NOW ON AIR
斉藤朱夏 しゅかラジ! (24:30-25:00)
NOW PLAYING00:00

ホアキン×ガガ、意味深ダンス 映画『ジョーカー』続編10・11日本公開決定

 2019年に大ヒットした映画『ジョーカー』の続編が、意味深かつ衝撃的なポスタービジュアルとともにベールを脱いだ。日本時間3日未明に本国で解禁となり、日本では『ジョーカー:フォリ・ア・ドゥ』のタイトルで、10月11日より劇場公開されることが発表された。

【画像】ホアキン・フェニックス&トッド・フィリップス監督

 監督のトッド・フィリップス、主人公のアーサーことジョーカー役のホアキン・フェニックスの続投と、本作から新たにレディー・ガガの共演が発表されており、配役は発表されていないが、ハーリーン・クインゼル(通称:ハーレイ・クイン)を演じると予想されている。

 世界解禁されたポスタービジュアルは、ジョーカーとしてのピエロメイクを施したアーサー(ホアキン・フェニックス)が、レディー・ガガ演じる女性とともにダンスする姿をスポットライトの中に映し出している。

 笑いのある人生は素晴らしいと信じ、都会の片隅でピエロメイクの大道芸人として細々と生きていた孤独で心優しいアーサーが、歪んだ社会の狭間で<悪のカリスマ>ジョーカーへと衝撃の変貌を遂げていく様が描き出された『ジョーカー』。

 「第76回ベネチア国際映画祭」金獅子賞(最高賞)、「第92回アカデミー賞」最多11部門ノミネート、ホアキン・フェニックスが主演男優賞の栄冠を手に入れ、世界興行収入は1500億円(10億ドル)を突破し、日本でも週末動員ランキング4週連続1位を獲得、興収50億円、動員350万人超えの大ヒットを記録し、社会現象を巻き起こした。

 前作の公開から5周年となる今年、満を持して公開される最新作のタイトルに含まれる「Folie a Deux(フォリ・ア・ドゥ/※a=アクサン グラーヴ)」とはフランス語で「二人狂い」を意味し、妄想を持った人物Aと、親密な結びつきのある健常者Bが、あまり外界から影響を受けずに共に過ごすことで、AからBへ、もしくはそれ以上の複数の人々へと妄想が感染、その妄想が共有されることを意味する。

 新ビジュアルに浮かぶアーサーはいま、いったいどういう状況にあるのか?狂気とも至福とも悲哀ともつかない2人の表情の裏には、一体何が隠されているのか?サブタイトルとあわせ、期待と想像は膨ららむばかりだ。