NOW ON AIR ナウオンエア
23:00~25:00メッセージフォーム
番組名
Hit Hit Hit!
23:41 LION DANCE/noovy
パーソナリティー
柴田 聡

NACK5タッチ(http://nack5.club/)の準備はお済みですか?

今夜は7月最後のエントリー週!
番組後半には「EXILE」特集も!

お聴き逃しなく!

NEXT BREAKを作るのはアナタです!

FAX
25:00~29:00
番組名
FANTASY RADIO
パーソナリティー
春日萌花
OPEN
春日萌花

7月20日の「FANTASY RADIO」!

メッセジーテーマは・・・

【納得がいかないこと!】

プリンターのインクの減り具合に納得がいきません。
この間交換したばかりじゃないかーー!!
決して安いとは言えない価格だし!!!

ブラックコーヒーが大好きな課長。
「ブラック飲めない奴は男じゃない」
が口癖なのですが…
そう言ってる課長の方が、キャバクラの女の子にネチネチ粘着してて男らしくないぞ!!!

お弁当のおかずが1週間ほぼ同じ。
一方嫁さんは毎日違うお店でママ友とランチを楽しんでいます。

などなど、
あなたの合点がいかないこと、
腑に落ちないことを送ってくださいませ。

メッセジーお待ちしております!


各レギュラーコーナーです。

↓↓   ↓↓    ↓↓

1時20分頃からは「メッセジー紹介」
「Haruhi Haruhi Haruhi!」の投票は、毎月第一週目の金曜日に行います。
ちなみに今月決定した「Haruhi Haruhi Haruhi!」の“決まり”は、
『あんこを食べるなら"つぶあん"』です。


1時40分頃からは「いんたま2!」
毎週あるテーマに沿った「恋」や「流行」などのGIRL’S TALKを
あゆぼー、あやちとともにお送りする『いんすた!ふぁんたま!』のスピンオフ企画

今夜のテーマは「夏休みの恋」

もちろん、インスタグラマーであるあゆぼー&あやちの
テーマに沿った写真も、番組の公式インスタ・アカウントにアップ。

今日は越谷生まれのおしゃれ番長、あゆぼーが登場!


2時10分頃からは、復活した「ゲストコーナー」
毎週、素敵なゲストをお迎えしてお送りします。
今日は、ロックシンガー、
『ASH DA HERO』のASHさんをお迎えします。
ASHさんへのメッセジー、質問お待ちしています!


2時35分頃からは「ファンラジ・アニメランド」
ハルヒーおすすめのアニメ作品の紹介、
そして、みなさんからのアニメに関するメッセジーを紹介していくコーナー。
アニメ通の方はもちろん、
アニメに詳しくない方という方にもわかりやすくご紹介します。


3時の時報明けは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。

先週発表したお題は…
「99歳になってもバイタリティー溢れるオヨネばあさん。
 この夏びっくりするようなことにチャレンジすると宣言!それは?」


3時12分頃からは「占いの館」!
誰しも“悩み”は持っているもの…
そして、その“悩み”が深刻になればなるほど、
身近な人にはなかなか相談できなくなるものです。
そこで、“ライン川の母”の異名を持つ“フラウ・ハルヒー”が
リヒテンシュタインの知られざる「占いの館」を今日オープン!
リスナーの悩みに応じて、的確にお答えできる占い師を降臨させて
悩みを解消して差し上げる…というコーナーです。


3時35分頃からは、こちらも新コーナー、
「“あいうえお作文”リクエスト」
毎回、ある3文字のキーワードを設定し、その頭文字で始まるタイトルの曲を募集。
そこから3曲をピックアップしてノンストップでお届けする
リクエストコーナー。(新・旧、洋・邦 問いません)

今日のキーワードは『う・な・ぎ』です!


4時30分からは「魔法が解けた祭り」
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんからの「メッセジー」や「つぶやき」とともにお祭り騒ぎで迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・祭りの時間は、3分ちょうど!(時間が来たら終了です)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


そして、番組ブログ「NACK日記」では、
「“帰ってきた”さいたま横断ファンタジークイズ」を行なっています!
番組スタートと同時に、埼玉県のある都市(市や町)を連想させる画像、
その都市を妄想させるポーズ、名物や名産品のモノマネ、ハルヒーのイラスト
はたまた実際にその場所に出掛けて撮った写真など…を
番組ブログ「NACK日記」にアップしていきますので、
どこの市、町、村を表現しているかを当ててください。
正解者には、抽選で3名の方に「サイン入りNACK5スッテカー」をプレゼント!
正解・当選者の発表は、午前4時15分頃です。
※回答応募の締め切りは「午前4時」です

たま〜に、「ハルヒーで遊ぼう!」になりますが、ご了承ください。


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

自販機「レンタルアンブレラ」SNSの妄想が現実に…返却率7割、利用者の声は?

自販機「レンタルアンブレラ」SNSの妄想が現実に…返却率7割、利用者の声は?

ダイドードリンコ株式会社が行う、『レンタルアンブレラ』  雨が降ると、SNSでは「傘をシェア制にしてほしい!」というつぶやきが増える。そんな人々の空想が、叶いつつあるのをご存じだろうか。ダイドードリンコ株式会社が自動販売機に設置している“レンタルアンブレラ”は、2015年に大阪市内限定でスタートし、2018年には16の都道府県で展開するなど、年々広がりを見せている。“自動販売機は飲料を購入する場所”という、ひとつの既成概念を打破する新しい価値の提供に積極的にチャレンジを続けている背景について、コーポレートコミュニケーション部広報・多田元樹さんに話を聞いた。

【写真】駅の忘れ物が、レンタルアンブレラに?こだわりのデザインも公開

■「雨の日に走っている人を見て…」発案者は大阪市内のドリンクを補充する営業マン

 「以前からSNSで“シェア制に”と話題になっていた話は知りませんでした。“レンタルアンブレラ”は大阪市内にある当社自動販売機へ飲料補充等を行う営業マンの発案で、急な雨に降られ、走っている人やカバンを傘代わりにする人などを見て、なにか力になれないかと思ったところからなんです」(多田さん)
 国内飲料事業の売上のうち80%以上を自動販売機であげているダイドードリンコ。“自動販売を大切な店舗”ととらえているからこそ、生まれた発想だろう。

 「このような活動は、当社にとっても初の試みだったため、どの自販機に設置すれば、お客様にご活用いただけるのか、どんな傘を準備すればご利用いただきやすいか、そもそも本当に返してもらえるのか、など手探りの状態でした」(多田さん)
 活動初年度の設置場所は、大阪市内の様々な場所で試験的に展開された。その結果、繁華街や観光地ではなく、オフィスビル1階などの事業所内、地元の方がよく通る商店街など、繰り返し同じ方が通るところにある自販機で有効活用されるという傾向に従い、翌年以降の活動に活かしているそうだ。
 今ではSNSやお客様相談室などへも利用の感想、感謝の声、さらなる普及を熱望する声なども参考にしながら、より的確なサービスの提供を考えているようだ。

■レンタルアンブレラを通して、お客さまとの触れ合いの幅が広がった

 貸出用傘の一部には、資源の有効活用、環境負荷低減の観点から、各エリアの鉄道会社に協力を求め、駅や電車内の“忘れ物傘”をリサイクルしている。より多くの方に、長く使ってもらうために、強度の高い長傘を選んでいる。

 また、傘のデザインは、老若男女に気軽に利用してもらいたいという思いから、黒を中心としたシンプルなものを再利用し、柄の部分に「DyDo」ロゴのシールを貼っている。傘の部分に大々的にロゴを入れれば、広告効果も望めそうだが、なぜそれを狙わなかったのだろうか。
 「実は弊社で準備した傘もあり、それについては、傘部分にもロゴを入れています。でも、広告効果を狙ったものというよりは、“どこで借りた傘かわからなくなってしまわぬように”が目的です。ですから、リサイクルの傘については、もともとのデザインを活かした形で、柄の部分に“DyDo”と入れています。あからさまに広告のような傘では、手に取りにくくないですか?いつも自販機で飲料をご購入いただいているお客さまに、飲料提供とは違った形で恩返ししたいという思いから始めた事業なのに”デザインのせいで使いにくい“と思われたら本末転倒なので」(多田さん)

 「設置場所マップをつくったらより多くの人に利用してもらえるし、返却の際にも便利なのでは?」と尋ねると、利用率や返却率を見ながら、設置場所を随時更新しているため、設置場所マップを制作することが難しいようだ。2016年に関西エリアで検証した際の傘の返却率は7割ほど。現在も試行錯誤しながら、より多くの方に利用してもらうための計画を練っている。
 「日本ならではなのでしょうか。“来客が忘れていった傘にDyDoのロゴがついているけど、これどうしたらいいですか?”という連絡をいただくこともありました。レンタルアンブレラのことを説明すると“そうなんだ、じゃあ私が自販機に返しておくよ~!”なんて快いお返事をいただくことも。あとは、“壊しちゃったんだけど、どうしよう”というお問い合わせも過去にはありました。本当に親切な方が多いです。レンタルアンブレラの事業を通じて、お客様との触れ合いも増えた気がしています」(多田さん)

 レンタルアンブレラは、2016年には関西エリア、2017年には関東エリア・愛知県・北海道へと広がりを見せ、2018年には新たに福岡県、山梨県、長野県、新潟県を加えた16都道府県の約500台の自動販売機に設置されている。
 突然の雨の日は、自動販売機を探してみては?

自販機「レンタルアンブレラ」SNSの妄想が現実に…返却率7割、利用者の声は?

関連リンク

2018年7月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所