NOW ON AIR
BEAT SHUFFLE (19:00-20:30)
NOW PLAYING00:00

映画ランキング:『ガンダムSEED』再び1位、『身代わり忠臣蔵』『夜明けのすべて』“ブラムハウスの新作”もランクイン

 最新の映画動員ランキング(2月9日~11日の3日間集計、興行通信社調べ)は、『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』が、週末3日間で動員24万7000人、興収4億4900万円をあげ、再び1位に返り咲いた。

【画像】2位以下のTOP10入り作品

 累計成績は、振替休日となった2月12日までに動員163万5000人、興収26億8400万円を突破。1982年公開の『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』(興収23億円)を超え、数あるガンダムシリーズ劇場公開作の中でナンバーワンの興収を更新した。9日からは4DX・MX4 D・ドルビーシネマの上映も始まり、リピート鑑賞するファンも続出している。

 2位には、前週1位で初登場した『「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』が続き、週末3日間で動員20万4000人、興収2億9400万円を記録。公開11日間の累計成績は動員87万4000人、興収12億5000万円となっている。

 3位は前週と同じく『ゴールデンカムイ』が入り、週末3日間で動員15万8000人、興収2億4100万円をあげた。公開25日間の累計成績は動員142万2000人、興収20億8500万円を記録。ヒット記念及びファンのリクエストに応え、札幌、東京、大阪の3劇場で23日に応援上映の開催が決定した。

 4位には、瀬尾まいこの同名小説を三宅唱監督が映画化した『夜明けのすべて』がランクイン。パニック障害を抱えたことで人生が一変する山添くんを松村北斗、PMS(月経前症候群)によって月に一度イライラが抑えられず怒りを爆発させてしまう藤沢さんを上白石萌音が演じ、同志のような特別な関係性を築いていく。

 5位には、土橋章宏の同名小説をもとにムロツヨシが吉良上野介とその弟・孝証を一人二役で演じる『身代わり忠臣蔵』が初登場。監督は河合勇人、共演は永山瑛太、川口春奈、林遣都、ほか。

 7位には、世界的ヒットホラーゲームをブラムハウス・プロダクションが実写化した『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』が登場。監督はエマ・タミ、出演はジョシュ・ハッチャーソン、エリザベス・レイル、パイパー・ルビオ、ほか。

 また、公開13週目を迎えた『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』が前週より大幅ランクアップで8位に再登場。“最後の御礼!”と題して、来場者特典第6弾が10日から数量限定で配布されたことも後押ししたとみられ、累計成績は動員185万5000人、興収26億5400万円を突破した。

■全国映画動員ランキングトップ10(2月9日~11日)

1(2↑)機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(公開週3)
2(1↓)「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ(2)
3(3→)ゴールデンカムイ(4)
4(NEW)夜明けのすべて(1)
5(NEW)身代わり忠臣蔵(1)
6(4↓)劇場版 SPY×FAMILY CODE:White(8)
7(NEW)ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ(1)
8(-)鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎(13)
9(5↓)あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。(10)
10(8↓)ゴジラ-1.0(1)
※11(7↓)サイレントラブ(3)