NOW ON AIR ナウオンエア
17:50~20:00メッセージフォーム
番組名
キラメキ ミュージック スター「キラスタ」
18:41 Why I’m Me/RIZE
パーソナリティー
中山貴大小林千鶴

夕方のひとときはNACK5イチ音楽密度の濃い時間!
月曜から木曜、午後5時50分からは、キラメキミュージックスター「キラスタ」です。
今日の担当パーソナリティーは、中山貴大さんと小林千鶴さんです。

群馬県のスキー情報をお届けするコーナー「ググっとぐんま」の他、

ゲストは歌手の「杉本和也さん」です。
自らもアーティストの中山貴大さんが、独自の目線でゲストの音楽性を引き出します。

また、番組ではリスナーのあなたのツイートを募集中。
ハッシュタグはカタカナで #キラスタ です。

ラジオの前で!ツイッター上で!公開スタジオの「スタジオアルシェ」で!
素敵な音楽を用意してお待ちしています!

FAX
20:00~23:00
番組名
Nutty Radio Show THE魂
パーソナリティー
橘 柊生(DISH//)西村真二(ラフレクラン)
OPEN
橘 柊生(DISH//) 西村真二(ラフレクラン)
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ダブルスチャレンジの参加者募集中!
トーイアンサー
ゲストはFlowBack
町あかりの町のどうぶつ園

23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
23:30~24:00
番組名
バカボン鬼塚 ABレコ
パーソナリティー
バカボン鬼塚
OPEN
24:00~25:00
番組名
Goo Goo Radio
パーソナリティー
バンバンバザール西川佳江
OPEN
バンバンバザール 西川佳江

チョット楽しい大人の会話と素晴らしい音楽が満載!
ゆったり気分で楽しんでね!

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(火)
パーソナリティー
だいすけ
OPEN
だいすけ

花粉の営業で、、、、、滑舌が??
そんなだいすけに今夜もよろしくお付き合いください。

★今夜のメッセージテーマは
「海外旅行の想い出!」

2月20日は「旅券(パスポート)の日」です。
1878年(明治11年)のこの日、「旅券」という用語が日本の法令上
初めて使用されたことから、外務省が1998年(平成10)年に制定しました。
それまでは、パスポート<旅券>うぃ「御印章」と呼んでいたそうです。

そこで、皆さんがこれまでに行った海外旅行の想い出(失敗談、感動話)
を大募集します!

海外旅行に「まだ、出かけた事がないよ、、、、」っていう方は
どこに国に行って何をしてみたいか? また、海外旅行に出かけた
お友達の失敗談でもOKです!

たくさんのメッセージ待っています!

★2時台のお客様は、秩父が生んだ4ピースロックバンド
 「mabuta」です!
 mabutaへの質問・メッセージ待っています!

スタジオの様子は、番組ブログ、Twitter:#raji795でチェックください!

<ラジオのアナ〜だいすけ!まな板SHOW・TIME」のメニュー紹介!>

<1時台>
★「だいすけ! まな板 横綱ゲスリーマン川柳!」
「横綱」に輝いた句を送ってくれた方には、「だいすけ&かえで」のサイン入り
NACK5ステッカーを!
理事長に輝いた方には「かえで1人」のサイン入りステッカーを!
白鵬に輝いた方には・「かえでの拇印」プラスステッカーを!
貴乃花と判定された時は、、、、、だいすけが一枚脱ぎます。。
「呼び出し勘吉」「御嶽海」「貴景勝」。。。。。。も。

★1時40分からは、Aldiousの嬢レディオ!

<3時台>
★「だいすけ!まな板早口言葉野球拳!」
だいすけが言えなかった早口言葉を送ってくれた方には、
だいすけのサイン入りNACK5のステッカーをお送りします。
皆さんが考えた早口言葉を、メッセージフォーム
「まな板早口言葉野球拳」から送ってください!

★「だいすけ!私の逆ギレ宣言!」
皆さんが日ごろ、口に出して言えないけど言いたい「逆ギレ」「心の叫び」を
大募集します!
「誰に、何て逆ギレ宣言したいのか?」を書いて送ってください!
多くの皆さんと一緒に思いを共感しませんか!?

★「だいすけ 一人芝居の部屋」
様々な「お題」に対して、だいすけが3分間の一人芝居を。。。。
俳優だいすけ!!腕のみせどころ!トークの聴かせどころです!!
「だいすけ!一人芝居の部屋」への批評を是非、送ってください!

<4時台>
★「だいすけ!まな板、ミュージック!」
リスナーの皆さんに感謝を込めて、皆さんのラジオネームをテーマに
セレクトしてお届けします。

★「だいすけ・・・・まな板ザンゲ室!」
皆さんが、最近、犯してしまった、「小さなザンゲ」を送ってください!
皆さんのザンゲを、「ザンゲパーソナリティー:だいすけ」が、
誠心誠意、謝罪させて頂きます!

だいすけが、生放送中にやってしまったトークが、ありましたら、
メッセージフォーム「まな板 ザンゲ室」から送ってください!!

★「だいすけ、、、、本名、まな板 学。。。。。」
だいすけへの普通のお便り(世間話、質問、苦情etc)を送ってください!

板前パーソナリティーがお送りする「まな板SHOW・TIME!」に・・・
へいらっしゃい!!捌いちゃうぞ〜!踊っちゃうぞ!でぶっちゃうぞ!

25:40~26:00
番組名
Aldiousの嬢RADIO
パーソナリティー
Aldious
OPEN
Aldious

Aldiousの嬢RADIO

『Aldious討論会』
今回のテーマは???

お楽しみに!

究極のフェティシズム 写真家・ゆりあが“ふともも”を撮り続けるワケ

究極のフェティシズム 写真家・ゆりあが“ふともも”を撮り続けるワケ

愛知県・TODAYS GALLERY STUDIO NAGOYAにて開催されている『ふともも写真の世界展 開運編』キービジュアル  フェティシズムアートのニューウェーブとして女性の“ふともも”を撮り続けている、写真家・ゆりあ。全国のパワースポットで撮影した作品をまとめた企画展『ふともも写真の世界展 開運編』を、現在愛知県・名古屋で開催している。ゆりあ氏がふとももに魅せられた理由とは? 個展の見どころとともに、“絶対領域”の魅力を聞く。

【写真】映えが半端ないって! “ふともも”✕“パワースポット”究極(⁉)のコラボ

■最初の“ふともも作品”は名刺に使うほどのお気に入り

――まず、写真を始められたきっかけを教えてください。最初から被写体は人物だったのでしょうか。

【ゆりあ】仕事の資料を撮影するために一眼レフカメラを買ったのがきっかけで身の回りのものを撮影するようになりました。最初は風景や花などをよく撮っていました。人物を撮り始めたのははじめて4年くらい経ってからです。

――人物を撮っていくなかで、被写体を“ふともも”に移行した理由は。

【ゆりあ】知人の女性から撮影を頼まれ、色々なパーツを撮っている中でたまたま良いふとももの写真が撮れたことがきっかけです。元々ふとももというパーツが好きだったこともあり、それから徐々に撮影をするようになりました。

――“ふともも作品”第1号はどのようなものでしたか。

【ゆりあ】最初の1枚はシンメトリーな構図でシンプルかつ印象的なものだったので、今でも名刺に使用しています。

■運気が上昇するように “ふともも×パワースポット”で最強のご利益感

――2016年から続けられている『ふともも写真の世界展』ですが、今回はテーマが「開運」ですね。

【ゆりあ】パワースポットでのロケ撮影を行った新作の展示がみどころです。今回に限りませんが、大判で印刷されたふともも写真に囲まれる非日常の体験も展示会場ならではのものです。

――今回の出展の中で、ゆりあさんの一番のお気に入り作品は。

【ゆりあ】難しいですが、強いてあげれば展示のキービジュアルに使用している写真のバランスや構図は気に入っています。キービジュアル用としては横画像を縦にトリミングして使用していますが、展示ではオリジナルの写真が見られます。

――企画展として、毎回多くの来場者が詰めかけ話題を集めています。回を重ねて感じることはありますか。

【ゆりあ】初期はネットでの活動の延長線だった関係もあり、そちらからの導線できてくださる方が多かったですが、回を重ねるごとに様々な年齢の方が様々な所で情報を得て来てくださるようになりました。自分としては好きに撮ったものを出すので好きに見てください、というスタンスは昔から変わらずです。

――“ふともも”というモチーフは変わりませんが、テーマ性をもって個展を続けている理由は。

【ゆりあ】個展を続けている(いられる)のは能動的な理由よりも望まれているからという受動的な理由の方が大きいです。モチーフが変わらないのはそれ以外でとりわけ撮りたいというものがないからです。


■最大の魅力は「柔らかさと内側にある筋肉の力強さが同居」


――今まで撮り続けた作品のなかで、ゆりあさんが1番気に入っているものは?

【ゆりあ】何を目的とするかで常に1番は変わってくるので、「ここ1年で撮った中で一番バランスがよいと思う作品」を挙げるとすると、この写真が構図や光もよく、透明感もあって良いかなと思います。

――ふとももを撮影する上でこだわっている部分、絶対に守っていることはありますか。

【ゆりあ】衣装がスカートの際には中が写らないようにしていますが、言葉にできる決め事はそれくらいで、あとは普通に気になる所を普通に気にして撮っています。

――好きな角度はありますか。

【ゆりあ】角度によってそれぞれ違った良さがありますが、個人的には膝の裏までの流れが見える後ろからの角度が好きです。

――ズバリ、ゆりあさんが考える「ふともも」の最大の魅力は。

【ゆりあ】柔らかさと内側にある筋肉の力強さが同居していて、ポーズや角度によってさまざまな表情が見られる点かなと思います。

――今後、撮ってみたいシチュエーションや風景、“ふともも”で取りくんでみたい構想があれば教えていただけますか。

【ゆりあ】47都道府県でのロケは以前からやってみたいテーマのひとつです。ふともも以外のパーツだったらこれ、というものはないのですが、ふとももとの組み合わせで色々なパーツも撮っていければと思っています。

 『ふともも写真の世界展 開運編』は2月3日までTODAYS GALLERY STUDIO NAGOYAにて開催。最終日は、ゆりあ氏によるギャラリートークも実施される。

究極のフェティシズム 写真家・ゆりあが“ふともも”を撮り続けるワケ

関連リンク

2019年2月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所