NOW ON AIR
FAV FOUR (水) (20:00-23:00)
NOW PLAYING00:00

佐々木蔵之介の新事務所「アンカー」設立 3・31退所の藤野涼子&「二人三脚で歩んできたマネージャーと共に」

 3月末でケイファクトリーを退所した俳優・佐々木蔵之介(56)と藤野涼子(24)が、新事務所「アンカー」に所属したことが3日までにわかった。藤野が自身のインスタグラムで明らかにし、「アンカー」公式サイトで事務所設立が発表された。

【写真】「新たな1歩」新事務所アンカー所属を報告した藤野涼子

 藤野はケイファクトリーへの感謝をつづるとともに、「今までも二人三脚で歩んできたマネージャーと共に自分自身の俳優としての可能性を見つめ直し株式会社アンカーにて新たな1歩を踏み出していく所存です」と決意表明。

 「アンカー」公式サイトでは、代表取締役・松本あき子氏が「この度、株式会社アンカーを設立いたしました。長年携わってまいりました俳優マネージメントに加え、映画・ドラマの撮影スタッフの参加を得まして、広くエンターテインメントに関わる人材のマネージメントを行ってゆく所存ですアンカー(錨)を上げて船出をいたします」とつづった。

 佐々木と藤野の俳優2人のほか、クリエイター陣も所属。事業内容はマネジメント事業、舞台・映像企画/制作、グッズ販売とされた。佐々木のファンサイト「TRANSIT」も移設された。