NOW ON AIR ナウオンエア
17:50~20:00メッセージフォーム
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
18:56 フリーズドライplease/ましのみ
パーソナリティー
中山貴大小林千鶴

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!
月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。
今日の担当パーソナリティーは、中山貴大さんと小林千鶴さんです。

群馬県のスキー情報をお届けするコーナー「ググっとぐんま」の他、

ゲストは歌手の「杉本和也さん」です。
自らもアーティストの中山貴大さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

FAX
20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
橘 柊生(DISH//)西村真二(ラフレクラン)
OPEN
橘 柊生(DISH//) 西村真二(ラフレクラン)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ダブルスチャレンジの参加者募集中!
トーイアンサー
ゲストはFlowBack
町あかりの町のどうぶつ園

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

チョット楽しい大人の会話と素晴らしい音楽が満載!
ゆったり気分で楽しんでね!

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

花粉の営業で、、、、、滑舌が??
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「海外旅行の想い出!」

2月20日は「旅券(パスポート)の日」です。
1878年(明治11年)のこの日、「旅券」という用語が日本の法令上
初めて使用されたことから、外務省が1998年(平成10)年に制定しました。
それまでは、パスポート<旅券>うぃ「御印章」と呼んでいたそうです。

そこで、皆さんがこれまでに行った海外旅行の想い出(失敗談、感動話)
を大募集します!

海外旅行に「まだ、出かけた事がないよ、、、、」っていう方は
どこに国に行って何をしてみたいか? また、海外旅行に出かけた
お友達の失敗談でもOKです!

たくさんのメッセージ待っています!

★2時台のお客様は、秩父が生んだ4ピースロックバンド
 「mabuta」です!
 mabutaへの質問・メッセージ待っています!

スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>
★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラスステッカーを!
貴乃花と判定された時は、、、、、だいすけが一枚脱ぎます。。
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★「だいすけ!私の逆ギレ宣言!」
皆さんが日ごろ、口に出して言えないけど言いたい「逆ギレ」「心の叫び」を
大募集します!
「誰に、何て逆ギレ宣言したいのか?」を書いて送ってください!
多くの皆さんと一緒に思いを共感しませんか!?

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
リスナーの皆さんに感謝を込めて、皆さんのラジオネームをテーマに
セレクトしてお届けします。

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

『Aldious討論会』
今回のテーマは???

お楽しみに!

平成で加速した『超合金』進化、ホビー界の趨勢に影響を与えた「アメトイ」&「スパロボ」

平成で加速した『超合金』進化、ホビー界の趨勢に影響を与えた「アメトイ」&「スパロボ」

1974年に誕生した超合金「マジンガーZ」(写真左)と、1997年に発売された超合金魂「GX-01 マジンガーZ」(写真右)©ダイナミック企画  昭和49年(1974年)に誕生した超合金は、ズシリと感じる重量感と精巧なギミックでちびっこたちのハートをガッチリとキャッチ。そんな、玩具の代表格だった超合金シリーズも、平成に入るとあらゆる面で進化が加速。大人の鑑賞にも耐える“大人のオモチャ”として愛され続けている。ここでは、超合金の歴史を知る、バンダイコレクターズ事業部の木村禎成氏にインタビューを実施。ホビー界に影響を与えた「アメトイ」や「スパロボ」の存在、エポックメイキングとなった作品など、“超合金進化”の舞台裏を聞いた。

【写真】どこまで進化する?「超合金」の雄姿!ゲッター、エヴァ、マジンガーZ、ダイターン…“神造形”一挙見せ!

■大人向けの「超合金魂」は、おもちゃ市場ではメインストリームではなかった

――超合金の歴史は74年発売の『マジンガーZ』 からスタートし、一時代を築きました。そして23年後の97年には、大人向けの商品として位置付けされた「超合金魂」が販売されました。

【木村禎成】「超合金魂」は今年で22年になります。当初は、ハイターゲットに向けたオモチャであり、決しておもちゃ市場ではメインストリームではありませんでした。

――当時、大人を対象としたオモチャ市場は今ほど重視されていなかったんですね。「超合金魂」の中で注目を浴びた商品は何でしょうか。

【木村禎成】97年12月発売の「超合金魂 GX-01 マジンガーZ」は、“大人向け”の『マジンガーZ』を出すという試みだったため、我々としてもエポックメイキングな商品になっています。

――今、老若男女を問わず「自分はオタク」と名乗れる時代ですが、80年代後半から90年代の前半にかけて、オタクカルチャーは偏見の目に晒された“冬の時代”でした。超合金などのオモチャへの影響はどうだったのでしょうか。

【木村禎成】そこまで冬の時代とは感じませんでしたが、90年代にはアメトイ(アメリカ発の玩具)のブームが来て、『スポーン』や『スター・ウォーズ』のフィギュアだったりを部屋の壁に飾ったりコレクションするのが流行りました。これが大人のホビー業界の趨勢に大きな影響を与えたと思います。

――原宿界隈のオシャレな人たちが、こぞってアメトイの箱を部屋に飾っていました。

【木村禎成】当時、私はガシャポンの部署にいましたが、精密な造形で精巧な彩色のものは売れたんです。その頃から、玩具を大人が買う傾向が高まっていました。

■『スパロボ』には“足を向けて寝れない”

――おっしゃる通り、商品のクオリティは日進月歩で上がっています。大人の鑑賞にも耐える商品が増えたことで、平成ではオモチャを大人が買う時代に変化していったと。
【木村禎成】そうした変化は大いに感じました。超合金魂としては、ギミック的にもプロポーション的にもターニングポイントだったのは2003年2月に発売された『GX-13 超獣機神ダンクーガ』だと思っています。4体合体するのはもちろん、それぞれがちゃんとビークルモードとロボットになる。これはモノ作りとして非常に難易度が高いんです。そして、『マジンガーZ』などに代表される70年代ロボから80年代ロボへと時代が変わったにもかかわらず支持されました。

――プロポーションの追求は、オモチャの“フィギュア化”とも言えるのでしょうか。

【木村禎成】そうですね、初期に発売した『マジンガーZ』は、超合金の進化と呼ぶにふさわしいスタイルでしたが、今ではよりフィギュア的なプロポーションに近づいていると思います。

――とはいえ、細部が進化する一方で、「超合金魂」となった今も昔ながらのロケットパンチのギミックは残っているんですね!

【木村禎成】当時(1974年)の記憶をどう補完するかも大事な要素のひとつで、ロケットパンチも今ならではの技術で再現しています。

――『ダンクーガ』の話がありましたが、私はこの作品をゲームの『スーパーロボット大戦(スパロボ)』シリーズで知りました。当シリーズによって、『聖戦士ダンバイン』や『伝説巨神イデオン』など、昭和の名作アニメが認知されて商品展開に繋がるといった影響はあったのでしょうか。

【木村禎成】それは大いにありました。私として『スパロボ』には“足を向けて寝れない”、なんて思っているほどなんです(笑)

――さきほど、超合金シリーズも“フィギュア化”していてプロポーションのレベルが上がっているとおっしゃいましたが、現代におけるプロポーションの重要性というのは?

【木村禎成】作品やキャラクター次第だとは思いますが、一番は劇中のかっこよさをどう再現するかだと思います。また、新しいアレンジだったり解釈を取り入れた個性を全面的に出すモノもあります。

■“解釈違い”はご法度?求められる原作の再現性

――人気タイトルを扱う上で、“解釈違い”の問題などはないのでしょうか。
【木村禎成】新しい楽しさを商品側から提案するようにしています。ただ、みんなが“望んでいる形”も当然意識しています。そこは凄くデリケートな部分でもあるので、大きなズレがないよう苦心する部分でもあります。

――おっしゃるように、アニメで登場していた機体を、今風にブラッシュアップするモノもあれば、劇中のポージングやプロモーションを“そのまま”再現している作品もあるかと思います。例えば、昨年末に発売された「DX超合金 VF-1 バルキリー(一条輝機)」の再現度の高さには驚きました。

【木村禎成】これは「DX超合金」の商品として発売されたもので、サイズ的にも約1/48(全高27センチ)と大きく、重量感も含めて「これぞ超合金」という作品に仕上がっています。

――(手に取ってポージングをさせながら)アニメで見せる有名なキメポーズも完璧に再現できますね。ファイター、ガウォーク、バトロイドの変形も含め、ここまで進化したのかと感じます。

【木村禎成】製作は3Dデータでやっていますから精度は各段に上がっていますし、いかにアクションを決めるかという点も重視しています。

■『マジンガーZ』への海外ファンの熱量は日本以上

――日本のロボットアニメが世界中で支持されていることを考えると、今後の世界展開はより活発になっていくのでしょうか。海外の意外な場所で日本のロボットアニメが人気だと聞きます。

【木村禎成】欧州では『UFOロボ グレンダイザー』が人気です。あと、昨年末に発売したばかりですが、イタリアでは『無敵鋼人ダイターン3 』の人気も相当高いです。香港や台湾は日本の趣味趣向と近しいものがあって、超合金に対してのリスペクトも高いです。なので、『マジンガーZ』などは日本よりもファンの熱量が高いかもしれません。

――そう聞くと、今後のグローバル展開も気になります。

【木村禎成】“オモチャ”のグローバル化はもちろんですが、若い世代への訴求も重視しています。その点でいうと、40代以上に向けた「超合金魂」のシリーズ、そして20~30代に向けた新たなダイキャストトイ「METAL BUILD」シリーズを、「超合金」ブランドの2軸として展開していきますので、注目していただけたらと思います。

平成で加速した『超合金』進化、ホビー界の趨勢に影響を与えた「アメトイ」&「スパロボ」

関連リンク

2019年2月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所