NOW ON AIR ナウオンエア
20:00~23:00メッセージフォーム
番組名
Nutty Radio Show THE魂
21:07 Starting Over/DISH//
パーソナリティー
藤井ペイジ(飛石連休)岡田サリオ
藤井ペイジ(飛石連休) 岡田サリオ
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ゲストは上妻宏光
魂フェス最終日。
今年の木曜THE魂迷珍場面をランキング発表。
ナンバー1に輝くのは?
ダブルスチャレンジに参加して金のシールをゲット
ミュージッククイズほか

FAX
23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
矢口清治
NACK日記(番組ブログ)

今週は、恒例の(?)MOVIE WEEK最終日です!
映画音楽をたくさんご紹介します。
クリスマスプレゼントもありますよ♪

24:00~25:00
番組名
Age Free Music!
パーソナリティー
富澤一誠
OPEN
富澤一誠

結成50年を迎えた六文銭が9年ぶりの新作を語る
凄腕ぞろいのスーパーバンド・テックスリンクスとは?

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(木)
パーソナリティー
パーマ大佐
OPEN
パーマ大佐

パーマ大佐がお送りするラジオのアナ木曜!
今週も4時間生放送!

今週はスペシャルウィーク!
ということで、今年で3回目となるスペシャル企画をお送りします!
その名も「P-1グランプリ」!!

パーマ大佐を含めた3組の芸人によるネタバトルを行います!
出場者はパーマ大佐、3年連続出場のピン芸人・サツマカワRPG、
初出場の男女お笑いコンビ・パーパーの3組!

ルールは簡単です!
2時台前半にそれぞれ、2分半のネタを披露するので、
面白いと思った芸人に投票してください!

順位は皆さんの投票で決めます!
投票はメッセージフォームからお願いします!

サツマカワRPG、パーパーのどちらかが最下位になった場合は
最下位が決まった瞬間から4時まではマイクがオフになりガヤとしてしか番組に参加できなくなります。

パーマ大佐が最下位になった場合は、
リスナーの皆さんから頂いた罰ゲームを1つやります。
ということで、パーマ大佐が最下位になった時の罰ゲームの
アイデアを送ってきてください!

取り合えず、皆さん、難しいことは考えず、
純粋に面白いと思った芸人に投票してください!
ご参加お待ちしています!


・・・

今週のメッセージテーマは

「フリー!」

近況報告、相談、くだらない話、パーマ大佐への質問、
サツマカワRPGさん、パーパーへの質問など、何でもOK!
学生さん、初めましての参加も大歓迎!
メッセージお待ちしています!

・・・

その他、フリーメッセージもご紹介するので送ってきてくださいね!

コーナーも色々ありますよー!

▼1時20分頃 <アンサーソングクイズ!>

パーマ大佐がJ-POPの曲のアンサーソングを勝手に作って披露します!
皆さんはそれが、誰の何という曲のアンサーソングなのかを当ててください!

正解した方の中から抽選で3名様、
そして、ボケ解答を送ってくれた人の中からナイスボケ賞に選ばれた1名様に
パーマ大佐のサイン入りNACK5ステッカーをプレゼントしますよ!


▼1時40分 <ハンブレッダーズのミッドナイト放送室>

4人組ロックバンド・ハンブレッダーズがパーソナリティーを務める
<ハンブレッダーズのミッドナイト放送室>です!


▼2時40分<おお江健次&まつなみかほのワンチャンスラジオ>

おお江健次とまつなみかほがパーソナリティーを務める
<ワンチャンスラジオ>!お楽しみに!


▼3時 <J-POP大喜利>

J-POPの歌詞の一部を勝手に大喜利のお題にして、
皆さんにボケてもらいたいと思います!

今週は、松任谷由実さんの「ルージュの伝言」から!
お題になるのは、この部分!

<不安な気持ちを 残したまま
街はDing-Dong 遠ざかってゆくは 〇〇〇〇 >

本当は「〇〇〇〇」の部分には
「明日の朝 ママから電話で
しかってもらうわ My Darling」という歌詞が入りますが、
この部分に違う言葉を入れてください!

面白い替え歌、お待ちしています!


▼3時10分<パーマ大佐のオデンワデンワ>

リスナーとパーマ大佐が電話で楽しく、陽気に親睦を深めるコーナーです。
電話で話したい!という方は電話番号と
パーマ大佐と電話でどんな話をしたいかを書いてメッセージを送ってきてください!

※非通知拒否設定を解除しておいてください。


▼3時30分頃 <オーダーメイドソング!>

パーマ大佐があなたから頂いたオーダーを基に、あなたの為に1曲作ります!
無理のない範囲で、オーダーを書いてメッセージを送ってきてください!
1週間かけてパーマ大佐が1曲を作り、番組で披露します!

今週はR.N 僕ちん恋太陽 さんから頂いた

「今年の流行語をたっぷりと取り入れた歌」

というオーダーで作った曲を披露します。

引き続き、真面目なものからくだらないことまで、
皆さんからのオーダーをお待ちしています!

オーダー例

「間もなく結婚記念日を迎える妻の為にバラードを作って欲しい」
「子供が嫌いなピーマンを食べれるような楽しい食育ソングをお願いします。」
「うちの会社のテーマソングを作ってください」
「私自身のテーマソングを作ってください!」

など

「バラード調がいい」「アップテンポがいい」「ラップがいい」
「歌詞に必ずこの言葉を入れて欲しい」など
無理のない範囲で細かい指定をして頂いても構いませんし、
「パーマ大佐の感性で自由に作ってください!」というオーダーでも構いません。

ただ、曲を作るうえで情報が必要になりますので、
「何故、その曲を作って欲しいのか?」というエピソードや
「曲を送りたい人の"人となり"が分かるような情報」など
出来るだけ、曲作りがしやすくなるような情報も
一緒に添えてメッセージを送ってきてください!


▼4時5分頃 <きょうのパマ君>

映画「きょうのキラ君」へのリスペクトを形にした結果、生まれたコーナー「きょうのパマ君」。

ラジオ業界一のイケメンでドSのパマ君が皆さんからのメッセージを紹介します。
パマ君に聞いて欲しい日常の些細な出来事や自慢話。パマ君へのラブレターなどお待ちしています!

ちなみに、パマ君は基本的にドSなので、多少、乱暴な言葉遣いになります。
でも、たまにデレ出てきます。そんな、ツンデレもお楽しみに下さい。

内藤剛志、今野敏原作の刑事ドラマ主演に感慨「本当の意味で“ライフワーク”」

内藤剛志、今野敏原作の刑事ドラマ主演に感慨「本当の意味で“ライフワーク”」

テレビ東京系ドラマスペシャル『今野敏サスペンス 回帰 警視庁強行犯係・樋口顕』(12月14日放送)に主演する内藤剛志(C)テレビ東京  俳優の内藤剛志(63)が主演するテレビ東京系ドラマスペシャル『今野敏サスペンス 回帰 警視庁強行犯係・樋口顕』が14日(後8:00~9:48)に放送される。本格警察小説の名手・今野敏氏の本格ミステリー小説を原作に、これまで5回放送された「樋口顕」シリーズの2年ぶりの新作となる。数々の刑事役を務めてきた“刑事ドラマのスペシャリスト”ともいえる内藤が「本当の意味で“ライフワーク”」と語る「樋口顕」シリーズの魅力とは?

【写真】佐野史郎らシリーズのレギュラー陣も勢ぞろい

 主人公は、警視庁捜査一課強行犯係・樋口顕(内藤)。今回、樋口が追うのは東京・町屋で発生した転落死事件と、大学付近で起きた白昼の爆破事件。2つを繋ぐ証拠が見つかり、さらに国際テロを疑う事件へと発展。樋口ら警察官たちが、矜持を胸に国際テロに立ち向かう。

 これまでのシリーズを支えてきた、佐野史郎、川上麻衣子、逢沢りな、榎木孝明といったレギュラーメンバーも引き続き登場。尾美としのり、黒谷友香、志賀廣太郎、宇梶剛士、片山萌美、嶋田久作がゲスト出演し、樋口顕シリーズ第6弾を盛り上げる。

■内藤剛志のコメント

 自分の中で「樋口顕シリーズ」は本当の意味で“ライフワーク”です。樋口顕を演じられる限りはやりたいと思っているので、前作をご覧になっていない方にも、「こういう作品をやってるんだ」と伝えられる機会が与えられてすごくうれしいです。

 この作品の魅力は、景気の空気感だったり、娘との関係、同僚との関係、上司との関係…そこが反映されていること。あとはスーパー刑事が出てこないこと。淡々とやっていくことが事件解決に結びついてく…そういう「刑事は皆さんと同じ社会で生きています」というところも見どころです。

 “今の時代のことを、今の社会に向けて”という思いがあって、僕たちが今生きてる時代を作品に反映できればいいなと思っています。またゲストの方のお芝居も純粋に楽しんで欲しいです。ゲストがどういう空気を持ち込んでくれるかというのは、誰が犯人かというのと同じくらい大きい。今回仲がいいメンバーだったこともあって、非常に面白いものになっていると思います。

 今野敏先生が作家生活40周年という節目の年の作品になったのもうれしいです。爆弾テロという今までとちょっと違う大きな事件を扱ってますが、今いつ起きてもおかしくない出来事。そんないつもと違う感じが40周年にうまくはまって、メモリアルなものになっていると思います。「おめでとうございます」というのと共に、「こういう映像化もあったな」と後でメモリアルに思える作品になればいいなと。先生と同い年なのですが、現場にいらっしゃると「早く次書いて下さい」と必ずお願いしているので(笑)、いい原作を待ちたいと思っております。

 共演の佐野(史郎)、榎木(孝明)とも同世代。撮影はここが一つの軸になったと思います。今まで役がちゃんと生きてきた空気が出るように、「佐野、ここどうする?」と綿密に話したりして丁寧に演じました。真夏の撮影は大変でしたが、人間の熱さだったり、追い詰められている熱さだったり…内容にあっているんです。ショッピングモールを走り抜ける時も暑かった。

 尾美(としのり)くんと初めてフェンス越しに会う夜のシーンも暑かった。さらに横須賀での3人(内藤、佐野、尾美)のシーンも暑かった。みんなあの日のこと覚えてないくらい暑かったけど、「おかしくないか?」と劇中で思い始めるシーンだったからちょうどよかった。猛暑が味方してくれました(笑)。60(歳)過ぎてこれだけやれたらいいんじゃないの?と思うぐらいのアツいシーンを真冬に見てください。熱量が伝わります!

内藤剛志、今野敏原作の刑事ドラマ主演に感慨「本当の意味で“ライフワーク”」

関連リンク

2018年12月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所