NOW ON AIR
ラジオのアナ〜ラジアナ (25:00-28:45)
NOW PLAYING00:00

ダイアン津田、左耳「真珠腫性中耳炎」で3月に入院・手術していた 復活のゴイゴイスー!

 お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏(47)が3日、大阪市内で行われた『阪神タイガース実況CDマガジン』(アシェット・コレクションズ・ジャパン)創刊記念記者発表会に登場した。会見後の囲み取材で、3月に入院し、左耳を手術したと明かした。

【写真】全力!復活の「ゴイゴイスー!」ポーズを披露するダイアン津田

 津田は3月18日、自身のYouTubeチャンネルで、「昔から悩まされていた病」を治すべく“人生初”の手術&入院をしたことを報告し、術後の酸素マスク姿など退院するまでの一部始終を公開していた。

 阪神のV2に向け、ケガが心配という話題に絡めて質問を受け、津田は自身の病気が左耳の「真珠腫性中耳炎」で、幼少期から治療してきたと説明。3月11日~15日に入院し、全身麻酔で手術を受けたという。

 動画では「左耳がね、ちょっと聞こえづらい」ほか、「たまにそれが悪さしたらね、外耳炎とか引き起こすんですよ。去年の27時間テレビの時も1週間ぐらい前にね、それが悪さして中耳炎になって高熱が出てるんですよね。それがなかなかしんどくて」と症状を伝えていたが、この日は「もう大丈夫。詳しくはYouTube見てください」と回復をアピール。

 元阪神のレジェンド・鳥谷敬氏、吉田義男氏らと笑顔でトークを繰り広げ、「ゴイゴイスー!」ポーズ。4月には大好きな阪神を応援するため、甲子園観戦を予定していると明かした。

 『阪神タイガース実況CDマガジン』は、阪神の活躍を興奮と熱狂のラジオ実況とともに振り返る隔週刊CD付きマガジン。4月3日発売の創刊号「vol.1」では、岡田彰布監督の独占インタビューなどを収録する。