NOW ON AIR
FAV FOUR (水) (20:00-23:00)
NOW PLAYING00:00

『モヤさま』3代目アシスタント福田典子、さまぁ~ずのらしい惜別明かす 転職&フリーになり「もうギャラが発生するから呼べないな、と」

 3月をもってテレビ東京を退社した福田典子アナウンサー(33)が3日、都内にあるメディカルテックのスタートアップ企業「SCO」グループの『福田典子COC就任会見 成長戦略・新サービス発表会』に登壇。福田アナは、4月1日から同社でフリーアナウンサー兼正社員の広報ブランディング部COC(Chief Oral health Communicator)として働いている。

【写真】テレ東アナから転職!笑顔をみせる福田典子

 玉井雄介代表取締役とトークセッションも実施。「SCO」グループに入ったきっかけについて問われると「玉井さんが本当に熱くて。熱く皆さんの健康のことを考えている」と説明。続けて「子どもを産んだ後、特に自分の健康や子どもの健康のことを考えることにはなりましたけれども、なかなかそれに向き合う時間を持てなかった。これまでの経験をもっと生かして働いていきたい、でも子育てもあるから自分の時間が限られるっていう時に、自分の時間をどこに割いていきたいかって考えたら、健康とスポーツをメインで仕事をしていきたいなとなんとなく思ってました。そんな時に声を掛けてくださったのがSCOの広報ブランディング部で。そこで会社員として働きながらフリーアナウンサーとして働くというような柔軟な働き方が世の中にもあるんだと気づかされたのが1番大きなきっかけです」と明かした。

 福田アナといえば、『モヤモヤさまぁ~ず2』の3代目アシスタントとして人気を集めた。退社直前の3月9日放送の『モヤさま』にも特別出演。その際にさまぁ~ずの2人から言葉も掛けられたそう。「『福田らしいな』と(笑)。『福田だから大丈夫だよな』というふうに温かく背中を押してもらったっていう形です。番組でもありましたけど『丸の内でパーティーするのか?』とか言われながら(笑)。アナウンサーを全く辞めて、会社員になるっていうわけではないので『また いつか仕事ができたらうれしいです』って話をしたら『もうギャラが発生するから呼べないな』なんて冗談も。私が3代目アシスタントだった2年半と、退職前はだいぶギャップがあって。私が生き生きと楽しそうに退職ロケしてたとお2人からは言われたので『これからすごく楽しみだね』っていうように送り出してもらいました」と明かす。

 同社では、就業時間中もフリーアナウンサーの仕事をする許可が降りている。就業時間中に『モヤさま』ロケに行く可能性を問われると「行きたい! むしろ、ここに来てほしいですね」と福田アナ。玉井氏も「行っても大丈夫です」と笑顔を見せ、福田アナは「そんなことがかなえばうれしいなと思ってます」とにっこりだった。

 福田アナは、立教大学経営学部を卒業し、RKB毎日放送を経て、2016年8月にテレビ東京入社。『モヤモヤさまぁ~ず2』の3代目アシスタントや、夕方の生活情報番組『よじごじ Days』のMCなどを務めた。プライベートでは、2021年にかねてより交際していた会社員の男性との結婚を発表し、同年に第1子出産を報告している。

 「SCO」グループは『テクノロジーで「105年 生きるから活きる」を創造する。』をパーパスに、歯科業界に特化したメディカルテック企業。歯科医院向けのクレジットカード決済サービス「Pay Light」などを提供する。4月1日からは社名を株式会社SCOグループに変更した。