NOW ON AIR ナウオンエア
20:00~23:00メッセージフォーム
番組名
Nutty Radio Show THE魂
21:07 Starting Over/DISH//
パーソナリティー
藤井ペイジ(飛石連休)岡田サリオ
藤井ペイジ(飛石連休) 岡田サリオ
番組ツイッター 番組アメーバブログ

ゲストは上妻宏光
魂フェス最終日。
今年の木曜THE魂迷珍場面をランキング発表。
ナンバー1に輝くのは?
ダブルスチャレンジに参加して金のシールをゲット
ミュージッククイズほか

FAX
23:00~23:30
番組名
Music Freeway
パーソナリティー
矢口清治
OPEN
矢口清治
NACK日記(番組ブログ)

今週は、恒例の(?)MOVIE WEEK最終日です!
映画音楽をたくさんご紹介します。
クリスマスプレゼントもありますよ♪

24:00~25:00
番組名
Age Free Music!
パーソナリティー
富澤一誠
OPEN
富澤一誠

結成50年を迎えた六文銭が9年ぶりの新作を語る
凄腕ぞろいのスーパーバンド・テックスリンクスとは?

25:00~29:00
番組名
ラジオのアナ〜ラジアナ(木)
パーソナリティー
パーマ大佐
OPEN
パーマ大佐

パーマ大佐がお送りするラジオのアナ木曜!
今週も4時間生放送!

今週はスペシャルウィーク!
ということで、今年で3回目となるスペシャル企画をお送りします!
その名も「P-1グランプリ」!!

パーマ大佐を含めた3組の芸人によるネタバトルを行います!
出場者はパーマ大佐、3年連続出場のピン芸人・サツマカワRPG、
初出場の男女お笑いコンビ・パーパーの3組!

ルールは簡単です!
2時台前半にそれぞれ、2分半のネタを披露するので、
面白いと思った芸人に投票してください!

順位は皆さんの投票で決めます!
投票はメッセージフォームからお願いします!

サツマカワRPG、パーパーのどちらかが最下位になった場合は
最下位が決まった瞬間から4時まではマイクがオフになりガヤとしてしか番組に参加できなくなります。

パーマ大佐が最下位になった場合は、
リスナーの皆さんから頂いた罰ゲームを1つやります。
ということで、パーマ大佐が最下位になった時の罰ゲームの
アイデアを送ってきてください!

取り合えず、皆さん、難しいことは考えず、
純粋に面白いと思った芸人に投票してください!
ご参加お待ちしています!


・・・

今週のメッセージテーマは

「フリー!」

近況報告、相談、くだらない話、パーマ大佐への質問、
サツマカワRPGさん、パーパーへの質問など、何でもOK!
学生さん、初めましての参加も大歓迎!
メッセージお待ちしています!

・・・

その他、フリーメッセージもご紹介するので送ってきてくださいね!

コーナーも色々ありますよー!

▼1時20分頃 <アンサーソングクイズ!>

パーマ大佐がJ-POPの曲のアンサーソングを勝手に作って披露します!
皆さんはそれが、誰の何という曲のアンサーソングなのかを当ててください!

正解した方の中から抽選で3名様、
そして、ボケ解答を送ってくれた人の中からナイスボケ賞に選ばれた1名様に
パーマ大佐のサイン入りNACK5ステッカーをプレゼントしますよ!


▼1時40分 <ハンブレッダーズのミッドナイト放送室>

4人組ロックバンド・ハンブレッダーズがパーソナリティーを務める
<ハンブレッダーズのミッドナイト放送室>です!


▼2時40分<おお江健次&まつなみかほのワンチャンスラジオ>

おお江健次とまつなみかほがパーソナリティーを務める
<ワンチャンスラジオ>!お楽しみに!


▼3時 <J-POP大喜利>

J-POPの歌詞の一部を勝手に大喜利のお題にして、
皆さんにボケてもらいたいと思います!

今週は、松任谷由実さんの「ルージュの伝言」から!
お題になるのは、この部分!

<不安な気持ちを 残したまま
街はDing-Dong 遠ざかってゆくは 〇〇〇〇 >

本当は「〇〇〇〇」の部分には
「明日の朝 ママから電話で
しかってもらうわ My Darling」という歌詞が入りますが、
この部分に違う言葉を入れてください!

面白い替え歌、お待ちしています!


▼3時10分<パーマ大佐のオデンワデンワ>

リスナーとパーマ大佐が電話で楽しく、陽気に親睦を深めるコーナーです。
電話で話したい!という方は電話番号と
パーマ大佐と電話でどんな話をしたいかを書いてメッセージを送ってきてください!

※非通知拒否設定を解除しておいてください。


▼3時30分頃 <オーダーメイドソング!>

パーマ大佐があなたから頂いたオーダーを基に、あなたの為に1曲作ります!
無理のない範囲で、オーダーを書いてメッセージを送ってきてください!
1週間かけてパーマ大佐が1曲を作り、番組で披露します!

今週はR.N 僕ちん恋太陽 さんから頂いた

「今年の流行語をたっぷりと取り入れた歌」

というオーダーで作った曲を披露します。

引き続き、真面目なものからくだらないことまで、
皆さんからのオーダーをお待ちしています!

オーダー例

「間もなく結婚記念日を迎える妻の為にバラードを作って欲しい」
「子供が嫌いなピーマンを食べれるような楽しい食育ソングをお願いします。」
「うちの会社のテーマソングを作ってください」
「私自身のテーマソングを作ってください!」

など

「バラード調がいい」「アップテンポがいい」「ラップがいい」
「歌詞に必ずこの言葉を入れて欲しい」など
無理のない範囲で細かい指定をして頂いても構いませんし、
「パーマ大佐の感性で自由に作ってください!」というオーダーでも構いません。

ただ、曲を作るうえで情報が必要になりますので、
「何故、その曲を作って欲しいのか?」というエピソードや
「曲を送りたい人の"人となり"が分かるような情報」など
出来るだけ、曲作りがしやすくなるような情報も
一緒に添えてメッセージを送ってきてください!


▼4時5分頃 <きょうのパマ君>

映画「きょうのキラ君」へのリスペクトを形にした結果、生まれたコーナー「きょうのパマ君」。

ラジオ業界一のイケメンでドSのパマ君が皆さんからのメッセージを紹介します。
パマ君に聞いて欲しい日常の些細な出来事や自慢話。パマ君へのラブレターなどお待ちしています!

ちなみに、パマ君は基本的にドSなので、多少、乱暴な言葉遣いになります。
でも、たまにデレ出てきます。そんな、ツンデレもお楽しみに下さい。

増えるナシ婚の裏にある「未婚者のホンネ」

増えるナシ婚の裏にある「未婚者のホンネ」

参列経験がなく結婚式のイメージができない人もいるとか(提供:ベスト-アニバーサリー)  バブル時代に流行した「ハデ婚」から一転、長引く不況と晩婚化の進行から主流となった「ジミ婚」、さらに近年は、結婚式を挙げない「ナシ婚」が増加するなどの傾向がみられるウエディング市場。その一方で、アットホームな雰囲気のハウスウエディングが人気となり取り扱う企業が増えたり、結婚式を控えた花嫁がインスタグラムなどSNSを利用して結婚式の情報収集を行う「プレ花嫁活動」がネットを中心に話題になるなど、新たな展開も生まれている。果たしてイマドキの未婚者の結婚式に対するホンネとは。

お話しを伺った「楽婚」の塚田健斗社長

■未婚者のホンネ「結婚式はお金がかかる」

 人生のなかで一大イベントのひとつである結婚式。国立社会保障・人口問題研究所が5年に1度実施する「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)報告書」(2015年度)によると、結婚意思のある18~35歳の未婚者に、1年以内に結婚するとしたら何か障害となることがあるかを尋ねたところ、男女とも、前回調査(2010年度)と同様に「結婚資金」が第1位となった。そんななか台頭してきたのが、低予算でも理想的な結婚式が挙げられる“格安ウエディング”だ。

■楽婚の事業モデル 後払いができる“ご祝儀払い”

 オリコン顧客満足度調査にて2年連続1位を獲得している「楽婚」を運営するベスト-アニバーサリーは、この格安ウエディングというジャンルに8年前から参入しており、事業モデルのひとつとして後払いができるご祝儀払いプランを打ち出している。塚田健斗代表取締役社長はナシ婚に対し、想いを語る。「金銭的な理由で結婚式ができないというのは、我々のような婚礼に関わる会社にとって、非常に心苦しいことですので、貯金が足りないお客様でも結婚式が挙げられるように、提案をさせていただいています」。

 実際のところ、Webサイトを見てから店舗に来て、一度は諦めていた結婚式を挙げることに決めたカップルは多いとのこと。さらに、迷っている人に対しては実例を紹介しながら結婚式を挙げるメリットを伝えると、「楽しそうですね」「やった方が親は喜びますね」など、考え方が変化するケースもよくあるという。

■未婚者のホンネ「旧来の結婚式には興味がない」

 塚田氏は、ナシ婚の背景には「旧来の結婚式には興味がないという人が増えたこともある」と分析する。「世代が変わり、新郎新婦様はもちろん、親御様の考え方も変わってきている状況で、和か洋か、国内外かだけでなく“これならやってみたい”と思えるような新しい感覚の結婚式スタイルがなかったのだと思います。似たような会場やプランで何が違うかわからないし、やりたいと思う結婚式がない、という声は多数聞きました」(塚田氏/以下同)。

 さらに、塚田氏によると「当社の新入社員でも、結婚式に参列した経験がない人が6~7割います。つまり、結婚式をイメージできない若い方がたくさんいらっしゃるということです」。今の若い人にとって結婚式は、お金がかかるというイメージがあり、なおかつ何をやるのか想像できないのだ。ナシ婚が選択されるようになったのは、やむを得ないことかもしれない。

昔も今も時代の変化は「女性の意識」とともに


 時代の変化とともに変わっているのが女性の意識だ。塚田氏が会社創設当初の時代背景について語る。「楽婚がスタートする以前の話になりますが、当社は約20年前、ゲストハウスウエディングからスタートしました。当時はちょうど女性の社会進出が活発になり、女性が自らの願望を言えるようになった時代。そのときに、女性たちにどんな結婚式が望まれているのかを考えて打ち出した新しい結婚式のスタイルが貸し切り型の邸宅ウエディングでした。現在はそこからさらにまた時代が変わり、女性たちの憧れる結婚式のスタイルが多種多様になっていると実感しています」。

 多種多様なスタイルと塚田氏が語っていたが、最近は結婚式を控えたプレ花嫁たちが、SNSで結婚式を終えた卒花嫁たちから情報を収集している。いつの時代も“新鮮なイメージの趣向を自分好みの形で実現したい”という気持ち、ホンネの表れなのだろう。

■プランはイメージではなく“リアル”を求める

 さらに、婚礼会社に対しても、これまでのように結婚式のプランをイメージ先行で打ち出すのではなく、より“リアル”を提示することが求められているようだ。楽婚のウェブサイトでは、結婚式当日を具体的に思い描けるよう、実例をあげて写真とともに内容を紹介し、最終見積もりとご祝儀費用、自己負担金を紹介している。

 「イメージも大変大事ですが、『で、何ができるの? いくらかかるの?』というのがお客様の一番知りたいことだと思います。ですから、自分が興味をもったあの会場はこの値段でできるだとか、こういうことをするとこれくらいの金額になるのかなど、具体例と金額を載せることで、結婚式を身近に、よりリアルに考えていただけるようにしています」。

 インターネットが一般に普及してから約20年。子どもの頃からインターネットが近くにあった人たちは、おいしい店やデートコースも、テレビや雑誌よりSNSなどの口コミ情報を参考にする。そんな世代が結婚適齢期を迎えた今、ウエディング業界も従来のスタイルや価値観を一方的に押し付けるのではユーザーには響かない。今の若者は、実際のところ結婚式の何に最も価値をおいているのか、若い世代の“ホンネ”をどれだけ把握することができるかが勝負の分かれ目ということだろう。

(文:河上いつ子)

増えるナシ婚の裏にある「未婚者のホンネ」

関連リンク

2018年12月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所