NOW ON AIR ナウオンエア
17:50~20:00メッセージフォーム
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
18:41 Why I’m Me/RIZE
パーソナリティー
中山貴大小林千鶴

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!
月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。
今日の担当パーソナリティーは、中山貴大さんと小林千鶴さんです。

群馬県のスキー情報をお届けするコーナー「ググっとぐんま」の他、

ゲストは歌手の「杉本和也さん」です。
自らもアーティストの中山貴大さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

FAX
20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
橘 柊生(DISH//)西村真二(ラフレクラン)
OPEN
橘 柊生(DISH//) 西村真二(ラフレクラン)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ダブルスチャレンジの参加者募集中!
トーイアンサー
ゲストはFlowBack
町あかりの町のどうぶつ園

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

チョット楽しい大人の会話と素晴らしい音楽が満載!
ゆったり気分で楽しんでね!

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

花粉の営業で、、、、、滑舌が??
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「海外旅行の想い出!」

2月20日は「旅券(パスポート)の日」です。
1878年(明治11年)のこの日、「旅券」という用語が日本の法令上
初めて使用されたことから、外務省が1998年(平成10)年に制定しました。
それまでは、パスポート<旅券>うぃ「御印章」と呼んでいたそうです。

そこで、皆さんがこれまでに行った海外旅行の想い出(失敗談、感動話)
を大募集します!

海外旅行に「まだ、出かけた事がないよ、、、、」っていう方は
どこに国に行って何をしてみたいか? また、海外旅行に出かけた
お友達の失敗談でもOKです!

たくさんのメッセージ待っています!

★2時台のお客様は、秩父が生んだ4ピースロックバンド
 「mabuta」です!
 mabutaへの質問・メッセージ待っています!

スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>
★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラスステッカーを!
貴乃花と判定された時は、、、、、だいすけが一枚脱ぎます。。
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★「だいすけ!私の逆ギレ宣言!」
皆さんが日ごろ、口に出して言えないけど言いたい「逆ギレ」「心の叫び」を
大募集します!
「誰に、何て逆ギレ宣言したいのか?」を書いて送ってください!
多くの皆さんと一緒に思いを共感しませんか!?

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
リスナーの皆さんに感謝を込めて、皆さんのラジオネームをテーマに
セレクトしてお届けします。

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

『Aldious討論会』
今回のテーマは???

お楽しみに!

【グラミー賞】最優秀MV受賞のヒロ・ムライ、父親は「翼をください」作曲者

【グラミー賞】最優秀MV受賞のヒロ・ムライ、父親は「翼をください」作曲者

『第61回グラミー賞』チャイルディッシュ・ガンビーノの楽曲「This Is America」のミュージックビデオを手掛けたヒロ・ムライが最優秀ミュージック・ビデオを受賞(C)GettyImages  日本時間11日(現地時間10日)に各賞の受賞者が発表された、世界最高峰の音楽の祭典『第61回グラミー賞』。日本人からは、年間最優秀レコードと年間最優秀楽曲含む4部門で受賞した、チャイルディッシュ・ガンビーノの楽曲「This Is America」のミュージックビデオを手掛けたヒロ・ムライが、最優秀ミュージックビデオを受賞した。

【動画】「This Is America」ミュージックビデオ

 受賞時、ヒロは「この受賞をとても感謝しています。プロダクションクルーのみんな、プロデューサー、振付師、イブラさん、みんなに感謝しています。そして私の両親にも。両親はこのビデオには関わっていませんが、私を産んで育ててくれたので(笑)」とスピーチした。

 彼の父親というのが、1960年代後半、グループサウンズ全盛期にデビューし、作曲家・音楽プロデューサーとして活躍した村井邦彦氏。1977年にアルファレコードを設立し、プロデューサーとして荒井由実(現・松任谷由実)をデビューさせた、イエロー・マジック・オーケストラを成功させた人物だ。「翼をください」(赤い鳥)や1972年札幌オリンピックテーマソング「虹と雪のバラード」(トワ・エ・モワほか)の作曲者でもある。ザ・タイガースやザ・テンプターズ、ハイ・ファイ・セットなどの楽曲も手がけた。

 ヒロは東京で生まれ、9歳の時に渡米。南カリフォルニア大学の映画学部で学び、映像業界へ進んだ。米ロサンゼルスを拠点に活動し、ガンビーノやアール・スウェットシャツ、セイント・ヴィンセント、Cultsなどのミュージックビデオで頭角を現すと、初めてディレクターとして参加したテレビドラマ『アトランタ』がゴールデングローブ賞(2017年)作品賞を受賞。『アトランタ』はガンビーノがドナルド・グローヴァー名義で主演・原案・脚本を手掛けた作品でもある。

 今回、受賞した「This Is America」は、2018年5月にリリースされ、アメリカが抱える人種差別問題などを歌った力強いメッセージが込められており、実際に起きた事件を想起させるシーンもあるミュージックビデオも世界に衝撃を与えた。

 ミュージックビデオの内容について、ヒロは「まずは、ガンビーノの制作チームがアイデアを作り、私はその後に加わった感じです。撮影のセットを考えたりするのは私の仕事。あまり作りものにせず、オーガニックなものにしたかった」と、ガンビーノたちとのコラボレーションであることを強調。「アメリカで起こっている悲劇だけを伝えたいわけではなく、そこには喜びも含まれている。全ての感情がビデオには含まれている」と、アピール。

 いまではすっかり「日本語で話すのは得意ではない」とのことだが、「日本からもこのビデオやドラマへの感想やメッセージをたくさんもらってとても喜んでいます。自分の作品が日本にまで届いてうれしい。日本は私の母国ですからね」と、英語でインタビューに答えていた。

 今回のグラミー賞で最多受賞となったのは、4部門で受賞したガンビーノ(授賞式は欠席)と、年間最優秀アルバムを含む4部門にノミネートされ、全て受賞したケイシー・マスグレイヴスの2人。次いで3部門で受賞したのはレディー・ガガとブランディ・カーライル。最優秀新人賞を受賞したデュア・リパは、最優秀ダンス・レコーディングとの2部門での受賞となった。

 授賞式を盛り上げたパフォーマンスでは、ポスト・マローンとレッド・ホット・チリ・ペッパーズによる「Dark Necessities」での共演。ドリー・パートンが参加しての、ケイティ・ペリー/ケイシー・マスグレイヴスとの「Here You Come Again」、マイリー・サイラスとの「Jolene」、マイリー・サイラス/マレン・モリスとの「After The Gold Rush」、リトル・ビッグ・タウンとの「Red Shoes」、最後は全アーティストたちによる「9 To 5」が、ドリー・パートン メドレーとして披露された(※ドリー・パートンは全楽曲に参加)。

 レディー・ガガは最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)、最優秀映像作品楽曲を受賞した「Shallow」を熱唱。今年75歳のダイアナ・ロスも登場し、圧巻のパフォーマンスを見せた。ソウルの女王、故アレサ・フランクリンの追悼ステージには、ヨランダ・アダムス、ファンタジア、アンドラ・デイ。ジェニファー・ロペスらによるモータウン60周年メドレーも行われた。

 授賞式の模様は、3月31日(後3:00)にWOWOWライブで字幕版がリピート放送される。

■『第61回グラミー賞』主要4部門・受賞結果
年間最優秀レコード:「This Is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ
年間最優秀アルバム:「Golden Hour」ケイシー・マスグレイヴス
年間最優秀楽曲:「This Is America」チャイルディッシュ・ガンビーノ
最優秀新人賞:デュア・リパ

【グラミー賞】最優秀MV受賞のヒロ・ムライ、父親は「翼をください」作曲者

関連リンク

2019年2月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所