NOW ON AIR ナウオンエア
20:00~23:00メッセージフォーム
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
橘 柊生(DISH//)西村真二(ラフレクラン)
橘 柊生(DISH//) 西村真二(ラフレクラン)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ダブルスチャレンジの参加者募集中!
ニッシーアンサー
ゲストはUNIONE

町あかりの町のどうぶつ園

FAX
23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

今週も楽しくてちょっとだけ大人なトークと
素敵な音楽満載でお送りしていきます

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

4月からも継続・・・???まじですか???
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「好きなカレーと好きなラーメン」

もはや、国民食といっても過言ではない「カレーとラーメン」!
皆さんは、何カレーと何ラーメンが好きですか??
皆さんの胃袋を満たす、国民食の話題で盛り上がりましょう!
   
逆にカレーやラーメンが苦手という方は、どうして苦手なのか
教えてください。
放送の後は、、、皆さん、カレーかラーメン食べましょう!!

★2時台のお客様は、シンガーとして、モデルとして活動を展開する
「やのあんな」さんです!

「やのあんな」さんへの質問・メッセージ待っています!

スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>
★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラスステッカーを!。
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」「玉鷲」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★「だいすけ!私の逆ギレ宣言!」
皆さんが日ごろ、口に出して言えないけど言いたい「逆ギレ」「心の叫び」を
大募集します!
「誰に、何て逆ギレ宣言したいのか?」を書いて送ってください!
多くの皆さんと一緒に思いを共感しませんか!?

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
リスナーの皆さんに感謝を込めて、皆さんのラジオネームをテーマに
セレクトしてお届けします。

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

『Aldious討論会』
今回のテーマは???

お楽しみに!

日本でたった一人“レゴ認定プロビルダー”仕事の哲学「マネされることも喜び」

日本でたった一人“レゴ認定プロビルダー”仕事の哲学「マネされることも喜び」

自作のレゴのマグロを持つ三井さん 画像提供:三井淳平さん  1934年のレゴ社が設立から85年、プラスチック製となってから70年の歴史となるブロック玩具、レゴブロック。子どもの創造力をのばす玩具として、世界中で親しまれている。また、魅了されるのは子どもだけではなく、レゴブロックを組み立てては“作品”をSNSにアップしている大人も多数いる。そんな中、レゴ社が公式に認定する“レゴ認定プロビルダー”が世界に10数人存在する。日本にはたったひとりである“レゴ認定プロビルダー”としてレゴブロックを“ビルド”する三井淳平さんに話を聞いた。

【写真】これは渋谷⁉ あの街やあのスタジアムも再現! プロのすごすぎるレゴ作品フォトギャラリー

■できるだけ入手しやすい基本的なブロックを使って作品制作

――レゴ認定プロビルダーとはどんな職業でしょうか?

三井さん「レゴ認定プロビルダーとは、レゴブロックを使ってビジネスを行うことをレゴ社に公式に認められた人で、レゴブロックを使った作品制作などを仕事にしています。主に企業などから依頼を受けて、展示用の作品などを制作しています」

――プロビルダー目指したきっかけとは、どんなものでしょうか?

三井さん「認定プロビルダーの制度があることを知ったとき、自分によく合った仕組みだと思いました。色々な企業と組んでプロジェクトを企画することができますし、自由度の高い作品制作が可能です」

――いつからレゴが好きなのでしょうか? また、レゴ歴何年くらいでビルダーになられたのでしょうか?

三井さん「子どもの時からずっとレゴが好きで遊び続けています。“レゴ認定プロビルダー”になったのは8年前ですが、当時は他の仕事と兼任していて、フルタイムで活動するようになったのは4年前からです」

――作品を制作するうえでの、三井さんならではのこだわりは?

三井さん「できるだけ入手しやすい基本的なブロックを使って作品制作をするようにしています。作品を見た人が『パーツを持っていないから作れない』とならないように、『ちょっとマネして作ってみたいかも』と思っていただきたいためです」

――失敗することはあるのでしょうか? これまでに一番ヒヤッとした失敗があれば教えてください。

三井さん「作品の制作途中はいつも試行錯誤の繰り返しです。特に強度面は作ってみないと分からない場合もあり、技術的に難しいこともあります。作っている途中で強度が足りないと感じたときには、構造を変えたり補強を増やしたり工夫が必要になります」

――大きい作品になると、悩みも多くなりそうですね?

三井さん「そうですね。大きくなれば強度の苦労も増します。また、作品が想定以上に大きくなってしまうことも多くあるんです。そうすると、重すぎて制作現場から運び出すのに苦労するなんてこともありますね」


■小さな作品の集合体が大作に 世界中に“レゴ友”を作れるツールでもある

――壮大な作品のときなど、途中で嫌になることはないのでしょうか?

三井さん「とても大きな作品であっても小さい作品の集合体なんですよね。たとえば街のジオラマであれば、背景の山を作ったり、高層ビルを作ったり、街を走る車を作ったり、作る部分によって気分を変えることができるので、ひとつひとつのパーツを作っているときは飽きることはありません。また、ミニフィグ(人形)を並べるのもブロックを積むのとはまた違った楽しみがあります。なので、嫌になるということはないですね!」

――制作時間はどれくらいかかるのでしょうか?

三井さん「一つの作品に2~3ヵ月程度時間をかけることが多いです。大きな作品になると制作に半年、準備も含めると1年近くかかることもあります」

――どんなものをテーマに扱うことが多いですか? 構成案を作ってから組み立てるのでしょうか?

三井さん「企業から依頼を受けて作品制作を行うため、製品・キャラクターの再現や、ジオラマの制作など、元々あるものを再現することが多いです。一枚ラフスケッチを作成し、お客さんとイメージを共有しながら作品制作を進めていきますが、ブロックを積み上げるための細かい構成案は作成していません」

――これまでに自分の中で特にお気に入りという作品があれば教えてください。

三井さん「お気に入りは10年近く前に作ったホワイトタイガーの作品ですね。動物の質感をうまく表現できたと思います。全長60cm程度のサイズで、私の作品の中では小さめなので、今後そのホワイトタイガーの実物大バージョンを作ってみたいなって思っています。この10年間で制作に関するノウハウが蓄積されているため、単純なサイズアップではなく技術面でも面白い作品づくりができるのではないかと考えています」

――三井さんにとって、レゴブロックとはどんなものですか?

三井さん「二つの側面があると思っています。一つはだれでも気軽に何でも作れる便利な素材であるということ。再現性が高いので、試行錯誤しながらものづくりをするには最高の素材です。もう一つは、コミュニケーションツールです。幅広い世代、地域で親しまれているし、視覚的に楽しめるからたとえ言葉が通じなくてもわかりあえるものだと思います。特に今はSNSでごく簡単に作品を披露することができますし、共通の趣味を通して子どもから大人まで世界中に“レゴ友達”が作れます。作って、共有して楽しめる。無限に楽しみの広がるツールですね!」

日本でたった一人“レゴ認定プロビルダー”仕事の哲学「マネされることも喜び」

関連リンク

2019年2月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所