NOW ON AIR
FAV FOUR (水) (20:00-23:00)
NOW PLAYING00:00

『テラフォーマーズ』5年半ぶり連載再開 原作者の体調不良で休載も復活

 漫画『テラフォーマーズ』(原作:貴家悠、作画:橘賢一)が、4日発売の連載誌『週刊ヤングジャンプ』18号(集英社)にて、5年半ぶりに連載が再開された。同作は、2018年12月より原作者・貴家悠氏の体調不良で休載していた。

【画像】ひえっ…キモすぎる 公開された『テラフォーマーズ』イラスト

 連載再開を記念して、漫画アプリ『ヤンジャン!』にて『テラフォーマーズ』を期間限定で全話無料公開中。期間は24日までとなっている。

 また、連載再開を祝うPVをYouTube「ヤンジャン漫画TV【集英社ヤングジャンプ公式】」にて公開された。

 『テラフォーマーズ』は、火星で想定外の進化を遂げたヒト型生物「テラフォーマー」と人類の戦いを描いたストーリー。火星の地表を「コケ」と「ゴキブリ」を撒くことで暖め、人が住めるようにする「テラフォーミング計画」だったが、ゴキブリは想定外の進化を遂げてしまい、人間たちを駆除し始め20年…二世代にわたるゴキブリと人類の大戦争を描いている。

 2011年1月より増刊『ミラクルジャンプ』創刊号より連載がスタートし、2012年より『週刊ヤングジャンプ』へ移籍。コミックス既刊22巻の累計発行部数は2200万部以上となっており、『このマンガがすごい!2013』(宝島社)では「オトコ編」で1位、『全国書店員が選んだおすすめコミック2013』では2位を獲得。2014年と2016年にはテレビアニメ化、2016年には実写映画化もされた人気作品となっている。

 しかし、原作漫画は原作者・貴家悠氏の体調不良により度々休載しており、2017年3月~2018年4月にも長期休載していた。