NOW ON AIR
GOGOMONZ (13:00-17:00)
NOW PLAYING00:00

佐藤健・永野芽郁・芦田愛菜・阿部サダヲ出演、“体内世界”をイメージした『はたらく細胞』ポスタービジュアル解禁

 細胞を擬人化して描き、その斬新かつユニークな設定が大きな話題を呼んだ漫画を実写映画化した『はたらく細胞』(12月13日公開)のポスタービジュアルが解禁となった。

【動画】映画『はたらく細胞』最新予告映像

 体中に酸素を運ぶ赤血球役の永野芽郁、細菌やウイルスと戦う白血球(好中球)役の佐藤健。さらに、人間の親子、“健康優良な女子高生の娘”漆崎日胡(うるしざき・にこ)役で芦田愛菜、“不摂生にもほどがある父”漆崎茂(うるしざき・しげる)役で阿部サダヲが出演する。

 ポスタービジュアルは、色鮮やかに表現された独特の体内世界で疾走する世界最“小“の主人公・赤血球と白血球(好中球)、そして細胞たちがはたらく舞台となる人間、漆崎親子の姿がデザインされた一枚。本作には、ほかに13人の未解禁キャストがいて、ポスターにちりばめられたカラフルな細胞がそのヒントに!?キャストの発表にあわせて同ポスター内に新たなキャラクターが追加されていく予定だ。

 原作漫画(著者:清水茜、講談社「月刊少年シリウス」所載)は2017年にフランスの新聞『ル・モンド』が選ぶ「この夏推薦する図書リスト」に選出されるなど、国内だけでなく世界中から注目を集め、2018年のアニメ化でさらにブームは過熱。以後、現在まで数々のスピンオフ作品が発表され続けている。

 人間の体の中を舞台に繰り広げられる<世界最小の物語>を、日本映画最大のスケールで描く映画は、清水氏の『はたらく細胞』に加え、原田重光氏・初嘉屋一生氏が加わったスピンオフ作品『はたらく細胞BLACK』の2作品を原作とし、人間の親子のそれぞれの体内世界で細胞たちがはたらく様子と、その親子を中心とする人間世界のドラマも描く。監督は、『翔んで埼玉』『テルマエ・ロマエ』などの武内英樹。アクション演出は、『るろうに剣心』『幽☆遊☆白書』の大内貴仁が務める。

 今週12日より、全国の劇場にて第1弾ムビチケカードの発売も決定(※一部劇場を除く)。購入特典は、縦わずか1ミリのサイズでギネス申請予定の「世界最小マイクロポスター」を印刷した名刺サイズの特製ポスターカード(数量限定)。

 同じく12日より、一部の劇場にて、世界最小ポスターの掲出が順次スタートする。肉眼では確認しづらいため、虫めがねを使ってのぞき込めるようなっている。映画の世界観を身近に感じられる、映画館限定の展示を見かけたらぜひのぞいてみよう。