NOW ON AIR ナウオンエア
17:50~20:00メッセージフォーム
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
18:56 フリーズドライplease/ましのみ
パーソナリティー
中山貴大小林千鶴

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!
月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。
今日の担当パーソナリティーは、中山貴大さんと小林千鶴さんです。

群馬県のスキー情報をお届けするコーナー「ググっとぐんま」の他、

ゲストは歌手の「杉本和也さん」です。
自らもアーティストの中山貴大さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

FAX
20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
橘 柊生(DISH//)西村真二(ラフレクラン)
OPEN
橘 柊生(DISH//) 西村真二(ラフレクラン)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ダブルスチャレンジの参加者募集中!
トーイアンサー
ゲストはFlowBack
町あかりの町のどうぶつ園

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

チョット楽しい大人の会話と素晴らしい音楽が満載!
ゆったり気分で楽しんでね!

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

花粉の営業で、、、、、滑舌が??
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「海外旅行の想い出!」

2月20日は「旅券(パスポート)の日」です。
1878年(明治11年)のこの日、「旅券」という用語が日本の法令上
初めて使用されたことから、外務省が1998年(平成10)年に制定しました。
それまでは、パスポート<旅券>うぃ「御印章」と呼んでいたそうです。

そこで、皆さんがこれまでに行った海外旅行の想い出(失敗談、感動話)
を大募集します!

海外旅行に「まだ、出かけた事がないよ、、、、」っていう方は
どこに国に行って何をしてみたいか? また、海外旅行に出かけた
お友達の失敗談でもOKです!

たくさんのメッセージ待っています!

★2時台のお客様は、秩父が生んだ4ピースロックバンド
 「mabuta」です!
 mabutaへの質問・メッセージ待っています!

スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>
★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラスステッカーを!
貴乃花と判定された時は、、、、、だいすけが一枚脱ぎます。。
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★「だいすけ!私の逆ギレ宣言!」
皆さんが日ごろ、口に出して言えないけど言いたい「逆ギレ」「心の叫び」を
大募集します!
「誰に、何て逆ギレ宣言したいのか?」を書いて送ってください!
多くの皆さんと一緒に思いを共感しませんか!?

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
リスナーの皆さんに感謝を込めて、皆さんのラジオネームをテーマに
セレクトしてお届けします。

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

『Aldious討論会』
今回のテーマは???

お楽しみに!

いいねを集める“食べられないグミ”? 高校2年生の色鉛筆アーティストが、SNSで発信する理由

いいねを集める“食べられないグミ”? 高校2年生の色鉛筆アーティストが、SNSで発信する理由

いいねを集めたHARIBOのイラスト 画像提供:koukiさん  一見すると、「紙の上に実物を置いただけ」の画像が、SNSで話題になる光景をたびたび目の当たりにする。よく見てみると、色鉛筆や絵の具を使って描かれたイラストだ。その“本物過ぎる”イラストに、数万件の“いいね”がつくこともしばしば。その描かれる過程も含めて、注目を集めているようだ。今回は色鉛筆でお菓子のHARIBOグミを描いて多くの“いいね”を集めた色鉛筆アーティスト・koukiさんに話を聞いた。

【写真】これが絵だと⁉ 紙の上置いたグミにしか見えない……他作品集&制作過程も

■SNSで発信することで、モチベーションのアップにつながっている

――いつごろからリアルなイラストを描いているんですか? 描き始めたキッカケはどんなものでしたか?

koukiさん「去年の4月ごろから描いています。学校の友達が色鉛筆でリアルな絵を描いているのを見て、自分も描きたくなり始めました。絵を描くことが好きなので、リアルな絵を描くようになる前から、カッコいいなと思った絵の模写だったり、風景画をSNSに載せたりもしていました」

――リアルな絵もSNSで発信してみようと思った理由は?

koukiさん「友達に見せたときに好評だったこと。それと、先にリアル絵を描いていた友達がSNSでたくさんの反応をもらっていたのを見て、自分もたくさんの人に見てほしいなと思いました」

――SNSで発信してよかったなと思うことはありますか?

koukiさん「やはりたくさんの方に見てもらえることですね。フォロワーが増えるとモチベーションに繋がりますし、自分の好きなことや得意なことも知ってもらえますし、コミュニケーションも広がります。それに、このようにメディアに取り上げもらう機会を頂けることも、SNSで発信してたからだと思います」

――HARIBOが1万を超えるいいね数でしたが、リアルな絵が話題になってからのフォロワーの増加数はどれくらいですか?

koukiさん「リアルな絵を描く前のフォロワーは900人ほどだったので、今は6倍以上になっています。HARIBOの絵では1000人くらい増えたと思います」

――高校生とのことですが、絵はどのように勉強されたのでしょうか?

koukiさん「色鉛筆は独学ですが、美術系の学科に所属しているので、デッサンなどは授業でも勉強しています。他の友達もみんな絵が上手いのでお互いに高めあっています」


■立体に見せるための技術は常に模索中 一年前との一番の変化は「観察力の向上」

――イラストの制作時間はどれくらいでしょうか?

koukiさん「お菓子の中で時間がかかったのはHARIBOの絵で10時間ほど。動物の絵だとライオンの絵が15時間ほどかかりました。平均すると、8時間ほどだと思います」

――koukiさんの思う、立体的に見せるコツは?

koukiさん「妥協はせず、とにかく細かいとこまで諦めずに再現すること。とくに、物体の質感を意識すると、自然に立体的になると思います。どうすればより立体的になるのかは、いつも模索しています。たとえば動物絵だとデザインナイフなどで色鉛筆を削って色付けすることで、質感や毛並みを表現しています」

――リアルな絵を描き始めてから今までの間に、上達したなと思う点はどんなことですか?

koukiさん「初めの方に描いたオレオの絵は、描いた当時は“上手く描けた”と思っていましたが、今みると修正したいところばかりで(笑)。そのころに比べたら、細かい部分や質感まで、丁寧に再現できているかなって思います。技術も上達してはいますが、観察力が上がっているんじゃないかなって思っています」

――リアルな絵を描くのは大変そうですが、心が折れそうになった瞬間などはないのでしょうか?

koukiさん「実は、パッケージの文字を描くときはいつも“描きたくないなぁ”と思います。そういうときは無理に描かずに少しずつ進めたり、絵のことは忘れて遊んだりして“描きたい”というモチベーションがあがるまで待つようにしています」

――koukiさんが、一番気に入っているリアル絵は?

koukiさん「ブラックサンダーの絵は、立体感や光の反射などが上手く表現できたかなと思うのでお気に入りです。ライオンの絵も、時間をかけて描いたので思い入れがありますね」

――これから描いてみたい作品は?

koukiさん「カッコいい動物や、描きたいなと思ったモチーフがあれば描くというよいにしているので、まだ決めていません。今は色鉛筆でのリアル絵以外はあまり描いていませんが、今後はデジタルでも描けるようになりたいですね!」

いいねを集める“食べられないグミ”? 高校2年生の色鉛筆アーティストが、SNSで発信する理由

関連リンク

2019年2月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所