので、
それを手がかりに、どこへ行ったか(その場所、市・町・村)を当ててください。
正解者には、サイン入りNACK5スッテカーをプレゼントします!
当選者の発表は、午前4時15分頃。※回答応募の締め切りは「午前4時」です。


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

熊本の被災地で見えた“ペット防災“の今、批判あれど「同行避難こそのメリット」

熊本の被災地で見えた“ペット防災“の今、批判あれど「同行避難こそのメリット」

被害の大きかった益城町を往診する獣医師・徳田竜之介先生  甚大な被害をもたらした熊本地震から、早くも3年が経過した。人間の防災・避難はもちろんだが、人口の2、3割がペットを飼っているという現在、“ペット防災”もまた、見過ごせない問題である。実際に、熊本の被災地でも多くの飼い主やペットが困難に陥ったが、自らの病院を“人とペットが24時間一緒にいられる同伴避難所”として開放して救ったのが、獣医師の徳田竜之介先生だ。ノンフィクションの児童書『竜之介先生、走る! 熊本地震で人とペットを救った動物病院』(ポプラ社)で、その奮闘ぶりを記録した著者・片野ゆか氏に、被災地で起こった混乱と、ペット防災の今を聞いた。

【写真】被災地でもたくましく! 益城町や避難所で暮らす犬猫たち

■3.11を教訓に建て直された病院でペット同伴避難を受け入れ

 「熊本の被災地を取材して一番感じたのは、動物を連れていることによって、飼い主自身も”弱者”になってしまう、ということ。災害で飼い主が動揺すると、それはペットにも伝染する。普段はおとなしいペットでも鳴き続けてしまい、避難所では『うるさい』『迷惑だ』と非難されてしまうんです。もし怪我をしていたら、攻撃的にもなります。パニックの動物を抱えて、避難に困ってしまう飼い主の姿をたくさん目にしました」

 “犬の殺処分ゼロ”を誇る熊本を、震災の前から幾度となく取材で訪れていたという片野さん。第二の故郷のように感じている熊本が被災し、居ても立ってもいられず取材する中で、獣医師・徳田竜之介先生と出会った。3.11を教訓に、災害時を想定して建て直された病院で、延べ1500組のペット同伴避難を受け入れた竜之介先生から学ぶことは、非常に大きかったという。

 「熊本には古い家屋が多く、建物は次々に崩壊し、残った住居の中も倒れた家具や割れたガラスなどでいっぱい。そんな中、自身や病院スタッフも被災者であるにも関わらず、竜之介先生は行き場のない飼い主とペットに病院のビルを丸ごと開放されました。ニュースも届かず、自分の置かれている状況すら把握できない中で様々な判断を下すことは、あとあと責任を問われかねないことも多かったはずです。でも竜之介先生は、“迷うくらいならやる!”という信念の持ち主。同伴避難所の開設は、行動の早い竜之介先生だからこそ、成し得たことだと思います」

■明確なルールがないから、一人の不満の声が多数派となる

 そんな獣医師たちの奮闘も直接的なメッセージとなり、ペット防災に注目が集まってきたのは事実。多くの人々がペットと暮らしている現在、飼い主のみならず、行政レベルの取り組みがより重要だと片野さんは考える。

 「2013年、環境省は災害時に飼い主の責任で、ペット同行避難をすることを基本にするガイドラインを策定しました。ただ、実際の取り組みは、各地方自治体によって様々。避難所の運営は市町村ごとの判断になるので、ペット対応の準備をするかどうかは、体育館を管理する学校や団体などによります。フードの備蓄やキャリーを準備している自治体もあれば、何をすればいいかすらわからない自治体もある。そんな現実を見ると、ガイドラインだけでなく、行政が具体的なやり方を紹介したり、明確なルールを作ってくれれば、誰もが従いやすいと思うんです。

 きちんとしたルールがないから、誰か一人があげた不満の声が多数派となり、ペット同伴がリスクになってしまう。これは動物だけに言えることではなく、赤ちゃんや高齢者、身体の不自由な方、同伴している方にも言えることでしょう。ケアを必要とする人が弱者になってしまう、そんなことにならないようしなければいけません。動物が好きな人もそうでない人も協力しあえるように、時代の流れとともに変化するペット防災について、飼い主が知っておくことが重要です」

■中越地震、東日本大震災を経て変化…ペット同行避難のメリット


 「2004年に新潟中越地震が起きた当時は、『ペットは置いて避難するべき』というのがルールでした。ところが、さらに大きな東日本大震災が起きた際には、置いていったペットの救出や処置で、のちのち多大な時間や経費、労力がかかってしまった。それによって、最初から飼い主がペットを連れて避難したほうが後々の負担が軽減する、ということを行政も学んだんです。それからペット同行避難への理解が増し、改善の方向へと進みだしました。

 とはいえ、最近の災害の際にも、ペット同行避難の映像がニュースで映ると、一部で批判の声が聞かれることもあります。同行避難は、実は“人間の救助に集中できる”という大きなメリットがあるということを、より多くの方々に知ってもらいたいと思います」

■被災地の現実を知る片野氏が提言、同行避難を想定した準備

 さらなる行政の対応を待ちつつ、飼い主それぞれが備えることももちろん大切だ。災害時にペットを連れて避難することを想定して、いかなる準備をすべきだろうか。被災地の現実を知る片野さんならではの、具体的なアドバイスを聞いた。

【フードと水の用意 】
 「普段より食べる量が減ることが多いので、フードは5日分くらいを用意しておけば、救援物資が届くまでもつでしょう。水については、人間用の物資を転用すると批判が起こりかねないので、ペット用はできるだけ飼い主が用意したいところ。ある避難所では、人間用とまったく同じ水でも、『ペット用』とマジックで大きく書かれていました。しっかり区別がついているだけで、ペットにまつわるトラブルは減るかもしれません」

【普段使っているケージで避難】
「災害時には動物もショックを受けるため、慣れた環境に少しでも近いものを用意してあげる必要があります。ケージはいわば自分専用の部屋であり、ベッドごと移動しているようなもの。慣れたケージに入って避難するだけで、ペットの安心度も違います」

【常用薬や療法食を準備】
 「病気療養中のペットにとって、一番大切なもの。避難時に薬も持ち出せればいいのですが、できないこともある。そんなときのために、薬の銘柄と量をあらかじめ控えておく。または写真を撮っておくと良いでしょう」

【迷子札とマイクロチップを装着】
「ペットが驚いて家から飛び出してしまうこともあるので、首輪に迷子札をつけたり、マイクロチップを使うことをお勧めします。飼い主と離れて迷子になってしまった子は、痩せて首輪も外れてしまうので、マイクロチップの併用をお勧めします」

【外の環境に慣らしておく】
「犬は日頃からドッグカフェなどに行っておくことで、家とは違う室内でも静かにしていられるようになります。他にも、ドッグランなどで多くの犬と触れ合ったり、いろんな経験をしておくといいでしょう。猫であれば、ハーネスをつけて散歩の練習をすることも有効です。避難所では猫はケージに入れっぱなしになってしまうので、リードをつけた状態でも運動ができるようにしておくといいと思います。いつもと違う環境でも怖がらない、そういう訓練が災害時に犬猫の命を救うことにもつながるんです」

【飼い主同士での連携】
「災害発生から数日すれば、同伴避難所や動物病院についての情報がネットなどでも伝わってきます。ただそれも、受け入れや救出に限界があるため、普段から近所の飼い主同士で連携をとれるようにしておくと、何かと心強い。飼い主が外出中の被災や、自分が怪我をして迎えに行けないとき、ペットを託せるような協力体制を築いておくといいと思います」

【ペットの預かり先は自治体などに相談】
「災害時、動物を無料で預かってくれるボランティア団体もありますが、中には後になって費用が必要だと言われたり、ペットを返してもらえない…といったトラブルも発生しています。どうしても預けなければいけない場合には、自治体や動物病院から紹介してもらったボランティアにお願いすることをお勧めします」

■閉塞感漂う避難所の癒しに…守るだけでなく、動物から得られるメリット

人と動物が安全に、安心して避難できるように。まずは日頃から行政の動きに注目し、必要なものを備えた上で素早い判断と行動ができるよう心の準備をしておくべきなのだ。愛すべきペットを守れるのは、私たち人間だけなのだから。

「私が訪れた熊本の避難所では、性格が穏やかなゴールデンレトリーバーが避難所の人気者になっていました。誰もが不安で傷つき、やることもなく閉塞感が漂う避難所では、動物に癒されることも多いんですよね。守るだけではなく、大変なときだからこそ動物から得られるメリットがあることを、たくさんの方に知ってもらいたいと思います」

(文:川上きくえ)

熊本の被災地で見えた“ペット防災“の今、批判あれど「同行避難こそのメリット」

関連リンク

2019年4月号<藤田翔>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所