NOW ON AIR ナウオンエア
25:00~29:00メッセージフォーム
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(月)
01:18 IT'S MY LIFE/Bon Jovi
パーソナリティー
小林アナ

ラジアナ月曜「小林アナのあげあげマンデー」

★「なんていうのはHEADLINE」
通常営業でございます。


★今回のメッセージテーマ!

【すごい!】

あんな行動をできるのはすごい!
すごいことが起きました!
「すごい!」とよく言われます。


などなど、すごいメッセージお待ちしています!


《1時台》
★「カジュマン」
カジュアルに「あげマン」に参加しよう!
というわけで「カジュマン」です。
投稿ビギナーのためのコーナー。
(熟練者は他のコーナーでがんばってください)

今回も
「アナづけ」
あなたにピッタリなラジオネームをつけてさしあげます。
簡単なパーソナル情報を書いて送ってね。


《1時40分》
★「Clef Leaf かなみんジャンプRadio♪」
かなみんこと、埼玉県出身の伊原佳奈美さんがお送りするプログラム!
今週もよろしくみん♪


《2時台》
★今夜のゲストは、くじらさん!
お笑い芸人としての顔の一方、
最近は恋愛マスターとしても活躍しているくじらさん。
朝までお付き合いしていただきます!

くじらさんへ恋愛相談をしたい方も募集中!
相談内容をできるだけ詳しく書いて送ってください。
くじらさんが答えてくれるかもしれません。

《2時40分》
★「アナ魂MELODY〜魂のトイレタイム〜」
魂の女芸人、小林アナさんがお送りするプログラム!
みなさんからの日常で魂を感じたエピソードをご紹介します!


★「アナルニア国物語」
みなさんで物語の内容を考えて、
後世に伝えられるお話をつくりましょう。
今回は、物語の続きを考えて送ってきてください。

【カリーホッター】
主人公で魔法使い。
新米なのでポコ○ンを大きくする魔法しか使えない。

【さなえ】
心優しい銀行員。
特にアラフォーの独身女性には惜しみなく金を工面してくれる。
その優しさ故に誰かのATMになっていることも。

【五時魔女】
年を偽る魔法が使える。
現に、未だに18歳である。

【シリフキー・ダブルロール】
とても長くて白いアゴヒゲを生やしているご老人
いろんな人に自分のヒゲで拭いてもらうことが生きがい。

【バイ・ブレート】
アナルニア国の騎士団長で武器がバイブ


<<先週決まった導入部分…>>

アナルニア王国で穏やかな日々を過ごしていた
「カリーホッター」にその悪夢は突然訪れた。
朝、目を覚ますとカリーの股関には何故か貞操帯が装着され、
驚く事に金玉が抜きとられていた!!
得意のチンチロを大きくする魔法を使っても締め付けられて痛いばかり、
カリーは慌てて老けた女子高生の「五時魔女」に相談に行くと、
これは暗黒魔術師に呪いをかけられていて、
呪いをとくには、どこかに隠された自分の2つの金玉を探しだして股関に戻すしかないらしい。
かくしてカリーは「五時魔女」と共に、
アナルニア国最強の「バイブレート団長」、
旅先でお金に困らない様に「さなえ」、
貞操帯の為トイレに行けず常にお漏らししてしまうので
「シリフキー・ダブルロール」を引き連れ金玉探しの旅に出る事となった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まずはじめに向かったのは「ヤッホータウン」。
そこには、恐ろしい光景が・・
人々が赤タイツに身を包み踊っていたのだ。
1人の老人が口を開いた。
『頼む…この街を支配するワテワテの実の能力者、女帝ヌーブラをやっつけてくれ』
その時だった。突然、さなえが全長50mは超える長い乳に巻かれて連れ去られた。
ついに、女帝ヌーブラが姿を現したのだ。
『ワテの名はヌーブラ。お前がカリーホッターか。ワテを倒せたら金玉の場所を教えてやる!』
すかさず、臨戦態勢に入る、バイ・ブレート。
迫りくる右乳・左乳を器用にかわしながら、ワテのワテにバイブレードを突き刺した。
『あかーーーん』明らかに動揺するワテ。
バイ・ブレートが大きな声で叫んだ
『今だ。やれーー。5時魔女ー!』
5時魔女は必殺魔法を唱える。
『100%シルク・おフランス・アイボリー』
倒れた女帝ヌーブラのお乳は北の方向を指していた。
彼らは北の街「チョッキータウン」を目指して、旅は続く…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カリー達はチョッキータウンにたどり着いた。
町の入り口には一人の男が立っていた。
(カリー)『おお、エロアロハじゃないか』
そこには昔、アナルニア王国に住んでいたエロアロハがいた。
<SE アロハ>「ムケハロー」
(カリー)『ひさしぶりだな。そうか、今はチョッキータウンの門番をしているのか』
<SE アロハ>「まあやりますよ。間あけてしゃべりゃいいんでしょ」
エロアロハとは話がかみ合わないが、カリーは町に入りたいことを伝えた。
すると、町に入るためには自分のポジティブスティックをポジティブにした状態で、
合言葉を言わなければならないことをきかされた。
しかしカリーは貞操帯を着用中。
ダブルロールはもうポジティブにはなれない。
(カリー)『バイブレート、たのむ』
バイブレードはエロアロハの前に進み出た。
下半身を露出させ、お互いのスティックを握り合った状態で合言葉を言った。
<SE アロハ>「レッツビーポジティブ」
<SE 八千代>「をーん」
ご無沙汰だった五時魔女とさなえが2本のポジティブスティックを見て失神してしまったようだ。
(カリー)『とりあえず二人を宿屋に運ぼう。エロアロハありがとう。』
カリー達は町の中へと入っていった。
<SE アロハ>「グッドラック」
エロアロハはカリー達を見送りながら不敵な笑みを浮かべるのであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宿屋に向かう途中に、情報収集の為に酒場に寄ったカリーホッター達。
店に入ると、奥の席に男性二人が酒を飲んでいた。
カリー「あの二人に話を聞こう」と近寄ると、
五時魔女を見ながら股間を膨らましてる、タダモッコリコウジと
ロープで縛られながらも一人遊びをしている、シバッテシコルだった。
カリー「あのー?」
タダモッコリ「言わなくてもわかるよ。君は金玉を探してるのだろ」
カリー「何故?それを」
シコル「股間を見ればわかるさ」
タダモッコリ「ところで君は「TENGAの石」を知ってるかい?」
カリー「TENGAの石?」
タダモッコリ「その様子では、知らないみたいだな。これからの戦いで必要となるだろう。
しかし、所有者のアーゲオの森に住む、歌人のクーマ大佐は窃盗容疑で政府に捕らわれているんだ、すき家」
カリー「それならば、一刻も早くクーマ大佐を助けに行かなくては」と言い、
そそくさとチョッキータウンを後にした、カリーホッター達であった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここは、アーゲオの森入り口。
1人の女性が森の前で仁王立ちしていた。
女性は『見た目は芸人、頭脳はアナウンサー。私の名は、アナパンマン!』と叫ぶ。
女性に対し、
5時魔女『アナパンマンの出番は穴喜利なのに来ちゃったみたいだよ。人のコーナーに乱入するなんていい迷惑だ!』
さなえ『私にはわかる。あの女金を要求してくる危険人物よ!』
バイブレート『仕方がない。私が相手しよう』
そう口にした瞬間、
アナパンマン『アナパンーチ!』
(SE)パンチパンチ
バイブレートの仮面が吹っ飛んだ。
アナパンマン『私にかかればどんな男でも余裕よ!!』
といったすぐ後だった
バイブレート『油断したお前の負けだ。』
得意のバイブをあそこに当てる
アナパンマン『あぁっ、バイブが!!』
バイブレート『なんだ。これじゃあアナパンマンではなくアナパイパンじゃないか』
アナパンマンはその場に倒れこんだ…
この激しい戦いを見ていた4人は、仮面が外れたバイブレートの正体を見て、立ち尽くすことしかできなかった…
次週!”衝撃のバイブレートの正体"

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仮面の取れたバイブレートの頬に、
「ハラリ」と、長い髪が落ちる。
澄んだ瞳は、心なしか潤んでいて、
カリーだけを見つめていた。

カリーが小さく「おヨネ」と、呼びかけた。
そう。カリーを守り、旅してきたバイブレートは、
カリーの幼馴染、おヨネが変装していた姿だった。
「どうりで、バイブレードの扱いが上手いはずだ。」
カリーがつぶやく。
昔から、機械の操作が得意だった、おヨネ。
バイブレードを巧みに操り、ピンポイントで急所を突く、その技術。
「カリー、ごめんなさい。あなたを守る方法は、これしかなかったの。
 あなたの玉は私の玉。これからも同行させてもらいたいの。」
と、懇願するおヨネの手をとり、彼女の磨かれた靴に、キスをするカリーであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここはおヨネと付き合っていた頃、よく来ていた砂浜。
デートの時、おヨネはいつもぶかぶかの麦わら帽子をかぶる。
カリーのおちんちんもぶかぶかの皮をかぶっていた。
海風に飛ばされそうになるおヨネの麦わら帽子をカリーはいつも左手で優しく押さえた。
パンパンに膨らんだ股間のヨットを右手で押さえながら。
時々、強い潮風でおヨネのワンピースがめくりあがりおヨネのおヨネが見えそうになってしまう時もあった。
海外沿いでおヨネを乗っけてサイクリングもした。
一生懸命、車輪を回せば回すほど、おヨネの乳輪も回転した。
お日様の光とカリーの股間はギンギンだった。

そして、今まで止まっていた2人の愛の時計の針がゆっくりと動き始めた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

カリー達が訪れたのは『貝塚タウン』
透き通るような白い肌、笑顔の素敵な妖精かなみんが現れた。
「実はね。ライブのギャラとキンタマをぜ〜んぶカイーヅカに持っていかれたの。
お願い。キンタマと一緒にギャラを取り返して!」
目の前に本気でヤバイ人造人間「カイーヅカ」が現れた。
『ライブのギャラとキンタマは絶対に渡さん』
アゴからひげミサイルを放つ。
ヒゲが刺さった5時魔女のオマタからマヌカハニーが溢れ出す。
その地獄のような光景を目にした「カイーヅカ」はショックで倒れた。
妖精かなみんの透き通った瞳から、天使の涙がこぼれた。



★「聞いてや!ワテはん!」
最近、へんな物語のせいで登場できてへんな〜
けど、みなはんからの一言メッセージ、募集してるんやで?。


《3時台》
★「小林聖母の空が青くなるように」
ラジアナ月曜、新しい心の浄化タイムでございます。
小林聖母がみなさんに素敵な言葉を差しあげます。
悩み、ひとりごと、近況報告…なんでも受け止めます。
月曜から浄化されて、晴れやかな一週間を過ごしましょう。


★「穴喜利」
つまり大喜利です。
目を細めてみれば穴喜利も大喜利に見えるはず。
今回のお題は
「恋愛マスターからのまさかのアドバイス」

恋愛マスターからされた、まさかのアドバイスを考えて送ってください。



★「小林アナのやっぱりどーでもいい1日」と、
 「くじらのどーでもいい1日」もあります。


《4時台》
★「くじレコ」
くじらさんが大好きな恋愛ソングを語って紹介してくれます!



★「小さァナ悩み」
大きくない悩み、重くない悩みを送ってきてください。
アナが答えるかもしれません。
運がいいと(?)やっちーが答えてくれるかもしれません。

FAX

戸田恵梨香の“リセット力” あえて印象を残さず新たな姿を更新

戸田恵梨香の“リセット力” あえて印象を残さず新たな姿を更新

『大恋愛~僕を忘れる君と』でヒロインの尚を演じる戸田恵梨香 (C)oricon ME inc.  「今期一番」と評しているSNSユーザーも多い秋ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)。ムロツヨシ初の恋愛モノ、サンドウィッチマン・富澤たけしの自然な演技、小池徹平の怪演など、話題にも事欠かない今作のヒロインを演じるのが戸田恵梨香だ。知名度やキャリアのある女優であるが、「戸田の印象は?」「どんな女優?」と問うた時に印象が十人十色で、定まったイメージが出にくいことにも気付く。そんな“作品と役柄を生きる”女優・戸田恵梨香の類まれな“リセット力”に迫る。

【貴重写真】デニムの超ミニスカートで“美脚”と“美背中”を披露した戸田恵梨香

■10代から第一線で活躍し続ける 貴重な“正統派女優”

 戸田恵梨香は1988年生まれ、今年30歳を迎えた。05年のドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)の準ヒロイン、06年の映画『デスノート』シリーズのミサミサ役など、10代から女優として注目を集め、07年のドラマ『LIAR GAME』(フジレビ系)でその人気は決定的に。その後も『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジ系)、『流星の絆』(TBS系)と続々と話題作に出演し、『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』(TBS系)ではこれまで演じていた役柄の印象をガラリと変えた好演&怪演&熱演を披露。『リスクの神様』(フジ系)など苦戦した作品もあるが、概ねヒット作に導いた女優というイメージまでは、ほとんどの方が同意ではないだろうか。

 30代に突入した現在も先述の『大恋愛』はもちろん、19年後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』のヒロイン役に決定するなど順調にキャリアを積み重ねている。このように、10代からずっとメインキャストで、しかも今も第一線で活躍という“貴重な正統派女優”という評価も誰もが否定しないところだろう。

 現在放送中の『大恋愛』も、『オリコンドラマバリュー』の満足度で毎回1~2位を争う高ポイントを続けている。徐々に若年性アルツハイマー病に侵されていくヒロイン・尚(戸田恵梨香)と小説家・真司(ムロツヨシ)の“美女と野獣”の構図でも、「こんな美人がこの男を好きになるはずがない」などの違和感の声が噴出することもなく、視聴者は2人の恋物語に没頭しているようだ。また今作で戸田は実年齢の4つほど上の年齢を演じており、さらにここから10年の大恋愛を描くというのだから、戸田が新たな幅を魅せる可能性もあるとして注目を集めている。


■ヒット作に恵まれながらも、いい意味で“一定の印象を残さない女優”

 だが「戸田の印象は?」「どんな女優?」と考えた時に、なぜかすぐには定まったイメージが出てこない。『SPEC』では人格破綻気味な女刑事役、『コード・ブルー』(フジテレビ系)ではキツイ性格の医師、『デスノート』では国民的アイドル、『流星の絆』では詐欺師な、バラエティ豊かな“濃い”役を演じているものの、SNSなどで以前演じた役と比較される声も少ない。つまり演じた役柄のイメージをいい意味で次の役に残してない。

 「同世代の女優で言うと、例えば新垣結衣さんなら優等生かつ清純派。石原さとみさんならファッションアイコン、小悪魔系など、視聴者はある程度の印象はあるもの」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「だが戸田さんは、ドラマが決まっても、“次はこんな役柄かな”というのが想像しにくい。ここまでの知名度とキャリアがありながら、“定まった印象”がないんです。ですから“濃い”役柄を演じても違和感がない。いい意味で“一定の印象を残さない女優”と言ってもいいと思います」(衣輪氏)

 多くのヒット作に出演し、日本を代表する女優のひとりであるにも関わらず、不思議なことに“戸田恵梨香ってこうだよね”という印象を残さない。衣輪氏がいうように戸田は、“戸田恵梨香”というイメージを探すと、逆にその本質から遠ざかってしまうタイプの女優なのかもしれない。


■あえて地声で演じることも作戦? “作品に馴染む”ことで役を視聴者に押し付けない

 これは戸田が女優のジャンルとして“作品に馴染むタイプ”だからということもあるだろう。例えば『大恋愛』でムロのことばかりが記事に取り上げられるのも、彼女が作品とその雰囲気に同化しているからと考えられる。また“代表作(役)”、“女優としてのイメージ” が強く着きすぎてしまうと武器になる場合もあるが、役の幅が狭まる可能性もある。故・渥美清さんはそれで悩んだといわれているし、今年2月に高橋一生が「ルーブル美術館展」オフィシャルサポーター就任の会見で「印象に残らないほうが芝居はしやすい」と語ったのも同じニュアンスといってよいだろう。

 そんな中で、「私は戸田さんがいい意味で印象を残さない理由のひとつにあのハスキーな“声”があると考える」とも衣輪氏。「音も声も視聴者に訴えかける重要な要素。戸田さんは若手女優がやりがちな“作り込んだ可愛い声”ではなく“地声”で演じている。それだけで自然ですし、いい意味で“作っていない”分、役のイメージの“決定”を視聴者に押し付けない。押し付けられる違和感がないため視聴者の受け取り方にも空白ができ、気付かないうちに“今”画面で演じる戸田さんに集中してしまっている」(同氏)


 その結果、前の作品が“風化”してしまうように感じるのかもしれない。有村架純や木村文乃らからも“憧れの女優”と慕われる戸田恵梨香。過去のORICON NEWSのインタビューでも「イメージが確立されるのが怖いという気持ちはあります」と語っているが、むしろ作品に合わせて印象を変え、“戸田恵梨香”を匂わせていない。彼女はまだ30歳になったばかり。今後どう飛躍していくのか興味津々だ。

(文/中野ナガ)

戸田恵梨香の“リセット力” あえて印象を残さず新たな姿を更新

関連リンク

2018年12月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所