NOW ON AIR
FAV FOUR (水) (20:00-23:00)
NOW PLAYING00:00

【『特捜9』座談会】井ノ原快彦、“理想の上司とは?”質問に「みんなの理想になんてなれるはずがない」 多様性の時代に持論

 「STARTO ENTERTAINMENT」取締役COOで20th Centuryの井ノ原快彦(47)、俳優の山田裕貴(33)が3日、きょう初回放送を迎えるテレビ朝日系ドラマ『特捜9 season7』(毎週水曜 後9:00)の座談会に登場した。

【写真】和気あいあい!結婚発表の山田裕貴を愛あるいじりで祝福した井ノ原快彦

 2006年にスタートした『警視庁捜査一課9係』時代から、『特捜9』(2018年~)を経て、通算19シーズン目となる今作のテーマは“多様性”。特別捜査官の主任・浅輪直樹を井ノ原、その部下で巡査の新藤亮を山田が演じる。

 浅輪は“時代が求める上司像”として描かれているが、今の時代にはどんな上司が求められているか問われると井ノ原は「“理想の上司”って言葉としてはわかりやすいですが、それこそ多様性の世の中で全員にとって理想の上司になんてなれるはずがないと思うんですよね。でも、すべてやってくれるのは“理想の上司”ではないと思う。成長する機会を奪うのもよくないですから…。部下が自分で考えて何とかやってみて、チャレンジしてダメだったらフォローする…みたいなことかな。おそらく10年後、20年後くらいに『あの人、理想の上司だったな』って思うんじゃないでしょうか」と持論を語った。

 山田は井ノ原の意見に賛同し「井ノ原さんは『こういう風にやった方がいいよ』というのではなく、『自由にやりな』と言ってくださる。だからこそ自分で考えて、どういう風にすればこのシーンが成り立つだろう、自分はどの立ち位置にいればいいだろう、ということをすごく考えるようになりました。ただ『こうした方がいいよ、ああした方がいいよ』とアドバイスする人がいい上司ではない気がします」と考えを明かした。

 主演として撮影現場でチームをまとめるコツについても聞かれると「『特捜9』の現場では、みんながまとめてくれる。メンバーそれぞれが苦労人であり、うれしいことも悲しいこともつらいことも知っている人たちなので、とにかくゲストの方々の居場所を作るべく話しかけてくれる。それは僕が率先してやらなくても、みんながやってくれます。あと、みんながとにかく早く帰ろうとするので(笑)、現場が“巻く”んですよ。そうすると翌日の準備もできるから、スタッフにとっても良い現場。もちろん、手を抜かないところは抜かないし、ストイックなところことはストイックだと思います」と話す。

 続けて「僕は『主演とはこうあるべき!』というような哲学がまったくなく、いろいろな哲学を耳にして、僕にはやっぱり無理だよなと思う」といい、「山ちゃん(山田)はその過程や、僕がグラグラ揺らいでいるときもいっぱい見た上で、『最高っす!』と言ってくれる…。だから、“最高の部下”だと言いたいところですけど、僕は“最高の友だち”だと思っています。本当にみんなに助けられて立っている感じがします」と感謝を伝えた。