NOW ON AIR ナウオンエア
21:00~23:00メッセージフォーム
番組名
K's TRANSMISSION
21:34 WIND OF TIME/THE ALFEE
パーソナリティー
坂崎幸之助(THE ALFEE)

メッセージフォーム

メッセージはこちら♪
他の番組へのメッセージはコチラ

4/20のJ-pop Schoolは、先輩がバリバリだった頃の

ライブ音源を聴く企画

今回は、73年発売の井上陽水さん『もどり道』を紹介

名盤です♪

FAX
26:00~29:00
番組名
FANTASY RADIO
パーソナリティー
春日萌花
OPEN
春日萌花

4月20日の「FANTASY RADIO」は、“スッペシャルウィーーーーーーーク”!

今夜、ハルヒーはコスプレ姿で3時間の生放送!!!
詳しくは、番組ブログ NACK日記をチェック!

大好評(?)の『コスプレ生演奏曲あてクイズ』、
今回は“錦町フィルハーモニー〜春の調をあてましょクイズ〜”と題して
リスナーのご機嫌を伺っていこうと思います。
今日はテルミンではなく、初心にかえって“フルート”を演奏します!

出題は1時間に1問。
各時間、正解者の中から抽選で1名の方に、
ハルヒーが、ひと針ひと針“愛”を込めて作った
お手製の『ミニチュアらじっと君人形』をプレゼント!
ぜひご参加くださいまし。


メッセジーテーマは・・・

【はじめての◯◯】

イケメンヤンキーとのはじめてのチューは
その日の給食で納豆が出たから納豆味でした‥

はじめてのデート。
浮かれすぎて派手に転びそのまま入院(T ^ T)

娘のはじめての料理。
作ってくれた卵焼きには殻が全部入ってて‥
食べるたびにジャリジャリと音が。
泣きながら完食しました(>_<)


などなど
あなたの「はじめて」を教えてください。


はるしーは「はじめてのプロレスの試合」で
膝の靭帯伸ばしたよ!しかも試合前に!!


メッセジーお待ちしております!


各レギュラーコーナーです。

↓↓   ↓↓    ↓↓

2時20分頃お送りしている、「Haruhi Haruhi Haruhi!」
日頃、「コレってどうなの?」と思っていること、
「自分では当然に思っているけれど、変かな?」と思っていることについて
ファンラジリスナーに「NACK5タッチ」を使ってリアクションしていただき、
ファンラジ的常識・定説を決定しよう!というコーナー…ですがっ、
今月からこのコーナー、第一週にアンケートを行い、その結果を受け、
ファンラジリスナーは1ヶ月、その結果を守らなければいけない!
…ということとなりました。
今月は『買い物のお釣りの小銭は貯金しちゃダメ!』ですよ。(実行してますか?)

ということで今日もこの時間は、みなさんからのメッセジーを紹介します!


2時40分頃からは「いんすたっ!ふぁんたまっ!」
このコーナーは、「あなたの毎日がきっと楽しくなる、おでかけメディア」
aumoとコラボレートして、埼玉県内の様々な場所を実際に訪ねて
“インスタ映え”する、そして行ってみたくなるようなスポットをご紹介します!
ご紹介したスポットは番組公式アカウントのインスタグラムだけでなく、
“お出かけメディア”aumoにも掲載されますので、
ぜひそちらもチェックして下さいね!
今日の『サイタウーマン(仮)』は、2018ミス・ユニバース埼玉グランプリ!
「岡嶋彩」ちゃん(あやち)です!

今週もコーナー内で「インスタLIVE」を行いますのでお楽しみに!

あゆぼーとあやちが、それぞれの得意分野を活かした
『インスタ映えテクニック』を披露して、
リスナーのみなさんに、そのテクニックをジャッジしていただく
『ハルヒーの“いいね”チャレンジ!』の新企画。
今日は、あやちが登場ということで…

あやちの「ミス・ユニバース埼玉代表指南 美・インスタ映えをねらえHow To」!
あやちのアドバイスでキレイな姿勢で自撮りしたハルヒーの画像をアップ!
リスナーのみなさんには、その自撮り画像が良いと思ったら
「いいね」していただきます。
「いいね」の数が合格ライン(270いいね!)を超えなかったら『罰ゲーム』!
「いいね」の数が合格ラインを超えたら、リスナーへのお礼を込めた
『ラジオ映えコメント』をあやちとハルヒーからプレゼント!


3時の時報明けは「ファンラジ・アニメランド」
ハルヒーおすすめのアニメ作品の紹介、
そして、みなさんからのアニメに関するメッセジーを紹介していくコーナー。
アニメ通の方はもちろん、
アニメに詳しくない方という方にもわかりやすくご紹介します。


3時30分頃からは「ミュージック大喜利」
毎週出題されるお題に対して、思わず笑ってしまうようなお馬鹿な答えや、
「うまいねぇ〜!」と言ってしまうようなトンチの効いた答えを
送って来ていただく…という大喜利コーナー。

先週発表したお題は…
「芸歴45年、芽が出ることなく引退を決意した芸人“ファンタジーあまあま”。
 引退ライブの最後の最後につぶやいた一言は?」
 

3時40分頃からは、今月からスタートした新コーナー…、「占いの館」!
(早くも“危険水域”? それともイイ意味で“クソコーナー”?)

誰しも“悩み”は持っているもの…
そして、その“悩み”が深刻になればなるほど、
身近な人にはなかなか相談できなくなるものです。
そこで、“ライン川の母”の異名を持つ“フラウ・ハルヒー”が
リヒテンシュタインの知られざる「占いの館」をオープン!
リスナーの悩みに応じて、的確にお答えできる占い師を降臨させて
悩みを解消して差し上げる…というコーナーです。


4時台は、「魔法が解けた祭り」
“永遠の23歳”の魔法が解けてしまう、午前4時30分…
この迫り来る恐怖の時間を、
みなさんからの「メッセジー」や「つぶやき」とともにお祭り騒ぎで迎えます!

「魔法が解けた!」のメッセジーやつぶやきは…
・午前4:30ジャストから受け付けます。(フライングは対象外となります)
・メッセジーは魔法が解けた祭りのメッセジーフォームへ(4:30にUPされます)
・祭りの時間は、3分ちょうど!(時間が来たら終了です)


4時40分頃からは「お天気チョットいい話」
気象予報士の資格を持っているハルヒーが、
身近に感じられるお天気の話をご紹介します。


そして、番組ブログ「NACK日記」では、「いんすたっ!ふぁんたまっ!」で
今日紹介する埼玉の市、町、村を当てていただく、
「いんすたっ!ふぁんたまっ!どこでしょうクイズ」をやっています!
今日ご紹介する、埼玉のスポットを、ハルヒーがイラストにして
番組ブログ「NACK日記」にアップします。
そのイラストをヒントに、今日ご紹介する市、町、村、スポットをお答え下さい。
正解者には、抽選で3名の方に「サイン入りNACK5スッテカー」をプレゼントします。
正解・当選者の発表は、コーナーの中で行います。


今週は「コスプレ生演奏曲あてクイズ」を行うため、
番組ブログ「NACK日記」を使った『ハルヒーで遊ぼう!』はお休みします。


その他アナタが今聞きたい「リクエスト曲」
はるひーへの質問・番組の感想などの「ふつおた」もお待ちしております(o^∇^o)ノ!!

Twitterでつぶやくときは、「#ファンラジ795」を付けてつぶやいてください。
こちらでの参加もお待ちしております!

『アベンジャーズ』次回作は「日本をかなりフィーチャー」A・ルッソ監督明かす

『アベンジャーズ』次回作は「日本をかなりフィーチャー」A・ルッソ監督明かす

マーベル・スタジオ映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ファンミーティング(左から)アイアンマン、佐野岳、溝端淳平、トム・ホランド、アンソニー・ルッソ監督、キャプテン・アメリカ (C)ORICON NewS inc.  マーベル・スタジオ映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)を手掛けたアンソニー・ルッソ監督とスパイダーマン役のトム・ホランドが来日し、16日、都内の劇場でファンミーティングが開催された。約500人のファンが集まり、約23分のフッテージ(本編映像の一部)が日本で初披露された。作品への期待感で盛り上がる中、登場したA・ルッソ監督は「2週間後に公開になる『インフィニティ・ウォー』の後に控えている『アベンジャーズ4(仮)』では、日本がかなりフィーチャーされることになります。期待してください」とサプライズ発表で日本のファンを喜ばせた。

【画像】5色に分けられた『アベンジャーズ』最新作のキャラポスター

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品では、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16年)に続きメガホンをとったA・ルッソ監督。今回、初来日を果たし、「日本にはずっと来てみたかった。世界を代表する都市として東京の映像はいろいろ観てきましたが、実際はそれを上回る。もっと早く来れば良かったです」と、ご機嫌な様子。

 『アベンジャーズ』の撮影現場も相当、楽しいようで、「とにかくチームワークは抜群。単独シリーズでキャラクターを演じてきた全員が共演するという場が、いかに貴重かをみんなが自覚している。意気揚々とうれしそうに共演を楽しんでる。誰か一人が主人公ということではない。自己主張やエゴのない、創造性と協調性にあふれる現場だった。これほどの人数の才能あふれる俳優たちが集まる作品は、『アベンジャーズ』をおいてほかにはないだろう」(A・ルッソ監督)と話した。

 最年少アベンジャーズであるスパイダーマン=ピーター・パーカーを演じるトムは「ピーターのすごいところは、自分がスパイダーマンであることを秘密にしているところ。あれだけの特殊能力を持っていたら、僕ならすぐにインスタで発表してしまうよ(笑)。力の弱い人、大切な人を守る、最高のキャラクターだと思います」とアピール。「子どもの頃から大好きで、ベッドルームでスパイダーマンを演じていた。コスチュームを着てパーティーに行ったこともありました。それが、いま自分がスパイダーマンになっているのはシュールなもので、まさに夢がかないました」と感慨をもらした。

 話題は、『シビル・ウォー』(16年)でMCU作品に初登場するスパイダーマンに、トムを選んだオーディションの裏話にも及び、「スパイダーマンのキャスティングは難航しました。原作コミックどおり、若さあふれるキャラクターとして登場させたかったので、何度もオーディションをしましたね」とA・ルッソ監督が振り返ると、トムから「なぜ何度もオーディションをしたんですか? けっこうなストレスでした」と恨み節混じりのツッコミが入った。

 監督は「ロバート・ダウニーJr(アイアンマン)やクリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)ら、ほかのキャストとの相性も大事じゃない? たいへんなオーディションをクリアしたトムのすばらしさは、でき上がった映画を見ればわかります」と返していた。

 スパイダーマン役のオーディションでは、せりふ審査に使われたシーンがたまたま「バック宙して部屋に入っていくシーン」で、トムは「バック宙できるけど、やってもいいかな?」と聞いたそう。A・ルッソ監督は「万が一、失敗してけがでもされたら大変。私の立場からはどうぞとは言えないけど、やるなら自己責任でどうぞ、と言ったんだ。そのことがいまだに忘れられないよ」と、懐かしんでいた。

 イベントの後半には、『アベンジャーズ』でファルコンの日本語吹替えを担当する溝端淳平、マーベル好き“アベンジャーズファン代表”として佐野岳が登壇。佐野は、トムのように、壇上でバック宙してスパイダーマンのポーズを決めてみせ、英語で「アベンジャーズの一員になりたい」とA・ルッソ監督に猛アピール。「敵として忍者や侍がいたらどうですか?」と提案すると、監督は「MCUのずばらしさはなんでもあり、ということ。ひょっとしたらありかもしれませんね」と、佐野の“勇気”を称えていた。

 予定されていたプログラムがすべて終わり、降壇を促されたトムが、MCからマイクを奪って「マーベルを代表してお礼を言わせてください。作品のために世界中を回っている中で、皆さんから本当にたくさんの愛をいただいて感謝しています。ありがとうございます!!」と、改めて感謝を伝えるサプライズも。会場内の熱気をより一層高めていた。

『アベンジャーズ』次回作は「日本をかなりフィーチャー」A・ルッソ監督明かす

関連リンク

2018年4月号<水野健一郎>



過去の表紙一覧

エアスケジュール配布場所