NOW ON AIR
GOGOMONZ (13:00-17:00)
NOW PLAYING00:00

ホラー映画『メリーおばさんのひつじ』狂気の本ビジュアル&本予告解禁、お化け屋敷とのコラボも決定

 19世紀アメリカの実話に起源を持つ童謡「Mary Had a Little Lamb」(メリーさんのひつじ)をホラー映画化した『メリーおばさんのひつじ』(9月6日公開)の本ビジュアルと本予告が解禁となった。

【動画】「メリーさんのひつじ」の不協和音が耳から離れない

 本作の監督は、『MEG ザ・モンスターズ2』のアニメーションや『キック・アス』の視覚効果を手掛けたジェイソン・アーバー。製作陣は、『プー あくまのくまさん』の監督リース・フレイク=ウォーターフィールドらが名前を連ねる。

 今回解禁となった本ビジュアルは、森の中のような背景に、こちらをじっと見つめるおばさんと、血まみれの羊人間が写る。どアップで写されたおばさんにはピントが合っておらず、顔がぼやけていることから、おばさんが何者なのか想像をかき立てられる。そして、その背後には、なぜか血まみれで斧を持つ羊人間の姿も…。この気味の悪いおばさんと得体の知れない生き物、そして、「どこまでもついてくる。みんなが死ぬまでついてくる――。」というコピーで恐怖をあおる。

 あわせて解禁となった本予告映像は、音をたてないよう震えながら口を押さえる女性に忍び寄る影と、叫び声から始まる。ラジオ番組のパーソナリティーとして働くカルラは、番組で使える面白いネタを探していた。そんな矢先、「ワープウッズの森」で行方不明者が続出しているというニュースを見つけ、「これだ…!」とピンときたカルラは、取材班を連れ、その森の中へ足を踏み入れることに。

 そこで、“メリー”と名乗るおばさんに出会うが…、このおばさん何かおかしい…。さらに、動画の後半には、斧やトンカチ、チェーンソーを振り回し、次から次に人を襲いまくる羊人間が映し出され、血まみれになりながら泣き叫ぶ人々の様子や全速力で追いかけられる女性の姿も。羊の鳴き声、女性の叫び声、そして童謡「メリーさんのひつじ」の不協和音と、気持ち悪さしかない狂気の本予告映像となっている。

 そして、大阪心斎橋ビッグステップ7Fに、本作とコラボレーションしたお化け屋敷が今月27日にオープンする。ゲストは嵐の中、ワープウッズの森の奥深くのとある一軒家で一夜を過ごす事に。それはとんでもない恐怖の始まりだった…。寝転んだ状態でアイマスクを着用し、身動きの取れない状態で体感する新感覚のお化け屋敷で映画『メリーおばさんのひつじ』の世界観を味わう事ができる。さまざまな特殊効果に加え、超過激な演出の数々に耐えることはできるのか!?