NOW ON AIR ナウオンエア
08:00~15:00メッセージフォーム
番組名
大野勢太郎の楽園ラジオ〜パワー全開!!〜
11:54 修羅の花/梶 芽衣子
パーソナリティー
大野勢太郎
大野勢太郎
NACK日記(番組ブログ)

今週のザ・世論調査は、
『 日本の夏!!暑いけどスーツ着ないとダメですか? 』

…尋常じゃない暑さの日本の夏。
 仕事を始め、結婚式など、やっぱりスーツを着ないとダメですか?
 楽園ラジアンからの幅広い視点からの世論を募集します。


☆電話番号を記載された方には生電話の出演のため、
               スタッフがお電話させて頂くことがあります☆


「キラキラ光る!激闘楽園天国シール」毎週10人の方にプレゼントしています。
第1弾 楽園ラジオの守護神
第2弾 御意見師匠(通称:オピニオンマスター)
    楽園葉書職人(通称:パラダイスレターマン)
第3弾 電光石火葉書隊(通称:スピーディーワンダー)
    超次元の覇者(通称:アメージングロイヤルラジアン)

そして、赤を基調としたクールでスタイリッシュな、
その名も「ラジアンのバンダナ」こちらは、毎週3人の方にプレゼント!


楽園ラジオのプレゼントは、メッセージが読まれなくても当選のチャンスあり!!
どしどしご参加くださいね!!

※プレゼント希望の方は、おところ、お名前、電話番号の記入はお忘れなく!!
 すでに当選されているラジアンは、何を持っているかの記載もぜひ!!



<<ゲスト>>
11時〜 ジジイ放談〜怒りのマラカス
お笑いコンビ LLR


12時55分〜 人生劇場
「ラグビー」に人生を捧ぐ、
サントリーサンゴリアス所属/日本代表の真壁伸弥選手

FAX
15:00~17:55
番組名
HITS! THE TOWN
パーソナリティー
バカボン鬼塚山口五和
OPEN
バカボン鬼塚 山口五和

メッセージテーマは「忘れたり忘れられたりで珍プレー好プレー」
高橋直純&Chuning Candyを迎えて
あまがみ様が降臨
コロコロクイズ

17:55~18:00
番組名
NACK5 NEWS
OPEN
NACK5 NEWS

18:00~21:00
番組名
SPO-NOW
パーソナリティー
小笠原 聖
OPEN
小笠原 聖

今週もスポーツの話題で楽しく盛り上がろう!
ゲストにビーチバレーの男子No1プレイヤーで埼玉県出身の高橋巧選手をお迎えします!

22:00~22:30
番組名
J-POP TALKIN'
パーソナリティー
田家秀樹
OPEN
23:00~24:00
番組名
NEO AGE CIRCUIT
パーソナリティー
浅倉大介
OPEN
浅倉大介

テーマは「大人になっても苦手なもの私の地味な特技」
DAサウンドリクエストは清涼感あふれる女性ボーカルバラッドを!
また夏恒例のショップ情報も!

25:00~29:00
番組名
手賀沼ジュンのウナンサッタリ・パンツ
パーソナリティー
手賀沼ジュン
OPEN
手賀沼ジュン
NACK日記(番組ブログ)

テガジュンこと手賀沼ジュンがお送りする
「ウナンサッタリ・パンツ」!

・・・

今週は、ウナンサッタリ・パンツ4周年記念スペシャル!

「朝まで生ライブ!
〜ライブハウス ウナンサッタリ・パンツへようこそ!〜2018」

を開催します!

2億9千万人いると言われているウナパンリスナーを
熱狂の渦に巻き込んだスペシャル企画もついに3度目!

今回も番組にゆかりのあるアーティストをゲストに招き、
それぞれのスタイルで生歌を披露します!

ゲストアーティストは、

NACK5そして、ウナパンではお馴染みのシンガーソングライター・Motoさん!

そして、ウナパン最多ゲスト出演記録保持者、
栃木出身のシンガーソングライター・
プレミアムお姉さんこと、ソルト狭子さんこと、サトウヒロコさん!

このお二方と手賀沼ジュンの3人が
朝まで、出来る限り、それぞれのスタイルで生歌を披露します!

そして、ミュージシャンがゲストの時の
定番コーナー「お題をもらって即興ソング」もやります!
何でもいいので曲にして欲しいお題を送ってきてください!
3人がそのお題を基に即興で曲を作ります!


お楽しみに!

・・・

メッセージテーマは「フリー」!

番組の感想、ゲストのMotoさん、サトウヒロコさんへの質問、
手賀沼ジュンさんへの告白、
番組と全然関係ないことでも何でも構いません!
メッセージお待ちしています!

・・・

その他、コーナー盛りだくさん!


・・・

その他、コーナーもりもりのモリッシー!スミス!


▼1時40分からはT.Oさんがパーソナリティーを務める<NO.16>


▼<回文作りまSHOW!> 2時

※1人5作品まででお願いします!

手賀沼ジュンのネタの一つでもある回文作り。
その回文作りを皆さんにも挑戦してもらおう!というコーナーです!
皆さんに、毎週、お題に合わせた回文を送って来てください!

今週のお題は

「海(読み方自由)」

皆さんからの回文をお待ちしています!
 
※回文とは、前読んでも後ろから読んでも意味が同じ文章のこと。
「磨かぬ鏡」=「みがかぬかがみ」・「竹藪焼けた」=「たけやぶやけた」など


▼<手賀沼ジュンのもやもやクイズ> 2時30分頃

クイズの答えを聞いても、何となく納得出来るような、
出来ないような、手賀沼ジュンの中だけで筋が通っている、
もやもやした部分が残るクイズを出題する批判必死のコーナー!
皆さん、是非、問題を聞いて参加してくださいね!
正解した方に抽選で3名様、間違っているけど面白かった解答を送ってくれた方1名様にテガジュンのサイン入りステッカーをプレゼント!

答えの投稿は1人1通でお願いします!
真面目に答えるのか!?それともボケるのか!?
それぞれのご判断にお任せします!

投稿は4時までにお願いします!

正解発表は4時30分頃!


▼<Song for You!> 3時15分頃 

この枠は「Song for You!」と
「流行語大賞獲得大作戦 〜ツイッターVer.〜」を週替わりで行っていきます!

今週は「Song for You!」!

このコーナーは、皆さんからお題を頂いて、その中からテガジュンが1つ選びます!
そして、そのお題に合わせた曲を
次回の「Song for You!」のコーナーまでにテガジュンが作り、生演奏で披露!

完成度が高ければ、そのままテガジュンの曲のレパートリーの1つとして、
ライブなどで披露されるような曲になるかもしれません!

今週は、R.N 暴走鮫特急さんから頂いた

「ナイスガイがライス大」

というテーマで作った曲を披露します!

お楽しみに!

そして、次回の曲のお題もお待ちしています!
お題に採用された方にはサイン入りステッカープレゼント!

・お題の例

携帯電話
ボールペン
捨てられた空き缶
コツメカワウソの歌
意味は分からないけど響きがカッコいい言葉を羅列しただけの歌
犬とじゃれる猫と私
夏の日のこたつの憂鬱
夏なんていらねぇよ、冬
ずっと黄身のことを考えてる
いつまでも蕎麦屋に居るよ

シンプルなお題から一癖あるお題までお待ちしています!


▼<お題をもらって即興ソング> 3時40分頃

何でもいいので曲にして欲しいお題を送ってきてください!
手賀沼ジュン、サトウヒロコ、Motoの3人が
そのお題を基に即興で曲を作ります!


▼<メロディーで大喜利を> 4時15分頃

※ボケ回答は1人10回答まででお願いします!

大喜利のお題と回答に、
テガジュンがギターで曲をつけながら歌ネタテイストで進行していきます!
あわよくばテガジュンの新歌ネタにさせてもらっちゃうかも・・・?

今週のお題は、

・・・

こんな動物園は嫌だ

「○○○○」 

・・・

皆さんからのボケ回答お待ちしています!

25:40~26:00
番組名
NO.16
パーソナリティー
T.O
OPEN

女性の「勝負下着」概念が変化?男性意識から自分アゲへ…最新事情を聞く

女性の「勝負下着」概念が変化?男性意識から自分アゲへ…最新事情を聞く

上品な野花と繊細な編みレースがかわいい、ワコールの2018秋冬モデル「93 Series」写真提供:ワコール  女性にとって“勝負下着”と言えば、異性に見られることを意識して選ぶ下着といった意味であったが、最近ある変化が見られるようだ。“異性に見せる”よりも“いかにラクであるか”にシフトしつつあるという。実際に市場では、ユニクロの『ブラトップ』に代表されるキャミソール型などの“着け心地が良い下着”が販売数を伸ばしている。いまや特別な夜のために“勝負下着”を選ぶという概念はなくなってしまったのか? 現代女性の下着事情について株式会社ワコールの広報・宣伝部の上沼孝子氏に聞いた。

【写真】つけ心地と美しさを両立?女性に人気の最新“勝負下着”一覧

■女性の6割が勝負下着を保有、すべては“自分のため”

 勝負下着を持っている女性はどれだけいるのか。そんな勝負下着に関する意識調査を行った株式会社ワコールの広報・宣伝部の上沼孝子さんは、「女性の6割以上が普段の日と特別な日で着用する下着を分けている」と話す。

「“対異性”を意識するよりも、自分のスイッチを切り替える手段として勝負下着を使い分けている女性が多いんです」(上沼氏)

 女性には様々な“勝負のとき”がある。NHKで今年3月31日に放送され話題になったドキュメンタリー番組『あなたの下着見せてください~プロも驚く女性たちの真実~』では、さまざまな職業に就く女性の“勝負下着”と“勝負のとき”が公開。ある女性銀行員は、「子どもの頃の成功体験時に身に付けていた下着と同じようなデザインを、資産運用の相談など仕事の大事な局面で身に付ける」と話した。

 さらに、AKB48の柏木由紀は出席したランジェリーイベントで「勝負下着だったら(“AKB選抜総選挙”で)1位になれたかも」と発言。下着は“勝負アイテム”として重要な役割を担い、勝負下着を身に付ける行為は自分自身への“願掛け”にもなっている。“勝負”の定義が“異性のため”から“自分のため”へと変化しているのだ。

■“ありのまま志向”で胸のコンプレックスもシェア、中村アンや梨花の影響も

 では、なぜ“自分のための勝負下着”が取り入れられるのか。女性下着の変遷について前出の上沼氏は「1990年代にはシンディ・クロフォード、ナオミ・キャンベルらスーパーモデルの活躍で彼女たちに憧れる女性が増え、女性のプロポーション意識が変化しました。よりきれいに見せたいという願望が高まり“寄せて上げる”下着が流行したんです。しかし、2000年代以降には『もっと自然に生きたい』『癒されたい』という欲求が生まれ、より自分らしい生き方が意識されるようになりました。“見た目の美しさ”と“快適性”の両立を目指して、下着のデザインも進化しているんです」と話す。自分らしい生き方を追求する中で、作り込まない自然さが下着のデザインにも反映されていった。

 GUやユニクロといったファストファッションブランドでは、キャミソールやタンクトップ型の“着け心地の良い下着”が売れている。SNSでは「ふにゃふにゃのクッションを触った時と同じ着け心地。もう他の下着を着けたくなくなる」「優秀すぎる! この感動を誰と分かち合えばいいの?」「胸の形もきれいに見せてくれるから、大好き」など称賛の声が上がっている。これはまさに“見た目の美しさ”と“快適性”を両立した結果だといえる。

 ひと昔前までは、寄せて上げて胸の谷間をつくる、背中や脇のぜい肉を収めてきれいなボディラインに仕上げるなど、下着は女性の美をつくる“過程”において重要なアイテムで、女性同士の間でも“どのように自身の体を形づくっているか”ということは、どちらかというと隠しておきたい話題であった。しかし、ありのままであることがよしとされる風潮になったことで、“胸が小さい”“形が左右で違う”といったコンプレックスを徐々にさらけ出していけるように。中村アン、梨花、紗栄子といった下着モデルを務める有名人たちが、下着のこだわりや悩みについて赤裸々に語るようになったことも女性心理の変化を後押ししたのではないか。

■一方で、男性が求めるのは自分へだけの“特別感”

  “勝負下着”を身に着ける目的の対象であった男性の意見は、女性のイメージとは大きく異なる部分があるようだ。オリコンが運営するライフスタイルメディア「eltha(エルザ)」で、20~40代の男女を対象に女性の勝負下着について調査したところ、男性にとって女性の下着は“透け感があること”が最重要ポイントで、次に意識するのが“派手なカラー”“胸やおしりの露出の多さ”となっている。理由として「好きな人や気になる相手にしか見せられない姿だと思うから」(東京/20代/男性/透け感がある)などの意見があがっているように、“自分にだけに見せる”という特別感が男心を掴む要素のひとつであるようだ。

 これに対し、女性は異性のための勝負下着についても、“ブラジャーとショーツがおそろい”というのが大前提となっており、次いで“レースや網素材が使われている”“派手なカラー”といった要素がポイントとして挙げられた。セクシーさよりも、かわいさ、デザインや素材の繊細さといった自分の気持ちを高めてくれる下着を求める傾向にある。

 男女で勝負下着への考え方が分かれる結果となったが、これらの意見から“男性ウケ”や“男性に媚びる”といった女性の心理が薄れつつあるという側面も見えてくる。下着という見えない部分だからこそ気合を入れる、自然体でいられる下着やテンションの上がる下着を身に着け、忙しい毎日の中でも気分良くいられる工夫をする。恋愛に限らずさまざまな局面で勝負のときを迎える女性にとって、勝負下着はその大きな助けになっているのかもしれない。
(文:大澤しのぶ)

女性の「勝負下着」概念が変化?男性意識から自分アゲへ…最新事情を聞く

関連リンク

2018年7月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所